MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【発酵あんこのレシピ】砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る方法

【発酵あんこのレシピ】砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る方法

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)

砂糖なしの「あんこ」なのに甘い!!栄養満点!

「あんこ」というと、砂糖が多い印象をお持ちのかたが多いのではないでしょうか。血糖値や肥満を気にして、控えているかたもいるかと思います。

 そんなかたにもお勧めできるのが、砂糖を使わず、糀で甘味を出す「発酵あんこ」です。
 私は「食とアートで、体と心を整えること」を柱に活動しています。料理教室で、発酵あんこの作り方を教えたら大反響! 甘くておいしいばかりか、体調がよくなったという声が続出しています。

 発酵あんこが、砂糖を使わず甘いのは、理由があります。
 糀の菌が作り出す「酵素」の働きで、アズキのでんぷんが分解され、ブドウ糖になるので、発酵あんこはほんのり甘いのです。

 発酵あんこを食べたかたからは、「砂糖なしと気づかなかった」「胸やけしない」「簡単にできて保存できるのがうれしい」「日がたつにつれ味がまろやかになる」といった声をいただいています。
 あんこには砂糖が多く使われているので、罪悪感を持ちながら食べている人も多いかと思います。
 しかし、「発酵あんこ」なら、そんな心配もいりません。

 お伝えしたように、糀には、でんぷんやたんぱく質を分解する酵素が、100種類以上も含まれています。そのため、発酵あんこなら、アズキをそのまま食べるよりも、アズキの栄養を、しっかり吸収できます。
 糀自体にも、ビタミンB群やオリゴ糖、アミノ酸など、脳と腸に必要なほとんどの栄養素が含まれているので、発酵あんこには精神安定効果も期待できます。

肌がきれいと言われる!妊婦さんも便秘知らずに

 私が、発酵あんこなど糀の発酵食に心をひかれたのは、6〜7年前の“塩糀ブーム”がきっかけでした。
 楽しみに市販の塩糀を食べてみたのですが、残念ながら私が期待した味ではありませんでした。そこで「おいしい糀調味料を自作できないかな」と考えるようになったのです。

 糀とご飯で作る甘酒をもとに、塩糀、醤油糀などを作ってみたところ、他の調味料がいらなくなるほどのおいしさにビックリ! それから、糀を使った調味料や発酵食への関心が広がっていきました。

 糀を生活に取り入れてしばらくたった頃、体の不調をほとんど感じなくなったことに気がつきました。
 私も家族もカゼをひかなくなり、予防接種を受けなくても、インフルエンザにかからなくなりました。

 分解力の強い糀ですから、体の毒素も分解してくれて、免疫力が上がったのかもしれません。
 料理教室に通っている妊婦さんは「糀を取るようになり、便秘や肌荒れがなくなった」と喜んでいます。

 また、私は化粧をほどんどしませんが「肌がきれい」とよく言われます。目立つシワもありません。そういえば、そばかすも薄くなってきています。
 更年期世代ですが、気になる症状もなく、元気に過ごしています。

罪悪感を持たず甘いものを楽しめる

 私はもともと、介護老人施設や透析クリニックで管理栄養士をしていました。そのときに「食べ物が偏ると、考え方が偏りやすい」と気づき、食と心の関係に関心を持つようになりました。たとえば、甘いものばかり食べて、カルシウムが不足すると、イライラしやすくなります。栄養素をバランスよく取ることが、心の安定につながるのです。

 一方、病気を治すために「これもダメ、あれもダメ」と食べ物を制限するのは、患者さんにとってストレスになります。禁止するのでなく、「ここまでは食べていいですよ」という適量を示すと、患者さんは「前の病院ではダメと言われたのに、食べていいんですね」と安心されます。

 人間にとって食べる喜びはたいせつなものです。ストレスを感じず、食事を楽しみながら、必要な栄養素をバランスよく取るために、「発酵あんこ」を始め、糀の発酵食はとても役立ちます。

手間なし「発酵あんこ」の作り方

「ジッパー付きの袋」を使ってアズキを発酵させる方法を紹介します。
ジッパー付きの袋を使えば、雑菌の侵入を防げるので、衛生的に発酵あんこを作れます。
完成後の急冷や、冷蔵・冷凍も、容器を変える必要がないので速やかにできます。

材料

アズキ…100g(市販のゆでアズキでも可。その場合は250g)
乾燥糀(生糀でも可)…100g

(1)鍋にアズキと水300mlを入れ沸騰させ、5分ほどゆでたら、エグみを抜くためザルにあける。一晩アズキを水に浸してからゆでると、より抜けやすい

(2)鍋にアズキを戻し、水300mlを入れ沸騰させたら、弱火にして40〜60分煮つめ、アズキを柔らかくする。水が蒸発しないよう、必要なら水を足す

(3)柔らかくなったアズキをジッパー付きの袋に入れ、ベチャッとした、あんこのような感触になるまでもみつぶす

(4)ほぐした糀を加え、アズキともみ混ぜる。まんべんなく混ざるとマッシュポテトのような感触に。パサパサ感が気になる人は湯を大さじ1入れる

(5)袋の空気を抜き、密封する

(6)炊飯器に、60度くらいの湯を、❺の袋がじゅうぶんつかるくらい入れる。「熱くて指が入れられないギリギリの温度」が目安。その後、袋を入れる

(7)炊飯器を保温モードにしたら、蓋は閉めず、濡れふきんをかけて、8時間置き発酵させる。発酵させるとあんこの水気が増す

(8)取り出した袋を、氷水で10分急冷する。急冷後は冷蔵庫で保存し、1〜2週間で食べきる。袋のまま保存しても容器に移してもよい

甘くておいしい発酵あんこの完成!!

魔法瓶を使ってアズキを柔らかくする方法

魔法瓶に、アズキと容器いっぱいの熱湯を入れ、一晩置く。魔法瓶の容量はアズキの10倍以上(100gなら1L以上)がよい

アズキをザルにあける。指でつぶせるくらい、ホロホロだとよい。硬ければ魔法瓶にアズキを戻し熱湯を入れ、しばらく待つ

甘みと滑らかさが増す「粉末糀」

発酵あんこを作るときに、糀をミルミキサーやペッパーミルで粉砕した「粉末糀」を使うと、甘味やまろやかさが増し、見た目も滑らかで、本物のあんこのようなポクポクした食感になります。また、粉末糀を使うと熟成が早まるので、発酵時間を短くすることができます。糀のツブツブが気になるかたは、ぜひ試してください。

「さらしあん」でさらに時短

アズキを粉末状にした、市販のさらしあんを使うと、アズキを柔らかくする作業が省け、さらに時短になります。

さらしあんを使った発酵あんこの作り方

【材料】
さらしあん…100g 糀…100ℊ 熱湯…200ml

【作り方】
(1)鍋にさらしあんと熱湯を入れ、よく混ぜる

(2)60度くらいまで冷めたら、糀を入れ混ぜる

(3)ジッパー付きの袋に入れる

この後は手間なし「発酵あんこの作り方」の
手順(5)〜(8)と同じ

食べ方いろいろ

お湯でゆるめて「おしるこ」に

「ヨーグルト」に入れて

豆乳でゆるめて冷凍し「アイス」に

「トースト」に塗って

解説者のプロフィール

高山益実(たかやま・ますみ)
食とアートで心を彩る暮らし「食心のアトリエ」を主宰。
管理栄養士、認定心理士、認定コーチ。
食は体だけでなく心に大きく影響を与えていると考え食と心の両方から栄養を考える。
病院、医院、専業主婦、介護老人福祉施設勤務、透析クリニック栄養指導を経験。
食と心の繋がりに着目したセラピーレッスン、パステルアートなどのヒーリングレッスンを行う。
甘酒や発酵あんこのワークショップを定期開催。
近著は『栄養満点!体調良好!作って美味しい甘酒調味料』(ごきげんビジネス出版)。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
幼い娘が苦しんでいるのに、何もできないのは、親としてほんとうにつらいことです。そこで、みそ汁に黒酢を入れることにしました。黒酢みそ汁をほぼ毎日飲むようになった娘は、3歳になるころには、ほとんどカゼをひかなくなりました。ぜんそくの発作も、めったに起こさなくなったのです。【体験談】川原俊之(仮名・会社員・33歳)
更新: 2019-02-11 18:00:00
最新記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt