医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果が研究で判明!

O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果が研究で判明!

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


干し納豆は納豆のミネラル分が凝縮している

発酵食品が体にいいことは、世界的によく知られています。
日本の発酵食品には、みそやしょうゆのような調味料が多いのですが、食品としてよく食べられるのが納豆です。

納豆は、大豆本来の良質なたんぱく質、ビタミンB群、各種のミネラル、食物繊維などを豊富に含み、しかも低脂肪の理想的な食品です。

しかし、においが強く、ネバネバしているので、いつでもどこでも手軽に食べることはできないという弱点があります。その弱点をなくしたのが、納豆を乾燥させた「干し納豆」です。

干し納豆は、ネバネバせず、においも強くありません。それでいて、口に入れるとしっかりネバネバが甦るのでうれしい限りです。

干し納豆のもう一つの利点は、栄養素が凝縮されること。
特に注目したいのがミネラルです。
カリウムは普通の納豆の1.5倍、鉄分が1.8倍、亜鉛が2倍程度になり、その他のミネラルや食物繊維も増えます。
水分を飛ばすので、効率よく栄養素がとれるわけです。

また、私自身も何度も実感している薬効が、整腸作用や食中毒の予防作用です。
海外で、いつも食中毒予防のために食べているのは、こちらの記事で述べたとおり。
納豆の食中毒を予防する効果には、目をみはるものがあります。

O-157も排除する強力な納豆菌の力

食中毒菌のなかでも、激烈な症状を起こすのが病原性大腸菌。
その代表が有名なO‒157です。

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で、納豆菌とO‒157を戦わせてみました。
菌同士をどうやって戦わせたかというと、シャーレ(ガラス製の皿)に作った寒天培地(微生物や細胞の培養に用いる寒天)に、納豆菌とO‒157を同時に増殖させるのです。

すると、納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰(排除)し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。

この圧倒的な食中毒菌の抑制作用が、干し納豆でも発揮されるからこそ、世界の辺境の地であらゆる食事をしていても、私の胃腸は負け知らずというわけです。

動脈硬化、高血圧の予防にもお勧め

納豆には、もう一つ重要な薬効があります。それは、ナットウキナーゼという納豆特有の酵素(体内での化学反応を促進する物質)を含むことです。

ナットウキナーゼには、血栓(血液の塊)を溶かして、動脈硬化を抑制する働きのあることがわかっています。

それとともに、納豆には、体内でできる血栓溶解酵素のウロキナーゼを活性化する働きもあるといわれています。
つまり納豆は、血栓を溶かすのに二重の意味で効果的な食品なのです。

なお、納豆には、血液凝固に必要なビタミンKも多く含まれています。
このことから、ある種の薬を使って心臓病などの治療をしている人には食べるのを禁止される場合があります。
しかし、医師からそういう指示を受けている人を除けば、納豆はまったく心配なくとれる健康自然食品です。

また、納豆には、体内で産生される昇圧物質(血圧を上げる物質)を、できにくくする作用があることもわかっています。ですから納豆は、動脈硬化と並んで、高血圧が心配な人にもお勧めの食品です。

これらの薬効も、ネバネバせず、においもあまりしない、干し納豆なら手軽に摂取することができるのです。

干し納豆の利点と主な薬効


●においがあまりなく、ネバネバしなくて食べやすい
●栄養素が凝縮される(普通の納豆に比べて、カリウム1.5倍、鉄分1.8倍、亜鉛2倍程度)
●納豆菌の力で食中毒菌を排除
●納豆特有の酵素・ナットウキナーゼによる血栓溶解作用
●体内でできる血栓溶解酵素・ウロキナーゼの活性化
●体内でできる昇圧物質(血圧を上げる物質)をできにくくする

干し納豆は手作りできる!

また、干し納豆は、加熱乾燥したものよりも、自然乾燥や、フリーズドライ製法のものを食べることをお勧めします。
ナットウキナーゼは、70℃以上で加熱すると働きが失われるからです。

干し納豆は、市販のものもありますが、簡単に手作りできます。
自分で作る利点として、塩加減が調節できるので、生活習慣病などで減塩している人にお勧めです。

次の記事の「干し納豆の作り方」を参考に作ってみてください。

【次の記事】干し納豆の作り方

最後に、干し納豆のお勧めの食べ方をお教えしましょう。

干し納豆を、さらに干したり、煎ったりしてカリカリに乾燥させます。
それを、すり鉢ですって粉にします。
一方、煮干しの頭とワタを取って、まな板でたたいてから、すり鉢ですってこちらも粉状にします。

この二つを混ぜて、好みの量の塩を混ぜると、超絶においしいふりかけの完成です。
熱々のご飯にかけて食べれば、はしが止まらなくなること請け合いです。

栄養豊富で体によく、手軽にとれて、さまざまな料理に合う干し納豆。
日本が生んだ最高に味わい深いこの食品を、存分に楽しみましょう。

解説者のプロフィール

小泉武夫(こいずみ・たけお)
東京農業大学名誉教授。
1943年、福島県の酒造家に生まれる。
現在、東京農業大学名誉教授、鹿児島大学客員教授、琉球大学客員教授、別府大学客員教授、広島大学大学院医学研究科客員教授、石川県立大学客員教授、福島大学客員教授、特定非営利活動法人発酵文化推進機構理事長ほか。
農学博士、専攻は醸造学、発酵学、食文化論。
主な著書に『納豆の快楽』(講談社文庫)、『くさいはうまい』(文春文庫)など、著作は140冊以上。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


納豆 食中毒 血栓

関連する投稿


血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)


不安で眠れない時に食べる「干し納豆」の効果 不眠を解消する食べ物

不安で眠れない時に食べる「干し納豆」の効果 不眠を解消する食べ物

胸が熱くなって、なかなか眠れないという不安神経症の患者さんに、干し納豆を勧めたことがありました。不安感が強いときに干し納豆を大さじ1杯ずつ食べてもらったところ、医師に処方されていた不安神経症の薬の服用を減らすことができたのです。また、口臭もなくなったと喜んでいました。【解説】惠木弘(恵心堂漢方研究所所長)


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)