MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【野球肘】内側型野球ひじ・外側型野球ひじの特徴と治療法

【野球肘】内側型野球ひじ・外側型野球ひじの特徴と治療法

キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」。発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)

野球ひじの種類と特徴

 キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。

 野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」、発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。
 その違いは写真③を見ていただくと、わかりやすいでしょう。写真は右ひじを正面から見たX線写真です。向かって右側がひじの内側、左側が外側になります。
 それでは、以下に、それぞれの特徴を見ていきましょう。

内側型野球ひじ

 内側型野球ひじは、ひじの内側に発生する野球ひじです。
 ボールを投げるときには、ひじの内側には引っぱられる力が働きます。すると、ひじの内側にある靱帯や筋・腱が伸ばされます。靱帯や筋・腱は、ひじの内側にある骨の出っぱり(上腕骨内側上顆)につながっていて、小学生の場合、ここには成長軟骨があります。成長軟骨はまだ弱いため、投球動作をくり返すと、引っぱられる力で傷ついたり、場合によっては骨端がはがれたりすることがあります(写真④を参照)。また、靱帯もゆるんだ状態になります。

 内側型の野球ひじは、最初はひじの違和感程度から始まります。この時点では、投球後や練習が終わってしばらくすると違和感のなくなることが多いため、ほとんどの場合、気にせず放置しがちです。

 しかし、放置して投球を続けると、少しずつ痛みが出てきます。ひじの中では引っぱられる力が働き続け、軟骨の傷が徐々に大きく、深くなってきます。さらに無理をして投球を続けると、1球ごとにひじが痛んだり、痛みが何日も続いたりするようになり、骨端がはがれた状態になります。

 違和感を覚えた段階や、一晩寝れば痛みが消えるような段階で診断を受け、投球を休んだり投球数をへらしたりするなど、無理をしなければ自然によくなります。傷ついた軟骨や骨端もきれいに固まって、将来に影響することはほとんどありません。

 一方、無理をして投げ続けて骨端がはがれてしまった場合は、のちのち影響の出ることがあります。この場合、治療を受けてリハビリを行うことで、多くの場合、痛みは消えます。しかし、このときの傷が原因で、骨が成長してもしっかり閉鎖しないケースがあります。

 すると、高校生や大学生、社会人になって大人の骨がしっかり出来上がった時点で、閉鎖しなかった小さな骨のかけらが大きくなり、神経を圧迫したり靱帯がゆるんだままになったりすることがあります(写真⑤を参照)。このようなケースは、私たちの調査では、内側型野球ひじの12〜13人に1人、8〜9%の割合で見られます。

 内側型野球ひじは、初期の段階でも違和感や痛みが現れます。このタイプの野球ひじは、早めに見つけて休むことで問題が解決するケースがほとんどです。違和感や痛みのサインを感じたら、すぐに受診し適切なケアを行いましょう。

外側型野球ひじ(はがれた軟骨や骨が関節に残った状態を、いわゆる「関節ねずみ」という)

 外側型野球ひじは、ひじの外側に発生する野球ひじです。
 ボールを投げるときには、ひじの外側にある上腕骨小頭という骨の先端部分と、橈骨頭という骨の先端がぶつかるような圧迫される力が働きます。くり返しこの力がかかると、小学生のまだ弱い骨や成長軟骨が傷ついてささくれ立ったり、穴が開いたり、軟骨と骨が壊死(組織の一部が死ぬこと)を起こしてはがれたりします(写真⑥を参照)。はがれた軟骨や骨が関節に残った状態を、いわゆる「関節ネズミ」と呼んでいます。

 外側型の野球ひじのほとんどは小学生で発生します。
 内側型に比べて発症頻度は低いものの、重症化しやすいのがこのタイプの特徴です。外側型野球ひじは、発症して間もない時期には、痛みなどの自覚症状がほとんどない場合があります。そのため指導者や保護者はもちろん、本人も野球ひじになっていることに気がつきません。

 何事もなく投球を続けていて、ある時期からひじの曲げ伸ばしができなくなったり、痛みが現れてきたりします。こうなってから医療機関で検査を受けることが多いのですが、この時点ではすでに症状が進行していて、治るまでに数ヵ月単位の時間がかかります。進行度合によっては手術が必要なケースもあり、その場合はポジションの変更が必要になり、最悪の場合は野球ができなくなります。

 小学生で早期の外側型野球ひじを発見できた場合、適切なケアを行えば完治します(写真⑦を参照)。

 しかし、小学生時に発生したまま大きな症状がなく経過し、中学生あるいは高校生になって初めて症状が現れるケースも少なくありません。とくに、中・高校生で大人の骨になってから見つかった場合は、自然に治すのはむずかしく、かなりの確率で手術を選択せざるを得ません。手術をした場合、復帰までは少なくとも半年はかかります。

 重症化しやすい外側型野球ひじは、子供たちにとっては野球をするという大切な時間が失われることになり、プロ野球選手をめざすような子がその道を閉ざされてしまう可能性もあります。発見が遅れないよう、小学生の時期は、年に1回は野球ひじの検診を受けることが重要であり、その検診を受ける機会を組織的に作ることが必要であると考えています。

 内側型野球ひじは痛みなどのサインがある「アピール型」、外側型野球ひじは知らないうちに進行していく「沈黙型」といえます。タイプの違い、症状や治癒率の違いはあれ、どちらのタイプも、野球を愛する子供たちに経験をさせてはいけない障害であることに違いはありません。

 子供たちが痛い思い、悲しい思いをしないための予防の方法と、野球ひじが見つかった場合のセルフケアの方法を次回紹介します。

解説者のプロフィール

山本智章(やまもと・のりあき)
1959年、長野市生まれ。
76年、長野県屋代高校入学と同時に野球班に所属。
79年、新潟大学医学部入学。準硬式野球部に入部。
85年、新潟大学整形外科入局。93年、米国ユタ大学骨代謝研究室。
2001年、新潟リハビリテーション病院整形外科勤務。
10年、同病院院長。
日本体育協会公認スポーツドクター、新潟アルビレックスベースボールクラブチームドクター、新潟市野球連盟副会長、新潟市少年硬式野球連盟医事顧問、野球障害ケア新潟ネットワーク代表。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:34:13
ひじに痛みがあっても、彼らなりの理由から痛みを口にしたがらない子供や、どこからが「痛み」なのかよくわからない子供は少なくありません。ほうっておくと、子供たちが悲しい思いをします。気持ちに左右されず物理的にひじの不調や問題、痛みを発見するチェック法を紹介しましょう。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:32:36
「病院に行くと、休めって言われる。休むと、試合に出られなくなっちゃう」この会話に、子供たちの気持ちと、彼らを取り巻く環境が如実に現れています。病院が「休め」と言うのは事実です。しかし、医療に携わる人間として、休むことが一番大切な治療だということを知ってほしいのです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:30:31
なぜこれほど多くの子供たちがひじを痛めるのでしょう。その最大の理由は、「使いすぎ(投げ過ぎ)」です。ひじを休める暇なく投球を続けると、修復が間に合わず、疲労が蓄積され、傷が治らなくなります。これが「使い過ぎ」「オーバーユース」といわれるものです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:28:26
野球特有の表現に「ひじをこわす」「肩をこわす」という言葉があります。「壊す」という恐ろしい言葉は、ほかのスポーツではあまり使いません。残念なことに「壊す」という言葉は野球では一般化していますが、これは野球によるケガの多さや重症化しやすいことを表しています。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:27:26
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt