MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

腰痛の原因はよくわかりませんが、年齢とともに筋力が落ちてきて前傾姿勢になってきたことと関係あるように思います。腰痛が解消したのは、姿勢がよくなったのが大きいと思います。前かがみでネコ背だったときには、おなかが出ていたのですが、背すじが伸びたらおなかもへこみました。【体験談】蓮池洋子(セラピスト・58歳)

1カ月で腰痛が解消

 私は50歳になった頃から、腰痛に悩まされるようになりました。朝起きるときつらくて、目が覚めてもすぐには起き上がれないのです。まず体を横に向けて、それから「よっこいしょ」とゆっくり起き上がらなければならない状態でした。

 ヒールの高い靴を履くのもだめで、歩きだすとすぐに腰が痛くなってしまいました。ヒールの靴で外出しなければならないときは、休んでは歩き出すの繰り返しでした。

 腰痛の原因はよくわかりませんが、年齢とともに筋力が落ちてきて前傾姿勢になってきたことと関係あるように思います。

 そんな腰痛が解消したのは、股関節回しのおかげです。マッサージの勉強で通っていた日本ボディーケア学院の谷口光利先生と話しているときに、何気なく「腰痛がひどいんですよ」と話したら、「この動きをするといいよ」と教えてくれたのが股関節回しでした。

 簡単な動きでしたので、さっそく自宅で毎日やり始めたところ、1カ月くらいでほんとうに腰痛が楽になったのです。今では朝起きるときもまったく痛くないし、ヒールの高い靴で長時間歩いても平気です。

背すじが伸びておなかもへこんだ

 腰痛が解消したのは、姿勢がよくなったのが大きいと思います。前かがみでネコ背だったときには、おなかが出ていたのですが、背すじが伸びたらおなかもへこみました。

 ジーンズのウエストに乗っていたぜい肉もなくなり、上げるのにひと苦労だったファスナーもスーッと上がります。お尻も以前より上がった気がします。足も細くなり、下半身がスッキリした感じです。

「やせた?」とよく聞かれるのですが、体重は変わっていません。でも見た目が変わったと自分でも思います。ぽっちゃり体形で明らかにおばさんだった私が、今では、30歳前後の娘たちと後ろ姿は変わらないと言われます。

 周囲から「若いね」「体のラインがきれい」「締まって見える」などなど、お褒めの言葉をたくさんいただいて、ますます股関節回しをするのが楽しみになりました。

後ろ姿は娘と変わらないと言われた

きれいな姿勢になってスタイルがよくなる(日本ボディーケア学院学院長 谷口光利)

 後ろ姿が娘さんたちと変わらないと言われたなんて、同年代の女性からすればうらやましい限りですね。
 股関節回しをすると、骨盤の傾きに大きく関係する腸腰筋が鍛えられるので、姿勢がよくなります。それにともなって、腰痛、肩こりなどの症状も自然と改善されてきます。姿勢が改善されると、見た目にもスタイルがよくなります。これからもぜひ続けてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)
更新: 2019-05-02 18:00:00
私がバイク事故に遭ったのは、今から1年半ほど前のことです。突然飛び出してきた車を避けようとして横転し、そのときに左足を強打しました。病院ですぐに診てもらったところ、左足首の骨挫傷とのこと。痛みがひどく、くるぶしがわからなくなるほど患部が紫色に腫れ上がっていました。【体験談】一瀬尚哉(33歳・会社員)
更新: 2018-09-10 16:47:38
腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)
更新: 2018-09-01 18:29:04
腰痛をくり返す人は、鎮痛剤や湿布が欠かせないと思っていませんか。しかし、薬に頼っていても慢性腰痛はよくなりません。では、どうしたら改善するのか?それは、ほんの少しの意識を持ち、簡単な体操「血流グッド体操」を行うだけでよいのです。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)
更新: 2018-09-01 17:44:05
私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山正(荻窪接骨院院長)
更新: 2018-09-04 13:09:58
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt