MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【きくち体操とは】脳と体をつなぐ足指体操 糖尿病の改善 脳梗塞後のリハビリに効果

【きくち体操とは】脳と体をつなぐ足指体操 糖尿病の改善 脳梗塞後のリハビリに効果

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)

解説者のプロフィール

菊池和子(きくち・かずこ)
1934年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。
体育教師を経て「きくち体操」を創始。「動くことは、なぜ心と体によいのか」という素朴な疑問から出発し、「体をどう動かすと、体のどこにどういいのか」体のしくみを50年以上にわたり研究・実践し、確立した「健康に直結する動かし方」の集大成。
脳とのつながりに着目し、体を脳で感じ取る体操は、性別・年齢を問わず多くの支持を得ている。
著書は『はじめての「きくち体操」』(講談社)、『足の裏を刺激して一生歩ける体になる!きくち体操』(宝島社)など多数。

鍛えるのではなく体を育てる体操

私が「きくち体操」を創始して50年以上が経ちました。
「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。

難しい体操は1つもありません。
手足の「グーとパー」や「足首回し」など、わかりやすい動きばかりです。

例えば、足の「グーとパー」なら、足の指を見て、さわり、1本1本をしっかり意識して動かし、その感覚や変化を感じ取ることを大切にします。

このように体の感覚を感じ取るのは「脳」の働きです。
脳は、体のすべての器官とつながっています。
足の指に「動け!」と指令しているのも脳です。

私たちが足の指を意識して動かしているときは、足の指だけでなく、足の指とつながる脳も刺激しています。「この指を動かそう」と体に意識を向けることで、脳はどんどん活性化します。

体を意識して動かす「きくち体操」は、体と脳をつなげる体操でもあります。

体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。

きくち体操は「体と脳をつなげる」体操なので、筋肉に意識を向けて感じ取りながらゆっくり動かすのがポイント

両脚切断の危機を脱出した例も

「きくち体操」の教室にはいろいろな生徒さんがお見えになります。

きれいになりたい、最期まで自分の足で歩きたい、体の不調をなんとかしたいと動機はさまざまです。

最初は体が硬くて痛い、きついなどと言う生徒さんでも、動かない筋肉に意識を向けて動かしていくうちに、徐々に体が動くようになります。

体を動かすことで体が変わると本人が感じ取れたときから、体はよみがえってきます。

「きくち体操」に真剣に取り組まれたかたは、体や心のさまざまな変化を実感されています。

ひざ痛や腰痛が治った、五十肩が治り腕を上げられるようになった、更年期障害から解放された、骨量が増え骨粗鬆症が改善した、ウエストが締まりおなかがひっこんだ。
高めの血圧や血糖値が安定した、不眠が解消した、夜中のトイレの回数が減った……。 

なかには、私も驚くような変化を遂げられたかたもいます。

Jさん(男性・75歳)は、50歳のとき糖尿病と診断されました。
それから10年、糖尿病は深刻な状態になりました。検査値は、治療困難領域とされる数値を大幅に上回っていました。
「このままでは足を切断する可能性もあるし、目が見えなくなるかもしれません」と医師に告げられ、Jさんは大慌てでジム通いを始めました。
3カ月で10㎏ほどやせましたが、ジム帰りのビールがやめられません。

とうとう医師に「なんの努力もしないなら、来なくていい」とさじを投げられてしまいました。
Jさんは心機一転、ジム通いをやめ、奥さんに勧められ「きくち体操」の教室に入ると、毎日じっくり体操に取り組みました。

入会して2年、85㎏あった体重が62㎏に、ウエストは23㎝も細くなりました。
さらに2年後、検査値は正常範囲におさまりました。

「失明寸前の状態から自力で正常値に戻るのは、30~50万に1人と言われました」とJさん。
今も教室に通っておられます。

また、脳梗塞になって倒れた生徒さんは、足の指を動かし続けて、ちゃんと回復しています。

このような例は信じられない、奇跡のようだと思うかたがいるかもしれません。
しかし、体を絶対によくしようという強い思いを持ち、心を込めて体を動かせば、誰にでも体をよくする力が備わっているのです。

その力を引き出すお手伝いをするのが「きくち体操」なのです。

健康は足の指から始まる

「きくち体操」では、つま先から頭まで、全身をくまなく動かしますが、今回は基本中の基本である「足の指を育てる体操」をご紹介しましょう。

足の指は体の起点です。足の裏から足首、ふくらはぎ、ひざ、ももを経由して骨盤、背骨へとつながっています。

足の指が弱ると、それにつながる脚の筋肉と、筋肉がつないでいる骨や関節も弱くなり、足元がおぼつかなくなるといった事態が起こります。
すべては足の指から始まるのです。

今、足に不調を感じていてもあきらめることはありません。
「きくち体操」を続ければ体は変わります。体はよくしようと思いをかけて動かせば、やっただけ必ず応えてくれます。

「きくち体操」では、体をまるごと1つの「命」ととらえています。
足の指でしっかりグーとパーをする、足首をゆっくり回すなど、体を動かすときには、自分の命だと思ってするのです。

毎日体を動かし、体に向き合っていると、体や命に感謝する気持ちも湧いてきます。
自分の命に感謝するようになると、家族や友だち、周囲の人にも感謝の気持ちが湧いてきて、やさしく接するようになります。

「きくち体操」の生徒さんの感想には、「家族から、笑顔が増えたと言われます」「子どもを怒らなくなりました」という声もしばしば聞きます。

「きくち体操」は、体を動かすことを通して、体に感謝し、命に感謝し、心と体を育てる体操なのです。

次の記事ではきくち体操のやり方をご紹介しましょう。

健康雑誌『ゆほびか』 2018年9月号で「きくち体操」を特集しています!

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt