MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

母はアルツハイマー型認知症を患っています。試行錯誤した末、2年ほど前にたどり着いたのが、発酵あんこだったのです。母の体調も驚くほどよくなりました。原因不明だったひざ下の腫れやむくみが、今ではかなり少なくなっています。排泄のサイクルが安定したので、おもらしが激減。介護が楽になっています。【体験談】福島和子(55歳)

認知症の母に砂糖抜きのおやつを食べさせたい

私は、85歳になる母と暮らしています。
母も私も「発酵あんこ」が大好き。
「あんこトースト」や「あんこサンド」でよく食べますし、発酵あんこの「ぼたもち」は、母の大のお気に入り。
ほかにもアイスクリームに添えたり、手作り蒸しパンのあんにしたりと、甘いもの好きな母のおやつに、発酵あんこは大活躍しています。

母は、アルツハイマー型認知症を患っています。
以前は京都で暮らしていましたが、3年前に様子がおかしいことに気づき、かけつけると、腰を骨折して家の中を這いずり回るような状態でした。
もう独居は無理と思い、私が住む長崎の病院に入院させ、退院後から同居を始めたのです。

母と暮らし始めた最初の1年は、「介護ってこんなにもつらく厳しいものなのか……」と、打ちのめされる日々でした。
特に大変だったのが、排泄物の掃除です。
母はトイレを我慢できず、もらしてしまうのです。
紙パンツで補いきれないこともあり、そんなときは臭いがすごくて掃除も大変です。
母にそれを指摘すると、羞恥心からか「私がそんなことをするわけがない!」と怒ってしまうこともありました。

食べたものを覚えていないこともつらかったです。
私の留守中、母は家にあるものを、手当たり次第に食べてしまうのです。
健康面でも不安がたくさんありました。
もともと骨粗鬆症があるうえ、入院中に受けた検査で、血糖値や血圧が高いことが判明しました。

とりわけ気がかりだったのが、母の両足のひざ下が、パンパンに腫れていたこと。
まるで長靴をはいたように太く、「こんな足はあり得ない……」と恐ろしくなりました。

医師は「同じ姿勢でいるからむくみが取れないのか、たんぱく質の合成に問題があるのか……」と言っていましたが、原因は不明のまま。
利尿剤や降圧剤も試しましたが、足の腫れは改善しませんでした。

私は母に、薬をたくさん飲ませたくありませんでした。
数値を改善させるのも、心を安定させるのも、すべては食べ物だと思ったので、素材にこだわった食事(和食)を作るようにしました。

特に、腸がいちばん大事と聞いたので、腸内環境がよくなる発酵食品を、積極的に食卓に出すようにしました。
「母のおなかの調子を安定させて、排泄の問題をなんとかしたい」という思いもありました。

困ったのはおやつです。
母に、砂糖たっぷりのお菓子を毎日あげることには、抵抗がありました。

甘いものを食べた満足感があり、簡単に手作りできる、砂糖抜きのおやつはないか。
試行錯誤した末、2年ほど前にたどり着いたのが、発酵あんこだったのです。

おもらしをしなくなり介護ストレスが激減!

初めて発酵あんこのぼたもちを母に出したときは、口に合うか心配でした。
というのも以前、私が作った甘酒を、母は残していたからです。
発酵あんこも、甘酒と同じ糀を使っているので、もしかしたら嫌いかもしれないと不安になりました。

ところが、母は「このぼたもち、おいしいね!」と喜んで食べてくれたので、心底ホッとしました。

以来、わが家では、発酵あんこのおやつが定番になっています。
食べ物はすべて、母の手の届かないところにしまい、私の留守中に食べていいのは発酵あんこのお菓子だけ、というルールにしたので、盗み食いの問題はなくなりました。

母の体調も驚くほどよくなりました。
まず、原因不明だったひざ下の腫れやむくみが、今ではかなり少なくなっています。

おなかの調子もよくなりました。
排泄のサイクルが安定したので、トイレを促すとその時に用を足せるようになり、おもらしが激減。
前と比べて、負担やストレスが減ったどころか、「天国」と言っていいほど介護が楽になっています。

さらに、血糖値や血圧も改善。
2017年1月に122㎎/㎗だった空腹時血糖が、同年6月には99㎎/㎗と正常化し、160㎜Hgあった最大血圧も140㎜Hgまで下がりました。

医師は「薬が効いているのかな」と言っていましたが、薬は飲ませていないので、発酵あんこをはじめとする食事の成果だと確信しています。

湿疹や皮膚炎が治まり85歳に見られない肌ツヤに

長崎に移った3年前、母は、鬼のような険しい顔つきをしていました。
自分が認知症になったショックや骨折の痛み、生活環境の変化などで、「自分の周りはすべて敵」という感覚だったのだと思います。

ところが、いまは別人のように表情が穏やかで、笑顔を見せることが増え、言葉遣いもやさしくなりました。
好きな甘いものを毎日食べられる満足感に加え、私も介護でイライラして母を叱ってしまうことがなくなったので、精神的に安定しているのでしょう。
心の安定が、表情に現れていると感じます。

以前はひどかった湿疹や皮膚炎も治まり、肌のツヤもよくなりました。
年齢を明かすと、看護師さんや近所の人から「85歳には見えない」と、驚かれるほどです。

私自身も、発酵あんこの効果を実感しています。
もともと軟便ぎみでしたが、毎日しっかりした便がたくさん出るようになりました。
また、まぶたのむくみが取れて、クッキリとした二重が復活しました。

太古の昔から、日本人が食べ続けてきたアズキには、邪気払いや魔除けに使われるなど、不思議なチカラがあるそうです。
また、利尿作用や毒出しの効果も高いと聞いてましたが、その通りだと実感しています。

いま、母と落ち着いた生活が送れるのは、「発酵あんこさま」のおかげ。
これからも愛食していくつもりです。

福島さんの発酵あんこの作り方

【材料】
アズキ…200g、乾燥糀…200g、自然塩…適量

【作り方】
❶たっぷりの水にアズキをつけて一晩置く(このときの水は捨てる)
❷たっぷりの水で1時間ほどアズキを煮る
❸アズキが柔らかくなったら自然塩を加え、残りの水分を煮詰めてとばす
❹ヨーグルトメーカーにアズキ、ほぐした乾燥糀、水1/2~1カップを入れて混ぜる。ドロッとした状態になるといい具合(下写真)。水分量が少なすぎると発酵しづらく、多すぎると薄いあんこになる
❺60℃の温度設定で6時間置いて完成。保温中、水分が足りない場合は60℃のお湯を足す

アズキ、糀、水を混ぜたところ

福島さんの発酵あんこ活用法

朝食によく食べる「あんこトースト」

あんこの「ぼたもち」に好物のきな粉をまぶして

時間がないとき重宝する「あんサンド」

パンケーキに生クリームとあんこを添えて

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
納豆はコレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症を引き起こす可能性が低い優れた食材です。ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし血栓を作りにくくする効果があり、動脈硬化を予防します。アマニ油と摂ると血管若返りに効果が期待できます【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)
更新: 2019-04-14 18:00:00
認知症が進行すると、自分がいる場所がどこで、話している相手は誰かなど、自分の置かれている状況の見当がつきにくくなってきます。これを「見当識障害」といいます。現実見当識訓練は、脳に残っている機能に働きかけて現実見当識を高め、認知症の進行を遅らせることを目指します。【解説】石井映幸(ふれあい鶴見ホスピタル副院長)
更新: 2018-10-12 18:00:00
近年、記憶と関連の深い脳の海馬などでは、新しい細胞が毎日生まれていると判明しています。ですから、脳の萎縮が進んでも、それをカバーする脳内の環境作りは十分可能だといえます。今からでも遅くはありません。耳もみを早速実践して、脳の血流を活発にしてください。【解説】広川慶裕(ひろかわクリニック院長)
更新: 2018-10-07 18:00:00
片足立ちは、有酸素運動とバランス運動を兼ねています。片足立ちを1分続けることは、50分歩くのとほぼ同じ運動量になります。有酸素運動が認知症予防に有効であることは、多くの研究データが示すところです。また、転倒予防という点からも優れています。【解説】長谷川嘉哉(土岐内科クリニック院長・医療法人ブレイングループ理事長)
更新: 2018-10-03 07:00:00
食後2時間血糖値の高い人ほど、アルツハイマー病の発症リスクが高く、中年期に糖尿病になって、病歴の長い人のほうが、海馬の萎縮が強いことも判明しました。したがって、食事の最初に野菜をたっぷり食べ、食後の血糖値が上がらないようにすることも大事です。【解説】二宮利治(九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生分野教授)
更新: 2018-09-30 12:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt