医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

「運動」で糖尿病の薬を減らせる可能性大!筋肉は第2のインスリン作用を生む

「運動」で糖尿病の薬を減らせる可能性大!筋肉は第2のインスリン作用を生む

糖尿病に対して、運動療法は食事療法と並んで重要な治療手段として推奨されています。でも、なぜ運動によって血糖値が下がるのかは、従来よくわかっていませんでした。そして、運動しているときには、筋肉細胞中の「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めたのです。【解説】藤井宣晴(首都大学東京大学院教授)


解説者のプロフィール

藤井宣晴(ふじい・のぶはる)
首都大学東京大学院人間健康科学研究科ヘルスプロモーションサイエンス学域教授。
秋田県出身。1994年、筑波大学博士課程体育科学研究科終了後、筑波大学応用生物学化学系遺伝子実験センター、ジョスリン糖尿病センター、ハーバード大学医学部での研究を経て、2008年から現職。運動生理学、分子生物学、代謝内分泌学など、領域をまたいだ研究に従事し、現在「筋収縮」に焦点を当て、骨格筋と筋収縮の新生物学を展開している。

インスリンが出なくても運動で血糖値は下がる

 糖尿病に対して、運動療法は食事療法と並んで重要な治療手段として推奨されています。でも、なぜ運動によって血糖値が下がるのかは、従来よくわかっていませんでした。

 筋肉を動かすことによって、インスリンの分泌が盛んになったり、効きがよくなったりするのだろうと考えられていました。

 私たちの体は多くのホルモンを作っていますが、血糖値を下げるホルモンは膵臓が分泌するインスリン以外にはないということで、そのように推測されていたのです。

 ところが、イギリスの研究者により、興味深い実験結果が報告されました。自転車こぎを行った際の血糖値の変化を見る実験です。自転車こぎは非常に多くの糖を取り込む運動で、開始から10分以内に糖の取り込みが10から15倍になります。これを2型糖尿病患者が行ったところ、健常者と変わらず糖の取り込みが起きたのです。

 この結果は、驚くべきものです。なぜなら、インスリンの作用が不全で、筋肉への糖の取り込みがふじゅうぶんであるはずの糖尿病患者が、自転車こぎという運動をしただけで、健康な人と同等に糖の取り込みができているからです。

 このことから、「運動をすると、インスリンとはまったく別のメカニズムが働いて、血液中の糖が消費される」と考えられます。

運動するとき筋肉で活性化する酵素に注目

 私は1999年に、米国のハーバード大学のジョスリン糖尿病研究センターに留学し、上司となったローリー・グッドイヤー博士とともに、運動をするとき筋肉細胞の中で何が起きているのかを研究しました。

 そして、運動しているときには、筋肉細胞中の「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めたのです。つまり、AMPキナーゼが、第2のインスリンのような働きをして、血液中の糖を消費する働きをしていたのです。

 AMPキナーゼは、もともと筋肉細胞に存在する酵素ですが、構造が複雑なこともあり、なんのために存在しているのか、よくわかっていませんでした。それがようやく解明されたというわけです。

 昔から糖尿病治療に使われている「メトフォルミン」という薬があります。実はなぜ糖尿病に効くのか、わからないまま使われていたのですが、この物質もAMPキナーゼを活性化していることが最近、判明しました。つまり、運動がもたらす効果と似た働きをする物質だったわけです。

運動による効果は薬より大きい

 さらに、運動をするとAMPキナーゼの分泌が高まるだけでなく、インスリンの感受性が高まる(効きがよくなる)こともわかっています。

 AMPキナーゼは運動をやめると活性がしだいにおさまり、30分~1時間後くらいには筋肉への糖の取り込みもおさまります。

 ところが、それとは別に、いったん運動をすると、その後もインスリン感受性が高まった状態が続くようになるのです。糖尿病の治療薬の多くはインスリン感受性を高めるものですが、運動による効果は、そうした薬よりも大きいくらいなのです。

 しかも、すでに糖尿病になってしまった患者さんでも、運動によってインスリンの感受性が高まる効果が期待できます。
 仮に、インスリン注射をしなければならないほど重篤な糖尿病の患者さんでも、運動によって薬を減らせる可能性があるのです。

軽い運動でも継続すれば確実に効果はある

 では、具体的にどんな運動をしたらいいのでしょうか?

 低い運動強度でもAMPキナーゼが活性化されることがすでに確認されています。ですから、無理にがんばって激しい運動をする必要はありません。

 激しい運動より、1日の中でいかに長い時間、筋肉を動かしているかが重要です。日常生活で必要とされる身体活動のレベルを少しでも超えるものはすべて「運動」と言えます。

「運動しなきゃ」と気負いすぎず、まずは体を動かす時間をなるべく増やすことから取り組んでみてはいかがでしょうか。
 例えば、掃除で体を動かす、通勤時に1駅分歩いてみる、エレベーターでなく階段を使うなどでもじゅうぶんな運動になります。

 私自身のお話をすると、自宅から職場までの約13㎞を1時間かけて自転車通勤しています。途中に坂道が多いので、電動アシスト付きの自転車に乗っています。本格的にサイクリングをしている人からすれば、電動アシストで楽をしたら、たいして運動にならないと思われるでしょう。

 でも、出勤前に疲れ切ってしまうような運動は、とても毎日は続けられません。ハードルを下げても無理なく継続できる運動のほうが、長い目で見て健康効果が高いはずです。

 塵も積もれば山となるです。軽い運動でも、健康に対する効果は大きな違いとなってくるでしょう。

糖尿病の人も運動をすれば血糖値のコントロールができる

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


糖尿病 筋肉

関連する投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

糖尿病治療には食事療法と運動療法が有効であることは、いうまでもありません。食事療法に加えて、適した運動を行えば、薬よりもはるかに効果が高いことは実証されています。しかし運動療法を指導している医師は、ごくわずか。私が、糖尿病の患者さんに指導しているのが、「週3筋トレ」です。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

酸化・糖化による老化や心血管系の病気を防ぐために、糖尿病の患者さんが、適度な糖質制限を行うことは悪くないと思います。しかし、過剰な糖質制限を長く続けることは、全身や脳の老化を招く恐れがあります。【解説】都築毅(東北大学大学院農学研究科准教授)


簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)


最新の投稿


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

梅干しを家庭で漬けなくなった大きな理由は、なにより手間暇がかかること、そして減塩志向の高まりによるものと思われます。そこで紹介したいのが私の考案した「無塩梅干し」です。塩に漬ける工程がないので塩分量はゼロ。しかもたった1日で作れる、魔法のような梅干しなのです。【解説】小島みち子(料理研究家)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)