【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


体験者のプロフィール

さとう珠緒
1973年生まれ。
「超力戦隊オーレンジャー」のオーピンク役でドラマデビュー。
テレビ・映画・舞台・CF等で、年齢を重ねても変わらないキャラクターとして活躍中!
また、最近は美容・健康のトレンドリーダーとして、フォーラム等でゲストスピーカーとしても活躍の幅を広げている。2015年ゴールデンバード賞大賞受賞、第35回ゴールデンアロー賞放送新人賞受賞、パラドリーム福岡イメージキャラクター。

機内食のサービスが初めての出合い

子どもの頃から納豆が大好きだった私。
ご飯にかけたり、イカ納豆やマグロ納豆にしたりと、
ごく普通におかずとして食べてきました。

ところが大人になって、この仕事に就いてからは、あまり食べられなくなりました。
納豆は、落ち着いて家の食卓につかないと食べにくいからです。

仕事柄、どうしても外食や移動しながらの食事が多くなり、
納豆を食べる機会が減っていきました。

そんななか、20代の頃に乗った飛行機で、
「あーっ、これだ!」と叫びたいほどの大発見がありました。

なんと機内食のサービスで、「干し納豆」が出たのです。
これが、干し納豆との出合いでした。

おいしいけれど、ネバネバの糸引きで、いつでもどこでも食べるわけにはいかない納豆。
それが、干すだけで、こんなに手軽なおやつになるとは! 
目からウロコでした。

しかも、とってもおいしいので驚きました。
手に持つと糸は引かないけど、口に入れるとネバネバ感が甦り、
納豆好きの味覚を満足させてくれます。

すっかり気に入って、それからはあちこちで見かけるたびに、
干し納豆を買うようになったのです。

存在を知らなかったから目につかなかっただけで、
気にし始めると、あちこちで売られていることもわかりました。

テレビ番組の企画で「隠れ脳梗塞」が見つかった

そんな私に、3年前、ショッキングな出来事が起こりました。

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、
「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。
隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、
画像検査で見つかる小さな脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)のことだそうです。

50〜60代以降で増えるらしいのですが、
私はごく小さいとはいえ5ヵ所も見つかり、
「40代でこんなにあるのは珍しい」とまで言われてしまいました。

バラエティー番組でしたが、けっこう真剣に心配になりました。

それで思ったのが、「もっとちゃんと干し納豆を食べよう」ということです。

納豆には、脳梗塞を起こす血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素が入っています。

そのことは前から知っていたので、脳梗塞のことがわかったときは、
「もし不定期にでも干し納豆を食べていなかったら、本格的な脳梗塞で死んでいたかも」と思いました。

干し納豆を毎日食べるのは、なんといっても「美味しい」から!

今思うと、最初に干し納豆と出合ったとき、
国際線の機内食として干し納豆が出たのは、
飛行機に長時間乗って、血栓ができるエコノミークラス症候群(ロングフライト症候群)を、
ナットウキナーゼで防ぐためだったのかもしれません。

脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、
通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。

といっても、「健康のために」と義務感で食べているわけでもなく、
本当においしいので、常備さえしておけば、つい手が伸びて、ポリポリとおやつ代わりに食べてしまいます。

おせんべいやスナック菓子と違ってヘルシーな食品なので、罪悪感なしに食べられます。
こんなにおいしくて体にいいものは、ほかにはないと思います。

そんなふうに毎日、干し納豆を食べていたところ、
年に1回調べることにした脳の検査では、特に問題ないのでホッとしています。

「干し納豆のおかげかな」と思うことは、ほかにもあります。

抵抗力がついて、カゼをひきにくくなりましたし、
肌の調子も、とてもいい感じです。

ナットウキナーゼは、血液をサラサラにして血行をよくするので、
美肌づくりや免疫力アップにも役立つのだと思っています。

納豆は、代謝をよくするビタミンB群や食物繊維も豊富だそうです。
便秘に無縁で、太らずにすんでいるのも、干し納豆を毎日食べているおかげかもしれません。

干し納豆を選ぶときは、自然乾燥や、フリーズドライのものを選ぶようにしています。
加熱乾燥だと、ナットウキナーゼが活動しなくなると聞いたからです。

サラダやパスタにかけて食べてもおいしい

最近は、いくつかの商品を同時に常備して、使い分けて楽しんでいます。

例えば、硬めの干し納豆は、嚙み応えがあり、
食べるのに時間がかかるので、ダイエットに活用するのに便利です。

ひきわりの干し納豆は、サラダやパスタにかけると面白い食感になるので食事で活用します。

今度、時間ができたら、
自分の好みの自然塩を控えめに使ったヘルシーな干し納豆を、手作りしてみたいと思っています。

健康面でも美容面でも、これからますます油断できない年代にさしかかるので、
干し納豆をよりいっそう活用していくつもりです。

→手作り「干し納豆」の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )