MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【アズキポリフェノールの効果】「発酵あんこ」が血糖値を下げる理由

【アズキポリフェノールの効果】「発酵あんこ」が血糖値を下げる理由

アズキに含まれる代表的な健康成分のひとつが「ポリフェノール」です。アズキは、このポリフェノールの含有量が豆類の中でもトップクラスで、黒豆と比べて約2.3倍も含まれています。私は、アズキポリフェノールが、糖を分解する消化酵素の働きを抑えるのではないかと考えています。【解説】小嶋道之(帯広畜産大学人間科学研究部門教授)

解説者のプロフィール

小嶋道之(こじま・みちゆき)
帯広畜産大学人間科学研究部門教授。
北海道十勝でアズキやインゲンマメなどの、雑豆類の研究を始めて約30年。雑豆類の詳細な成分、嗜好性、機能性の分析をおこなってきた。特にアズキの煮汁のポリフェノールには機能性が高いことから、アズキを有効に活用する製造加工法などを提案し、豆類加工を見直すきっかけをつくってきた。さらには、納豆や味噌・醤油などのおいしい伝統食品の機能性や世界のさまざまな豆類の機能性についても研究を展開している。

アズキには病気や老化を撃退する成分がいっぱい!

 私は、北海道帯広市にある帯畜で、長年にわたって豆類の健康成分について、研究を続けてきました。もちろん、アズキもそのひとつです。

 アズキといえば、日本ではなじみ深い食材ですが、意外なことに栽培しているのは、世界を見渡しても日本と中国だけです。
 現在の日本では、生産量の4分の3を北海道が占め、全国的に見て、北海道十勝ブランドとして有名な農作物のひとつです。

 十勝のアズキは、日本の伝統的な食文化の歴史に欠かすことができない食材になっています。その伝統的な食文化とは和菓子です。アズキといえば、あんこを思い浮かべる人が多いと思います。和菓子は、京都を中心に各地で発展してきた、日本を代表する食文化です。

 この食文化に、生産地の限られたアズキが関わっているなんて、おもしろいと思いませんか?
 アズキの魅力にとりつかれた私が、その歴史や健康効果の研究を始めてから、もう30年になります。実際に、アズキの研究を進めていくと、その高い健康効果に驚かされてばかりでした。

ポリフェノールは「活性酸素」と戦ってくれる

 アズキに含まれる代表的な健康成分のひとつが「ポリフェノール」です。ポリフェノールは、植物に多く含まれる色素成分のひとつです。アズキの赤紫色は、主にポリフェノールによるものです。

 ポリフェノールは、細胞や遺伝子を傷つけて、病気や老化の原因になる「活性酸素」と戦ってくれる(抗酸化作用)、ありがたい成分です。
 アズキは、このポリフェノールの含有量が、豆類の中でもトップクラスで、クロダイズ(黒豆)と比べて約2・3倍も含まれています。

 ポリフェノールの働きは、活性酸素を撃退してくれるだけではありません。他にも、健康に役立つ、多くの効能があります。

 私たちは実際に、マウスを用いて、アズキに含まれるポリフェノール(アズキポリフェノール)の働きを調べました。
 すると、抗酸化作用のほかにも、次に挙げる効果を確認できました。

❶血糖値の上昇を抑える

❷体重増加を抑える
(下に別記)

❸肝臓を保護する(下に別記)

❹血液中のコレステロールの上昇を抑える

❺腫瘍の増殖を抑える


 ここでは、気にしているかたも多い、アズキポリフェノールの❶血糖値の上昇を抑える働きについて説明しましょう。

アズキを食べたら血糖値スパイクを抑えられた

 実験では、マウスにアズキポリフェノールを与え、その30分後にショ糖(砂糖の主成分)を与えて、マウスの血糖値を測定しました。
 すると、すべてのマウス群で、血糖値の上昇が抑えられたのです(詳細は下図)。

 血糖値が上昇するしくみを簡単に説明します。ショ糖は体に入ると、体内の消化酵素でブドウ糖などに分解されます。ブドウ糖が小腸で吸収されて血液中に入ると、血糖(ブドウ糖)の数値が上がります。

 私は、アズキポリフェノールが、糖を分解する消化酵素の働きを抑えるのではないかと考えています。
 糖が分解されにくくなれば、ブドウ糖の吸収が抑えられるので、血糖値の急上昇を防げるわけです。

 近年の研究で、食後の血糖値の急上昇(血糖値スパイク)が、動脈硬化や肥満を進行させ、死亡リスクを高めることがわかりました。アズキには、血糖値スパイクや体重増加を防ぐ働きを期待できそうです。

 砂糖を加えていない「発酵あんこ」は、普通のあんこより糖分が少ないので、大量に摂取しない限り、血糖値や体重のことを気にする必要はほとんどありません。しかも、アズキポリフェノールのおかげで、血糖値が上がりにくくなっています。

 以上のように、アズキは、すばらしい健康効果を持っている食材ですが、調理が面倒な印象から、食卓に並ぶ機会が失われつつあります。
 それを払拭するためにも、簡単に作れる発酵あんこを、強くお勧めしたいと思います。

脂肪を「なかったこと」にしてくれる

 マウスを使った実験で、高脂肪食とともにアズキポリフェノールを7週間与えました。すると、マウスの体重が増えにくくなりました。

体に入った脂肪は、すい臓から分泌される「リパーゼ」という消化酵素によって分解されて、吸収されます。アズキポリフェノールは、リパーゼの働きを抑えると考えられています。そのおかげで、余分な脂肪が便といっしょに排出されるのです。

さらに、研究段階ですが、アズキポリフェノールには、脂肪の代謝を促進する働きがあることも期待されています。

肝臓や腎臓の炎症を抑える!

 アズキポリフェノールを取ることで、肝臓の炎症が抑えられることが、マウスを使った実験でわかりました。

アズキポリフェノールとともに肝臓障害を誘発させる物質をマウスに与えたところ、「ガンマGTP」など、肝臓の炎症を表す数値が上がりにくくなったのです。

これは、アズキポリフェノールが炎症を悪化させる活性酸素を撃退して、炎症の拡大が抑えられたためと考えられます。また、肝臓だけでなく、腎臓の炎症を抑える作用も確認されています。

肝臓や腎臓を護るアズキポリフェノール

「発酵あんこ」の作り方については、↓の記事で詳しく紹介されています。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-23 10:04:13
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
更新: 2019-05-09 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
更新: 2019-01-08 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt