MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)

プロフィール

さとう珠緒
1973年生まれ。
「超力戦隊オーレンジャー」のオーピンク役でドラマデビュー。
テレビ・映画・舞台・CF等で、年齢を重ねても変わらないキャラクターとして活躍中!
また、最近は美容・健康のトレンドリーダーとして、フォーラム等でゲストスピーカーとしても活躍の幅を広げている。2015年ゴールデンバード賞大賞受賞、第35回ゴールデンアロー賞放送新人賞受賞、パラドリーム福岡イメージキャラクター。

機内食のサービスが初めての出合い

子どもの頃から納豆が大好きだった私。
ご飯にかけたり、イカ納豆やマグロ納豆にしたりと、
ごく普通におかずとして食べてきました。

ところが大人になって、この仕事に就いてからは、あまり食べられなくなりました。
納豆は、落ち着いて家の食卓につかないと食べにくいからです。

仕事柄、どうしても外食や移動しながらの食事が多くなり、
納豆を食べる機会が減っていきました。

そんななか、20代の頃に乗った飛行機で、
「あーっ、これだ!」と叫びたいほどの大発見がありました。

なんと機内食のサービスで、「干し納豆」が出たのです。
これが、干し納豆との出合いでした。

おいしいけれど、ネバネバの糸引きで、いつでもどこでも食べるわけにはいかない納豆。
それが、干すだけで、こんなに手軽なおやつになるとは! 
目からウロコでした。

しかも、とってもおいしいので驚きました。
手に持つと糸は引かないけど、口に入れるとネバネバ感が甦り、
納豆好きの味覚を満足させてくれます。

すっかり気に入って、それからはあちこちで見かけるたびに、
干し納豆を買うようになったのです。

存在を知らなかったから目につかなかっただけで、
気にし始めると、あちこちで売られていることもわかりました。

テレビ番組の企画で「隠れ脳梗塞」が見つかった

そんな私に、3年前、ショッキングな出来事が起こりました。

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、
「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。
隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、
画像検査で見つかる小さな脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)のことだそうです。

50〜60代以降で増えるらしいのですが、
私はごく小さいとはいえ5ヵ所も見つかり、
「40代でこんなにあるのは珍しい」とまで言われてしまいました。

バラエティー番組でしたが、けっこう真剣に心配になりました。

それで思ったのが、「もっとちゃんと干し納豆を食べよう」ということです。

納豆には、脳梗塞を起こす血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素が入っています。

そのことは前から知っていたので、脳梗塞のことがわかったときは、
「もし不定期にでも干し納豆を食べていなかったら、本格的な脳梗塞で死んでいたかも」と思いました。

干し納豆を毎日食べるのは、なんといっても「美味しい」から!

今思うと、最初に干し納豆と出合ったとき、
国際線の機内食として干し納豆が出たのは、
飛行機に長時間乗って、血栓ができるエコノミークラス症候群(ロングフライト症候群)を、
ナットウキナーゼで防ぐためだったのかもしれません。

脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、
通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。

といっても、「健康のために」と義務感で食べているわけでもなく、
本当においしいので、常備さえしておけば、つい手が伸びて、ポリポリとおやつ代わりに食べてしまいます。

おせんべいやスナック菓子と違ってヘルシーな食品なので、罪悪感なしに食べられます。
こんなにおいしくて体にいいものは、ほかにはないと思います。

そんなふうに毎日、干し納豆を食べていたところ、
年に1回調べることにした脳の検査では、特に問題ないのでホッとしています。

「干し納豆のおかげかな」と思うことは、ほかにもあります。

抵抗力がついて、カゼをひきにくくなりましたし、
肌の調子も、とてもいい感じです。

ナットウキナーゼは、血液をサラサラにして血行をよくするので、
美肌づくりや免疫力アップにも役立つのだと思っています。

納豆は、代謝をよくするビタミンB群や食物繊維も豊富だそうです。
便秘に無縁で、太らずにすんでいるのも、干し納豆を毎日食べているおかげかもしれません。

干し納豆を選ぶときは、自然乾燥や、フリーズドライのものを選ぶようにしています。
加熱乾燥だと、ナットウキナーゼが活動しなくなると聞いたからです。

サラダやパスタにかけて食べてもおいしい

最近は、いくつかの商品を同時に常備して、使い分けて楽しんでいます。

例えば、硬めの干し納豆は、嚙み応えがあり、
食べるのに時間がかかるので、ダイエットに活用するのに便利です。

ひきわりの干し納豆は、サラダやパスタにかけると面白い食感になるので食事で活用します。

今度、時間ができたら、
自分の好みの自然塩を控えめに使ったヘルシーな干し納豆を、手作りしてみたいと思っています。

健康面でも美容面でも、これからますます油断できない年代にさしかかるので、
干し納豆をよりいっそう活用していくつもりです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
心不全は、体に炎症を起こすサイトカイン(炎症性生理活性物質)の放出が続いている状態といえます。その炎症が運動によって抑制されることが、最近の研究で明確になっています。「かかと落とし」は、その柱の一つとなっている運動です。【解説】牧田茂(埼玉医科大学医学部教授・同大学国際医療センター心臓リハビリテーション科診療部長)
ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)