MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「股関節回し」の効果を女医が解説!女性の若さは股関節にあり

「股関節回し」の効果を女医が解説!女性の若さは股関節にあり

何も運動をしなければ、年齢とともに筋肉量・筋力はどんどん低下し、関節の動きも悪くなり、動くのが億劫になってきます。股関節周りの筋肉を鍛えることは、尿もれ予防のほか、ヒップアップ、ウエストの引き締め効果も期待できるので、年齢に関係なく、すべての女性にお勧めします。【解説】常喜眞理(常喜医院院長)

解説者のプロフィール

常喜眞理(じょうき・まり)
●常喜医院
東京都千代田区六番町7−1グロリアビル1階
TEL 03-5226-7557
https://medical-clinic-1290.business.site/

常喜医院院長。
1963年生まれ。
東京慈恵会医科大学卒業。
消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医・指導医、内科学会認定医、日本医師会認定産業医。医学博士。
2012年、東京・六番町に常喜医院を開設。
親身でわかりやすい診療をしてくれる“頼れる地域のホームドクター”として、多くの患者さんから支持を受け、“金髪先生”と親しみを込めて呼ばれている。
また、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として健康診断(人間ドック)における内科診療や、大手企業での職場でメンタルヘルスサポートをする産業医としても活躍。
著書に『マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(すばる舎)がある。

何もないところでつまづいたりしませんか?

何も運動をしなければ、年齢とともに筋肉量・筋力はどんどん低下し、関節の動きも悪くなり、動くのが億劫になってきます。

これは高齢者だけの話ではありません。
30代、40代でも、運動不足の人はおおぜいいます。
「あれっ? なんでこんなところでつまずくの?」という経験がある人は、股関節周りの筋肉が硬くなり、股関節の動きが悪くなっている可能性があります。

股関節は上半身と下半身をつなぐ、人体で最も大きな関節です。
股関節の動きをよくすることは、若さを保つ秘訣でもあります。

「股関節回し」は、股関節周りの筋肉を強化する効果が期待できます。

股関節回しのやり方」については、次の記事を参照してください。

「股関節回し」は腸腰筋と同時に骨盤底筋も鍛えられる

股関節周りの筋肉で特に重要なのは「腸腰筋」です。
腸腰筋は、背骨から骨盤、股関節にかけてついているいくつかの筋肉のことで、足を上げたり歩いたりするのに重要な働きをします。

腸腰筋の近くには骨盤底筋があり、股関節回しをすると骨盤底筋も同時に鍛えられるので、女性が気になる尿もれの予防にもつながります。

股関節回しで骨盤底筋を鍛えるコツは、足を上げたときに肛門と膣を意識してグッと締めることです。
股関節周りの筋肉を鍛えることは、尿もれ予防のほか、ヒップアップ、ウエストの引き締め効果も期待できるので、年齢に関係なく、すべての女性にお勧めします。

また、股関節回しでは、足首も意識するといいでしょう。
足を回すとき、つま先をグッと上げるのです。

すり足による転倒は背骨(脊椎)に問題がある場合があります。
普段から意識して動かすことで、違和感や異常に早めに気づくことにもなります。
ふくらはぎの血行をよくしてむくみの予防効果も期待できます。

尿もれを予防し、ウエストも引き締まる!

股関節周りの筋肉を鍛えることは、尿もれ予防のほか、ヒップアップ、ウエストの引き締め効果も期待できるので、年齢に関係なく、すべての女性にお勧めします。

また、股関節回しでは、足首も意識するといいでしょう。
足を回すとき、つま先をグッと上げるのです。

すり足による転倒は背骨(脊椎)に問題がある場合があります。
普段から意識して動かすことで、違和感や異常に早めに気づくことにもなります。
ふくらはぎの血行をよくしてむくみの予防効果も期待できます。

股関節に痛みを感じたら無理にしないこと

どの筋トレにも言えることですが、絶対に無理はしないでください。
特に股関節に痛みを感じたら、無理に行うと炎症を起こすこともあります。

まずはイスに座って、片足ずつひざを抱えて引き上げ、左右に動かしてみてください。

そのときに痛みがあり、その痛みが翌日まで残るようでしたら、股関節回しは中止しましょう。
決して無理をせず、自分の体と相談しながら、自分のペースで続けてください。

イスに座った状態で、ひざを抱えて左右に動かし、股関節に痛みを感じないかチェックする

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt