MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
時間がなくても簡単に筋肉を増やす「4秒筋トレ」のやり方を紹介

時間がなくても簡単に筋肉を増やす「4秒筋トレ」のやり方を紹介

「年を取れば取るほど、筋トレが必要」私は、常々そう提唱しています。その理由はとてもシンプル。「年を取れば取るほど、筋肉が減っていく」からです。特別な道具はいらないのでどこでも行えますし、関節への負担も少ないので、高齢者でも安全に実践できます。【解説】都竹茂樹(熊本大学教授システム学研究センター教授)

解説者のプロフィール

都竹茂樹(つづく・しげき)

熊本大学教授システム学研究センター教授。
アメリカ生まれ。高知医科大学医学部卒業、名古屋大学大学院医学研究科修了、ハーバード公衆衛生大学院修了。
医師、医学博士、公衆衛生学修士。
国立長寿医療研究センター、ハワイ骨粗鬆症財団、ホノルルハートプログラム、日本ボディデザイン医科学研究所などを経て現職。
専門はトレーニング科学、ヘルスプロモーション。
著書に『高齢者の筋力トレーニング』(講談社)などがある。

よく歩いていても筋肉は減ってしまう?

「年を取れば取るほど、筋トレが必要」私は、常々そう提唱しています。
その理由はとてもシンプル。「年を取れば取るほど、筋肉が減っていく」からです。

「よく歩いているから大丈夫」と思っている人もいるでしょう。
でも、それでは足りないのです。

いくらたくさん歩いていても、筋トレをしなければ、加齢とともに確実に筋肉は減っていきます。

では、筋肉が減ったらどうなるのでしょう?
ざっと考えただけでも、これだけの弊害が起こってくるのです。

筋肉が減ることによる弊害4つ

①動きが悪くなる
筋肉が減ると筋力が落ち、階段の上り下りや、瓶のふたをひねって開けるというような動きがしにくくなります。

②肥満や生活習慣病になりやすくなる
筋肉量が減ると、基礎代謝も落ちるので、太りやすくなり、生活習慣病のリスクも高まります。

③姿勢が悪くなる、転びやすくなる
体を支えるおなかの深部筋肉が衰えると、骨盤が傾き、おなかが出て背中が曲がった「年寄りくさい」体形になってしまいます。

おなかの深部筋肉は、足を引き上げる働きもしているため、足が上がりにくくなり、転びやすくなります。

④関節痛を起こしやすくなる
筋肉は、体の関節にかかる衝撃を吸収する働きも持つので、筋肉が減ると、関節への負担が増します。
それにより、ひざ痛や腰痛などが起これば、活動量も低下します。

この悪循環を断つには、筋肉量を維持し、できるなら増やしていくことが重要です。
とはいえ、特別な機器を使ったり、スポーツクラブに行かなくてはできなかったりする筋トレでは、多くの人に実践してもらうことはできません。

「安全」に行えて効果が出る「4秒筋トレ」とは

「安全に行えて効果が出る」ことも大切です。
そこで私がお勧めしているのが、自分の体重や小さなボールなどを負荷にして行う「4秒筋トレ」です。

特別な道具はいらないのでどこでも行えますし、関節への負担も少ないので、高齢者でも安全に実践できます。
4秒筋トレの効果の肝は、「一つの動作を、4秒かけてゆっくり行う」ところにあります。

これは、私が若いころにやっていたパワーリフティングがヒントになりました。
パワーリフティングといえば、重いものばかり持ち上げているようですが、そんなことはありません。

筋肉に違う刺激を与えるため、軽い重量でトレーニングをすることもあります。
ただし、その場合のポイントは、ゆっくり、時間をかけて行うこと。

実は、これが筋肉量や筋力を増やすのにとても効果があるのです。

私は、この方法なら、自分の体重程度の負荷でも筋肉量を増やせるかもしれないと考え、1998年から、高齢者の筋トレ教室で検証を試みました。
すると思ったとおり、これで筋肉量が増えることが、エコー検査ではっきり確認できたのです。

4秒筋トレは、筋肉が完全に伸びきる手前で、次の動作に移るので、常に筋肉に力が入った状態が続きます。
力が入った状態を維持すると、筋肉が血管を締めつけるため、血液の流れが阻害されます。

すると、酸素が筋肉に供給されにくくなり、乳酸が出ます。
こうしたことが影響し、筋肉を増やす物質が出ると考えられます。

このメカニズムは、筋トレで筋肉の線維を破壊し、2〜3日したら前より少し筋肉が太くなるという、従来のメカニズムとはまったく異なるものです。
したがって、毎日やっても問題はなく、むしろ毎日やることを推奨しています。

4秒筋トレには脂肪を燃焼させる効果も

予想外だったのは、4秒筋トレで、内臓脂肪の減少も認められたことです。
筋トレには、筋肉を増やす効果だけでなく、筋肉から成長ホルモンなどの物質が出て、脂肪を燃焼させる効果があることも、最近、明らかになってきました。

4秒筋トレは、スクワットとひざ上げ、ボールつぶしの3種目が基本です。
毎日続ければ、約1ヵ月で体の違いを実感できるでしょう。

2〜3ヵ月後には、おなか回りが締まるなどの効果も出てくるはずです。
4秒筋トレは、時間がなくて運動ができない人にもお勧めです。

健康のためには、筋肉にダイレクトに効く筋トレと、効率よく脂肪を燃やすウオーキングを併用するのがベストですが、歩く時間が取れなかったり、関節痛で歩くのがつらかったりする人は、まずは筋トレから始めるのが、現実的な選択ともいえます。

4秒筋トレは、何歳からでも始められて「こんなに変わるんだ!」と、体が生まれ変わっていくような変化を実感できます。
ぜひ4秒筋トレで若々しいボディを手に入れてください。

4秒筋トレのやり方

・4秒間かけてゆっくり行うのが、効果を上げるポイントです。規定の回数行うのがきつい場合は、数回に分けて行ってください。

・ひざや腰に痛みがある場合、治療中の場合は医師に相談の上行いましょう。

・筋トレを行って、関節に痛みが出た場合は中止してください。

(1)スクワット

(2)ひざ上げ

(3)ボールつぶし

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt