MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
視力アップエクササイズで視界がクリアに!眼筋を若返らせる方法

視力アップエクササイズで視界がクリアに!眼筋を若返らせる方法

現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)

解説者のプロフィール

福辻鋭記(ふくつじ・としき)
1944年生まれ。アスカ鍼灸治療院院長。日中治療医学研究会会員・日本東方医学会会員。東洋鍼灸専門学校を卒業後、鍼灸が美容に効果的であるという一面に興味を持ち美容術の技術と理論について研究。カイロプラクティック、整体などの技術も学び、1985年に五反田にアスカ鍼灸治療院を開設。美容鍼灸の草分け的存在で、女性雑誌・健康雑誌・テレビ等でも活躍中。著書多数。
●アスカ鍼灸治療院
http://asuka-sinkyu.com/

目の内外の筋肉を鍛えて目の周辺の血行を促進!

近年、近視や老眼、乱視にお悩みのかたが多くなっていますが、その原因は、生活習慣の乱れにあります。

電車に乗ると、周りは下を向いてスマホをいじっている人が多く見られます。職場や自宅でも、長時間パソコンやテレビとにらめっこ、という人も多いことでしょう。

このように、現代人は近くばかり見て、遠くをあまり見なくなったせいで、眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。さらに、食生活も乱れがちなので、目の周りの血行もよくありません。これらが、目の諸症状を引き起こすのです。

しかし、一度身についた生活習慣を変えることは、容易ではありません。そこでお勧めなのが、目のエクササイズです。

私は現在70歳ですが、裸眼で左右1.0を維持し、老眼の兆候もありません。その秘密が、昔から続けている目のエクササイズなのです。

私はこれを、だれでも簡単に行える方法として体系づけ、「福辻式視力若返りエクサ」としてまとめました。

福辻式視力若返りエクサは、ふだん使うことの少なくなった眼筋を意識的に動かすことで、短期間での視力の若返りを図るメソッドです。三つの動作で構成されているので、順番にご説明しましょう。

福辻式 視力若返りエクサのやり方

⑴ ツボ押し眼球運動

まず一つめは、「ツボ押し眼球運動」です。これは、目と関連の深いツボ(太陽と魚腰)を刺激しながら、眼球をゆっくりと動かすエクササイズです。

毛様体筋をはじめとする目の内外の筋肉を鍛え、目の周辺の血行を促します。毛様体筋は、レンズの役割となる水晶体の厚さを調節する筋肉のことで、目の内部にあります。

この毛様体筋の働きが低下すると、ピントの調節機能が下がり、対象への焦点が合わなくなります。その結果、視力の低下のみならず、眼精疲労も誘発するのです。

眼球をあらゆる方向に動かすことで、毛様体筋などの目の筋肉に負荷をかけ、ピントの調節機能を高めます。加えて、目に有効な2点のツボを押すことで、相乗効果を狙うのです。

目を強く閉じ、開ける。こめかみのツボ(太陽)を押さえやすい指で強く押す。

ツボを押したまま、5秒かけて視線を上に動かす。

正面に視線を戻し、同様に下方向、左右2方向、斜め4方向に視線を動かす。

次に、まゆ毛の真ん中にあるツボ(魚腰)を押し、同様に上下左右斜めに視線を動かす。
①〜④を1日に3回行う。

⑵ 頚椎ほぐし

二つめが、首の最上部の骨である第1頸椎を緩める「頸椎ほぐし」です。

目と第1頸椎には、深い関係があります。ここにコリがあると、目に新鮮な血液が送り込まれなくなり、血流の悪化につながるのです。視力の低下を防ぐうえでは、ここをじゅうぶんにほぐして、新鮮な血液を供給することが重要といえます。

首をできるだけ後ろに倒し、あごを床と平行に、左方向にひねり、3秒間キープ。
あごを正面に戻し、右方向にひねり、3秒間キープ。
以上を3回行う。

⑶ 肝臓もみ

三つめは、右半身の肋骨の下にある肝臓を刺激する「肝臓もみ」です。東洋医学の考えでは、肝臓と目は作用し合っています。手で刺激して、肝臓の血の巡りをよくすることで、目の若返りを目指すのです。

右半身の肋骨の下(みぞおちのやや下辺り)に4本の指を5秒間食い込ませる。
肋骨に沿って、少し下、さらにその少し下に、同様に指を入れて刺激。
以上を3回行う。

これら三つの動作を、1日につき3セットずつ行ってください。3セット続けて行っても、分けてもかまいません。日常の空いた時間をうまく利用してください。

そして、最低1週間は続けましょう。あなたの視界も、しだいにクリアになりますよ。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)
更新: 2018-07-28 17:47:33
「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)
更新: 2018-04-20 18:35:19
寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 
更新: 2018-09-18 18:03:52
老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。目は、水晶体の厚さを変えてピントを合わせますが、硬くなった水晶体を調節しようとして毛様体筋が疲弊します。水晶体が年齢と共に硬くなるのは、避けられませんが「毛様体筋ストレッチ」で鍛えて進行を遅らせることができるのです。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)
更新: 2018-09-04 12:43:36
私は50代の今も、裸眼視力は左右とも1・5を維持しています。この「目の若さ」の秘訣は、16歳からしているサングラス。紫外線が原因となる眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性を防ぐには、目を守るサングラスが必須です。もう1つは、ピント調整力を強化し、外斜視を矯正する「指先ストレッチ」です。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長) 
更新: 2018-09-26 11:51:07
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt