MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
脊柱管狭窄症が原因のめまいが「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因のめまいが「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)

頭がふわふわするめまい。駅のホームから転落しそうになった!

 私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりするめまいに悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。
 まず、道を歩いているときによくフワフワ感があり、一人で外出することが、しだいに不安になってきました。

 いちばん恐怖を感じたのは、駅のホームを歩いているときです。混雑したホームで、急いで歩いていたら、ふらついてホームの端から転落しそうになったのです。
 また、美容院に行ったときにシャンプー台で体を倒されると、クラクラとしためまいが止まらなくなりました。自宅で髪を洗う際も、めまいが起こることがあり、いつもおそるおそるシャンプーをしていたものです。
 台所に立って、下を向いてキャベツを刻んでいるときなどに、フラッとすることもありました。

 こうしたつらいめまいが続いていたので、5年ほど前に、私は一度、脳神経外科で検査を受けました。
 すると、首の脊柱管狭窄症(脊髄などの神経が入った、背骨を通る管が狭くなる病気)と診断されたのです。その医師によれば、めまいも、首が原因で起こっているのだそうです。
 そして、狭窄を起こしているのが首なので、手術はできないともいわれました。治す手立てがなければ、これからもつらい症状を背負っていかなければならないわけです。私は、とても絶望的な気持ちになりました。

 そんな折、あるタウン誌を見ていると、松久正先生の鎌倉ドクタードルフィン診療所のことが載っていました。
 その情報によれば、手術は行わないし、薬もいっさい用いず、神経の流れを正す手技だけで、あらゆる症状を治してくれるとのことです。それを読んで、私はぜひ松久先生に診ていただきたいと思いました。

首の後ろを押す「ピンポイント療法」で耳鳴りが治った!

 初めて松久先生の診療所を訪れたのは、2012年1月でした。最初に、レントゲン写真を撮ってもらうと、私の首は5㎝ほど前に曲がっていることがわかりました。やはり、首に問題があったようです。
 神経の流れをチェックしてもらったあと、「必ずよくなるので、任せてください」という松久先生の言葉を聞いたときは、どんなにホッとしたか知れません。

 神経の流れを正す治療を受け、先生から、「ピンポイント療法」を教えてもらいました。ピンポイント療法とは、腹式呼吸をやりながら、左右どちらかの首の後ろを押すという、自分でもできる治療法です。私の場合、押すポイントは左側と、先生に教えていただきました。
 診療所での施術は、2週間に1回なので、その間、自分でピンポイント療法を行うと、改善効果が高くなるとのことです。
 その日から、暇を見つけては、ピンポイント療法に励みました。電車に乗っているときなどは、始終、首の後ろを押しました。

 これを毎日続けていると、だんだんとめまいの頻度が少なくなっていきました。そして、診療所を訪れて2〜3ヵ月がたったころからでしょうか、めまいが起らなくなったのです。
 今年に入ってからは、料理をしているときのふらつきや、道を歩いているときのフワフワ感も、全くなくなりました。おかげで、駅のホームを歩くときも、人をよけながら、どんどん歩けるようになったのです。

 ところで、私は、以前は耳鳴りもありました。トントンといいう軽い音で、それほどひどくはなかったのですが、夜寝るときに気になっていたのです。そんな耳鳴りも、ピンポイント療法を始めてからは起こらなくなりました。
 ちなみに、最近はめまいがしなくなったので、ついピンポイント療法をやるのを忘れてしまうことがあります。すると、体調が悪くなることもあるので、また毎日欠かさずにやらないといけないと、自分にいい聞かせています。

 とはいえ、もう以前のようなつらいめまいに悩まされることはありません。めまいがあったときは、外出するのが不安で、家に閉じこもりがちでしたが、今では自信を持って一人で外出できます。おかげで、「新しい洋服を買いに行こう」などという、楽しい気持ちにもなれました。

脊柱管狭窄症で滞った 神経の流れもよくなる(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長 松久 正)

 めまいも、根本的には神経の流れの乱れからきています。一般の病院に行っても、診察する際にそれをチェックできないので、なかなか治らないのです。
 その点、ピンポイント療法を行うと、脊柱管狭窄症で滞っていた神経の流れがよくなります。その結果、田所さんのように、めまいが改善するのです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)
更新: 2019-06-09 18:00:00
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt