医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


第1頚椎の押すポイントの見つけ方

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。
 ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。

●第1頸椎の押すポイントの見つけ方

 第1頸椎のピンポイント療法を行う際に、最も重要なのは、押すポイントを正確に見つけることです。

❶ 肩の力を抜いて、顔をまっすぐ前に向けます。

❷ 耳たぶのつけ根の裏側の、かたい大きな骨の出っ張り(乳様突起)を探します。その下端の1mm下で、1mm前方の辺りがポイント候補となります。

❸ 左右の手の中指の先端で、左右のポイントを同時に軽く押してみます。このとき、痛みや不快な感覚がある側が、第1頸椎の押すポイント(押す側)です。
 こうした感覚が得られず、左右の差がわからないという場合には、押したときの指先の感覚で区別するといいでしょう。
 押すポイント側は、紙が3枚くらい重なった感じ、あるいはゴムのようなかたい感じがします。これに対し、押さない側は紙が1枚くらいの軽い感じ、あるいはマシュマロのようなやわらかい感じがします。
 どうしても左右の差がわからない、あるいは、左右差がない人もいるかもしれません。その場合には、第1頸椎は行わないで、第2頸椎のピンポイント療法から始めてください。

●第1頸椎のピンポイント療法

 第1頸椎のピンポイント療法は、とても簡単です。

❶ 肩の力を抜いて、顔をまっすぐ前に向けます。

❷ ポイントのある側の手の中指の先端で、首の後ろの第1頸椎のポイントを、ごく軽くふれる程度の力で押します。

❸ ポイントを押し続けながら、60秒間ほど腹式呼吸を行います。腹式呼吸は、鼻からゆっくり息を吸いながら、へその下を膨らませ、口からゆっくり息を吐きながら、へその下をへこませます。それをくり返します。
 注意してほしいのは、決して強く押さないことです。軽くふれる程度でじゅうぶんです。また、押すポイントは1ヵ所です。左右同時に押したり、左右交互に押したりすると、効果が得られないので、絶対に避けてください。
 腹式呼吸を行う際に重要なのは、息を吸うときは、背骨の中をエネルギーが下から上に流れるイメージを、息を吐くときは、背骨の中を神経が上から下に流れるイメージを、持ちながら行うことです。
 第1頸椎は、「神経の元締め」という役割があり、脳からのすべての指令は、ここを通って下へ下りていきます。そこで、第1頸椎のピンポイント療法で、神経の流れをスムーズにすれば、全身の神経の流れもよくなります。

第2頚椎の押すポイントの見つけ方

●第2頸椎の押すポイントの見つけ方

 後頭部にある丸い骨の出っ張りの中央下に、後頭部の骨の下端があります。そこから2㎝ほど下に行った場所が、第2頸椎の押すポイントです。
 後頭部の骨の下端は、うつむいてから少し頭を起こすと、くぼみができるので、探しやすくなります。

●第2頸椎のピンポイント療法

❶ 両手の中指の爪の部分を重ね合わせ、下になっている中指の腹で、第2頸椎の押すポイントを、軽く当てる程度の力で押します。

❷ ポイントを押し続けながら、60秒間ほど腹式呼吸を行います。押し方で大事なのは、両指を重ねて行うことです。片方の指で押すと、不安定になり、斜めに力がかかりやすいので、必ず、両指を重ねて押しましょう。こちらも、腹式呼吸とともに60秒間ほど押しますが、強く押すのは禁物です。体に合図を送るつもりで、軽く当てる程度にしてください。
 第2頸椎は、「神経の流れの増幅器」の役割があります。そのため、第1頸椎のピンポイント療法に続いて第2頸椎も行うと、神経の流れがさらによくなります。

ピンポイント療法のやり方

ピンポイント療法で 不安も恐怖もなくなる

 さて、最後にこのピンポイント療法を行う際に、心がけてほしいことがあります。
 それは、「よいイメージを持つ」ということです。そうすることで、プラスのエネルギーが神経を通して脳から体に入ってくるようになり、イメージどおりの自分になれるからです。
 ただし、初めから病気が治った自分を想像すると、失敗します。なぜなら、今自分が病気であることを強く設定することにつながり、その執着が不安や恐怖、怒りなどのマイナスのエネルギーを生み出すからです。

 もともと病気は、自分が作り出したものです。その病気とともに生きている自分を受け入れましょう。すると、不安や恐怖、怒りが消え、生きていることに感謝できるようになり、自分を大事に思えるのです。
 そうなると、しだいに病気への執着も消えて、病気のことも忘れていきます。そういうステップを経て、病気でない自分を想像しながらピンポイント療法を行うと、効果も上がります。このように、神経の流れをよくするには、意識の変化も大事です。しかし、最初から意識を変えることは少し難しいかもしれません。

 でも、首の後ろのポイントを押していると、徐々に不安や恐怖もなくなります。すると、意識もマイナスからプラスに変わっていき、神経の指令が通りやすくなっていくのです。
 このようにして、神経の正しい指令が全身に行き渡るようになると、どんなにつらい痛みや不快な症状も、どんどん軽快していきます。

解説者のプロフィール

松久正
1966年、三重県生まれ。92年に慶應義塾大学医学部を卒業後、整形外科医として活躍。2000年に渡米し、05年、パーマー・カイロプラクティック大学を卒業。09年に鎌倉ドクタードルフィン診療所を開院。ガンステッド・カイロプラクティックを土台とし、量子科学、エネルギー医学、精神世界を融合させた新次元医療を創造し、診療の一方、人類の魂を修復・進化させる『魂の超医療』をテーマに、講演や執筆、学園活動、メディア出演など幅広く活動を行う。診療所は、全国各地、海外より患者が来院し、新規予約は5~ 6年待ち。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

寝具メーカーのエアウィーヴが新作発表会を開催し、浅田真央さん(フィギュアスケート)・石川佳純さん(卓球)がゲストとして登場。今月25日に28歳の誕生日を迎える浅田真央さんは和装、石川佳純さんは洋装で登場した。二人のアスリートが大切にしているのは食べること、そして「睡眠」なのだという。【取材】ケンカツ!編集部


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)