【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


ツボ刺激と温熱刺激の、ダブル効果!

 皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。
 首の後ろは、健康の要といえる場所で、さまざまな治療に用いられています。整体やマッサージなどにおいても、首の後ろを刺激することは多いでしょう。
 近視や老眼、眼精疲労といった目の不調を改善するときにも、首の後ろへの刺激は有効です。

 それは、ちょうど首の後ろに、天柱と風池という、目の症状によく効く二つのツボがあるからです。
 天柱と風池は、ちょうどうなじの辺りに左右一対ずつあります。肩こりや、肩こりと連動した疲れ目の治療には、必ず用いるツボです。

 この二つのツボがある首の後ろを、直接もんだり押したりしてもけっこうですが、それ以上にお勧めなのが、入浴時のマッサージです。
 たっぷりとお湯を張った湯ぶねにつかり、湯ぶねのへりの部分に頭をのせてみてください。首の後ろに湯ぶねのふちが当たり、それが、ちょうどいい強さの刺激になります。とても気持ちよく感じられ、目の疲れが引いていくのがわかると思います。
 天柱への刺激は、骨や毛髪、生殖器などに働きかけて、老化を予防する働きもあります。さらに風池への刺激は、胃腸やホルモン代謝などにもよい効果をもたらします。

 ですから、目の疲れだけではなく、目を酷使して起こる近視や、加齢による老眼を撃退するのにも、大変効果的でしょう。
 さらに、湯ぶねにしっかりとつかって、体が芯から温まることによって、全身の血行が促進されます。血行が促されるのは、目やその周辺組織も例外ではありません。血流が改善すると代謝が活発になるので、目の疲労回復効果もより高まるでしょう。

背骨のゆがみが整い、目の機能が正常化

 これだけにとどまりません。背骨のゆがみ解消による、相乗的な効果も図れるのです。
 私たちの背骨は、体の左側から見て、緩やかなS字型であることが理想です。
 しかし、現代人の多くは背骨がゆがみ、このS字型がくずれてしまっています。パソコンやスマホなどが普及して、前傾姿勢を取ることが多くなったことや、慢性的な運動不足などがその原因でしょう。仕事や家事などで、毎日同じ姿勢を取り続けている人や、デスクワークが中心の人などは、特に背骨がゆがみがちです。

 背骨がゆがむと、背骨周辺の筋肉が緊張してしまい、血行不良や神経の圧迫につながります。この圧迫される神経には、自律神経も含まれます。
 自律神経とは、体の諸機能の根幹を司っている神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類から成り立っています。1日を通して、両者がバランスよく保たれることで、私たちの健康状態は維持されています。
 もちろん、目の機能も自律神経の影響を常に受けています。そのことから、自律神経のバランスが乱れると、視力にも悪い影響が及んでくるのです。
 湯ぶねのへりに頭をのせることで、自律神経の巡りがよくなり、そのバランスが改善されます。なぜなら、頸椎と頭蓋骨という二つの骨が矯正され、背骨のゆがみが整うからです。
 頸椎は首に位置する骨で、背骨の上端にあります。そして、その上には頭蓋骨がのっています。頸椎とその上に位置する頭蓋骨が矯正されることによって、背骨全体のゆがみ解消につながるのです。

 私も入浴時にはよく湯ぶねのへりに頭をのせ、目をつぶり、ホッと一息ついています。そうすると、目の疲れがスーッと抜けていくのがわかります。
 現代社会はなにかとストレスが多く、目にも大きな負担がかかっています。1日の終わりに湯ぶねにゆっくりとつかり、たまった目の疲れも、汚れといっしょに洗い流しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


老眼 近視 眼精疲労

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

イライラ、腰痛、筋肉の引きつれ、爪の異常、月経トラブルや更年期障害、目のトラブルなどは、すべて肝の不調と関連します。特に目は、肝との関係が深い部位とされています。今回ご紹介するのが、肝を元気にして、肝にまつわる症状を一掃する「背骨ねじり」という体操です。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸師)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

ニンニク油の効果は多彩ですが、私の体には二つのいい影響がありました。一つは、もの忘れしにくくなったこと。もう一つは、老眼鏡をかけなくても、はっきりと文字が見えることです。ただし、ニンニク油をたっぷりかけたニンジンサラダを食べないと、視力が下がる日もあります。【体験談】コンラード・トシ(主婦・78歳)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )