MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)

過敏性腸症候群で下痢が続く毎日だった

私は現在、発酵生活研究家として元気に活動していますが、
発酵に興味を持ったのは、過敏性腸症候群(※1)で20年近くもの間、苦しんでいたのがきっかけでした。

(※1 大腸の運動や消化液の分泌に異常が生じて起こる病気の総称。
下痢や便秘、腹痛、ガスがたまるといった症状がある)

何を食べても下痢をしてしまうので、下痢止めを飲み続ける毎日。

しかし、薬に含まれる抗生物質によって、腸内の菌が死んでしまい、
ますます腸の働きが悪くなるという悪循環を繰り返していました。

下痢が続くと、お腹がからっぽで栄養を吸収できないので、毎日フラフラです。
家からも出られず、
「こんな生活がいつまで続くのだろう」と絶望でいっぱいの日々でした。

そんなとき、
体をなんとか治そうと養生食(※2)の勉強を始め、出会ったのが発酵食でした。
(※2 薬を使わず食べ物で病気にならない健康な体を養うこと)

さらに、養生食のなかでも、解毒作用があるアズキと玄米を一緒に炊く「酵素玄米」、
アズキとカボチャを煮る「アズキカボチャ」の2つが、
なぜかとても気になったのです。

それまでアズキと言えば、赤飯やぜんざい、和菓子くらいしか使い道が思い浮かばず、
普段の食事に使う発想はありませんでした。



アズキの解毒力を実体験!

さっそく酵素玄米とアズキカボチャを作って食べてみると、
おいしくて、腸が喜んでいる感覚があり、下痢もしません。

栄養も取れるようになり、
それから半年間、酵素玄米とアズキカボチャを、毎日作って食べ続けました。

しかし、ある日、これらがピタッと喉を通らなくなりました。
「もう取らなくてもだいじょうぶ」
という声が、体から聞こえたようでした。

ちょうどそのとき、
「体に残っていた薬の副作用が抜けた」という感覚がありました。

下痢止めはもう飲んでいませんでしたが、
むくみやだるさといった薬の副作用はずっと感じていたのです。

副作用がアズキの解毒作用で排出されたのか、
それ以来、私はさらに元気を取り戻していきました。

それからは、体が欲しているときだけ、
酵素玄米とアズキカボチャを作るようにして、体の解毒に役立てています。

発酵あんこを食べた瞬間やさしい甘さに笑いが出た!

ぜんざいや和菓子など、アズキはお砂糖といっしょに、甘いものによく使われます。
私も甘いものは好きですが、お砂糖をたくさん使っているものを食べると、胃腸の調子が悪くなっていました。

病気でお砂糖を取りすぎてはいけない人や、太りたくない人にも、
「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」
というかたがいらっしゃると思います。

そんな皆さんにぴったりなのが、
私もハマってしまった、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。

作り方は、柔らかく炊いたアズキ、糀、水を混ぜて、炊飯器の保温モードで発酵させるだけ。

やさしい甘さに糀の力を感じ、
私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。

糀の菌が栄養素をしっかり分解してくれるので、
お砂糖入りのあんこより、消化しやすくなっています。
胃腸が弱いかたでも、食べやすいと思います。

ゆでこぼしをしなくても美味しい!

アズキを炊くときに、エグみを取るために「ゆでこぼし(※3)」をする人が多いと思います。
(※3 食材を水から煮て、沸騰したらゆで汁を捨てて、エグみを捨てること)
ただ、何度もゆでこぼしをすると、栄養素やうまみが外に流れてしまいます。


「発酵あんこ」は作って2日目、3日目と時間がたつにつれ熟成され、エグみも取れていくので、
何度もゆでこぼしをしなくてもおいしく、アズキの栄養素を丸ごといただけるのも魅力です。

エグみが気になるときは、一度ゆでこぼしをするといいでしょう。

おはぎなど和菓子のあんこにしたり、栗きんとんのような感覚でおかずにも使えます。
冷蔵庫で1週間ほど保存でき、冷凍保存もできるので、作り置きにもお勧めです。

解毒作用とやさしいおいしさを兼ね備えた「発酵あんこ」に出会えたおかげで、
発酵食の楽しみがまたひとつ増えました。

甘いものを制限しているかたも、
「発酵あんこ」があれば、ストレスのない食生活を楽しめるのではないでしょうか。

発酵あんこの「やさしさ」はどこから生まれる?

発酵あんこの魅力は、菌が作り出す「やさしさ」にあります。

発酵食は、発酵の過程で菌が栄養素を分解してくれるので、体に入れる前に、すでに栄養素が消化吸収しやすい状態になっています。

4時間かかっていた消化時間が2時間で済むような感覚です。
腸の弱っていた私にとって、体に負担の少ない発酵食は、ありがたいものだったのです。

菌があらかじめ分解してくれる

アズキを20分でふっくら炊く方法

アズキを炊くとき、私は、袋から出してサッと洗い、そのまま水にひたして煮ます。

そして、沸騰したら冷水を入れて温度を下げることを3回繰り返します。

水を入れるたびにアズキの皮が収縮して、
3回目の冷水で皮が割れ、20分ほどでふっくらと炊き上がります。

(1)アズキ100gを300mlくらいの水で煮る
(2)沸騰したら、冷水100mlを入れる。これを3回繰り返す

20分ほどでふっくら炊き上がる

解説者のプロフィール

栗生隆子(くりゅう・たかこ)
自然素材の暮らし、家庭でできる発酵生活を実践したところ、長年患った腸の病気が完治。
目に見えない菌が健康にも環境にもたいせつな役割をしていると知り、菌の世界から発酵への理解を深める。
命のリレーをして細胞が続いていくように「つないでいく発酵」がテーマ。
会員1万5000人を超えるFacebook「TGG豆乳ヨーグルト同好会」の管理人。
著書にベストセラーとなった『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人! 』(マキノ出版)などがある。
最新刊は『からだにおいしい発酵生活』(宝島社)。

●TGG豆乳ヨーグルト同好会
https://m.facebook.com/groups/721334441212364/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt