医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)


ポリアミンが豊富な納豆に注目

 私は、1960年代の半ば頃から、当時勤めていた宮坂醸造で、フリーズドライの研究開発に携わっていました。
 フリーズドライとは、食品などを急速冷凍し、さらに真空状態にすることで乾燥させる技術です。食品の水分は抜けても栄養成分はほとんど変化しません。その点を利用して、食品をフリーズドライにして、保存食として活用するようになったのです。

 当時は、日清食品と共同で商品を企画したり、南極観測隊の食事を提供。また、ローヤルゼリーやアガリクス茸のフリーズドライを手がけていました。

 そんな私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。それもステージ4という、かなり進行した状態でした。

 疲れは感じていたものの、当時携わっていた新工場の立ち上げで、疲労がたまっている、ぐらいに思っていただけに、がんの宣告はショックでした。
 しかも、すでにリンパや骨盤などにがんが転移し、手術はできない状態でした。医師にも、余命は長くて3~4年と宣告されたのです。

 もはや仕事どころではありません。私は、仕事はすっぱりと辞め、自分の体の治療に専念することにしました。

 体はすぐにあちこちが痛み始めました。特につらかったのは下半身の痛みとむくみです。骨盤は四六時中痛み、足はむくんで相撲取りのように腫れ上がりました。たまった水分で、体重も92㎏に増えたのです(身長は178㎝)。

 私は放射線療法を拒否し、抗がん剤治療だけを受けました。同時に、自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。

 学生時代に東京農業大学で発酵について学んでいた私は、納豆の栄養成分をよく知っていました。
 特に私が注目したのはポリアミンです。ポリアミンは、発酵食品に多く含まれる成分で、体内では細胞の増殖に深くかかわっています。納豆のポリアミンは、健康な細胞の増殖に役立つのではないかと考えました。

 しかし、量を食べるのは大変です。そこで私は、納豆をフリーズドライにし、さらに粉末状にしたもの(粉末状の干し納豆)を毎日摂取することにしたのです。

 もともと中近東の石油採掘業者や、南極観測隊向けの食品として納豆をフリーズドライにした経験がありました。また、勤続中につきあいのあった工場などが協力してくれて、難なく納豆をフリーズドライにできたのです(この納豆は特許を取得)。

がん患者とは思えない肌ツヤのよさと言われる

粉末状の干し納豆とペースト状の納豆を毎日食べて、がんと闘っている中村さん

 この粉末状の干し納豆は、口に含むと多少粘りがあり、栄養成分が凝縮されています(有用納豆菌が1g中に百億個存在する)。この、成分が凝縮する性質は、自然乾燥させた干し納豆と同じです。

 粉末状の干し納豆は、きな粉と砂糖を混ぜたものを牛乳で溶いて飲んだり、お餅にまぶして食べるなど、いろいろな方法で摂取しています。
 ほかにもペースト状に納豆を加工し、トーストにぬるなどして、納豆を1日1食必ず食べるようにしました。

 自分でよいと思うものを食べ続ければ、きっとよい結果を生むはずだ。そんな思いで粉末状の干し納豆を食べ続けたところ、長くても余命3~4年と言われながら、すでに19年生き続けています。

 がんはまだ体のあちこちに残っています。けれど、体調はがんを発症した頃に比べてかなりよいです。下半身のむくみはだいぶ取れて、体重は76㎏で落ち着きました。
 月に1度の抗がん剤治療のあとは、副作用でだるくなったり食事の味がわからなくなったりするため、食欲が落ちます。しかし、粉末状の干し納豆であれば、食べるのは容易で栄養も十分にとれます。

 また、干し納豆の効果か、血圧、血糖値など生活習慣病の数値はすべて正常値です。
 身の回りの人たちには病人とは思えない肌ツヤのよさだと言われます。納豆のポリアミンが細胞の新陳代謝を促しているのかもしれません。

 干し納豆は、栄養成分が凝縮されています。また、においがあまりせず、粘りが少ないため、食べやすいという利点もあります。上手に食生活にとり入れれば、病中・病後の体力の回復に役立つのではないでしょうか。

干し納豆を手作りする方法が、下記の記事で詳しく紹介されています。

→「干し納豆」の基本の作り方

豊富なミネラル成分がむくみを軽減(里見英子クリニック院長 里見英子)

 粉末状の干し納豆は納豆を食べやすくするよい工夫だと思います。がんの治療と並行して、体によいと信じて何年も食べ続けていることも、免疫力の向上に役立っているのでしょう。

 細胞の増殖を促すポリアミンは加齢とともに減少します。中高年者は、ポリアミンが豊富な干し納豆などを意識して食べることをお勧めします。

 また、干し納豆はビタミン、ミネラルなども豊富です。むくみが軽減したのは、干し納豆のカリウム、マグネシウムが体内の水分の排出を促したと思われます。
 今後もがんの治療に専念しながら、お召し上がりください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


納豆

関連する投稿


不安で眠れない時に食べる「干し納豆」の効果 不眠を解消する食べ物

不安で眠れない時に食べる「干し納豆」の効果 不眠を解消する食べ物

胸が熱くなって、なかなか眠れないという不安神経症の患者さんに、干し納豆を勧めたことがありました。不安感が強いときに干し納豆を大さじ1杯ずつ食べてもらったところ、医師に処方されていた不安神経症の薬の服用を減らすことができたのです。また、口臭もなくなったと喜んでいました。【解説】惠木弘(恵心堂漢方研究所所長)


【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果が研究で判明!

O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果が研究で判明!

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)