首の後ろを押すと 神経の流れがよくなり 高血圧、糖尿病、難治の耳鳴りが大改善

首の後ろを押すと 神経の流れがよくなり 高血圧、糖尿病、難治の耳鳴りが大改善

現代医療は、手術や薬による対症療法が中心です。一時的に症状は改善しても、病気を根本的に治してはいません。病気の原因は、放置されたままだからです。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


神経の流れの乱れこそ あらゆる病気の原因!

 現代医療は、手術や薬による対症療法が中心です。一時的に症状は改善しても、病気を根本的に治してはいません。病気の原因は、放置されたままだからです。
 かつて、整形外科医として、現代医療に携わっていた私は、こうした医療の無力さを嫌というほど思い知らされ、むなしさを覚えたものでした。
 ところが、経験を重ねるうちに、ある重要なことに気づいたのです。それは、「神経の流れの乱れこそ、あらゆる病気や症状の原因ではないか」ということです。
 体の臓器や組織は、すべて脳からの神経の指令によって動いています。神経の流れが悪くなると、その指令が臓器や組織にうまく伝わらなくなります。その結果、体のコリや痛み、めまい、不眠から、心臓病、ガン、糖尿病、高血圧、アレルギーまで、さまざまな病気が引き起こされるのです。
 現代人は、だれしも神経の流れが乱れやすくなっています。悪い姿勢やケガ、運動不足、偏った食事、喫煙、睡眠不足などによって、神経の流れは大きな影響を受けます。特に、怒りや不安、恐怖、不満、ストレスなどの負のエネルギーが入ると、その流れがたちまち悪化してしまうのです。
 このことを確信した私は、手術や薬なしに神経の流れを改善できる、カイロプラクティックに関心を持ち、渡米しました。そして、世界最高峰のガンステッド・カイロプラクティックのテクニックを習得。帰国後は、新しい診療を確立し、さまざまな病気や症状に苦しむ患者さんたちに、神経の流れを正す治療を行い、好結果を出しています。
 このような私の治療に対して、全国から大きな反響が寄せられ、今では診療予約が6年待ちの状態です。これでは、つらい症状に苦しむ患者さんを、なかなか救うことができません。
 そこで、だれでも自分で神経の通りをよくすることができる、補助的な療法を考案しました。それが、首の後ろを押す「ピンポイント療法」です。

神経の通りが格段に よくなり症状が改善

 ピンポイント療法を行うと、どうして神経の流れがよくなるのか、簡単に説明しましょう。
 私たちの背骨(脊椎)の中には、神経の長い棒状の束である脊髄が通っています。そして、脊髄から体の左右に、多くの脊髄神経が出ています。この脊髄神経が、内臓や筋肉、血管など60兆個の細胞からなるすべての組織に、脳からの指令を伝えています。
 その「神経の元締め」となっているのが、頸椎(背骨の首の部分)の中でいちばん上にある第1頸椎です。ピンポイント療法でここの神経の流れをよくすれば、それより下にある全身の神経を活性化できるというわけです。
 ところで、最近私は、このピンポイント療法をさらにパワーアップした方法を考案しました。
 それは、これまでの第1頸椎を刺激するのに加え、第2頸椎も刺激するという方法です。
 神経の元締めである第1頸椎は、例えるなら「水道の蛇口」のようなものです。それに対し、第2頸椎は、「神経の流れの増幅器」です。この部分の神経の通りをよくすれば、その流れに勢いがつきます。実は、現代人は、この部分の神経の通りが悪くなっている人が非常に多いのです。
 ですから、最初に第1頸椎の流れをよくしておいてから、第2頸椎を刺激するというプロセスを踏むことで、格段に神経の通りがよくなり、さまざまな症状の改善に効果が出てきます。
 ただし、直接、第2頸椎の刺激から始めていい場合もあります。第1頸椎の刺激では、左右どちらかの耳の後ろが押すポイントとなりますが、「左右のどちらを押したらいいのかわからない人」や、「押したときに左右差のない人」は、第2頸椎の刺激から開始してもけっこうです。

ひざ痛、腰痛、 リウマチにも著効

 ピンポイント療法の優れた点は、どのような不快症状にも応用でき、どんな病気にも使えるところです。
 ひざ痛や腰痛、高血圧、糖尿病、不眠、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、膠原病(複数の臓器に、同時に炎症が起こり、障害される病気)にも有効です。
さらに、病院ではなかなか改善しない耳鳴り、難聴、めまいなどにも、奇跡的な力を発揮します。それらの症状の原因となる、聴神経の乱れや、小脳機能の異常が正されて、症状の緩和につながるのです。
 実際、長年全く音が聴こえなかった患者さんが、ピンポイント療法で聴覚が復活した例もあります。
 また、ピンポイント療法を実行していると、心が前向きになります。そのため、うつ病などの心の病気に用いることができるのです。
 まさに、ピンポイント療法は「魔法」のような治療法といえるでしょう。継続して実行すれば、神経の流れが正されて、おのずと姿勢が改善します。さらに、運動能力や内臓機能が向上するうえ、表情も明るくなります。つまり、体に備わった生命力と自然治癒力が、最大限に発揮されるようになるのです。
 ぜひ皆さんも、ピンポイント療法をお試しください。

松久正
 1992年、慶應義塾大学医学部卒業後、整形外科医として活躍。2000年、渡米し、05年、パーマー・カロプラクティック大学卒業。アリゾナ州フェニックスで4年間診療後、09年、鎌倉ドクタードルフィン診療所を開院、量子科学を取り入れた新次元の医療を開拓する。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

私のクリニックに、「薬やめる科」を創設すると、大きな反響がありました。薬漬けの医療に疑問を抱く患者さんや、薬をやめられずに苦しんでいる患者さんが、たくさんいらっしゃるということがわかってきたのです。【解説】松田史彦(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしています。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


糖尿病の夫は酢タマネギでインスリンが不要になり完治!私は3.8kgやせた!

糖尿病の夫は酢タマネギでインスリンが不要になり完治!私は3.8kgやせた!

20年くらい前です。夫が、会社の健康診断で糖尿病と診断されて、2ヵ月間入院したことがあります。入院中はインスリン注射を毎日3本打ち、退院後もインスリンを続けなければなりませんでした。【体験談】武田雅美(仮名・主婦・61歳)


ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

糖尿病にならないためには、食べ過ぎずにインスリンの働きに見合った量の食事をすること、そして、血糖値を急激に上げないことが大切です。そこで、緑茶に豊富に含まれるカテキンが注目されているのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)


糖尿病、高血圧を撃退! コクとうまみが大幅アップ「にんたまペースト」活用レシピ

糖尿病、高血圧を撃退! コクとうまみが大幅アップ「にんたまペースト」活用レシピ

ニンニクとタマネギは、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれている優良野菜です。ぜひ毎日とりたいところですが、なかなかそうもいきません。そこでお勧めなのが、にんたまペーストです。【料理・解説】村上祥子(管理栄養士)


最新の投稿


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング