【きくち体操とは】脳と体をつなぐ足指体操 糖尿病の改善 脳梗塞後のリハビリに効果

【きくち体操とは】脳と体をつなぐ足指体操 糖尿病の改善 脳梗塞後のリハビリに効果

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


解説者のプロフィール

菊池和子(きくち・かずこ)
1934年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。
体育教師を経て「きくち体操」を創始。「動くことは、なぜ心と体によいのか」という素朴な疑問から出発し、「体をどう動かすと、体のどこにどういいのか」体のしくみを50年以上にわたり研究・実践し、確立した「健康に直結する動かし方」の集大成。
脳とのつながりに着目し、体を脳で感じ取る体操は、性別・年齢を問わず多くの支持を得ている。
著書は『はじめての「きくち体操」』(講談社)、『足の裏を刺激して一生歩ける体になる!きくち体操』(宝島社)など多数。

鍛えるのではなく体を育てる体操

私が「きくち体操」を創始して50年以上が経ちました。
「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。

難しい体操は1つもありません。
手足の「グーとパー」や「足首回し」など、わかりやすい動きばかりです。

例えば、足の「グーとパー」なら、足の指を見て、さわり、1本1本をしっかり意識して動かし、その感覚や変化を感じ取ることを大切にします。

このように体の感覚を感じ取るのは「脳」の働きです。
脳は、体のすべての器官とつながっています。
足の指に「動け!」と指令しているのも脳です。

私たちが足の指を意識して動かしているときは、足の指だけでなく、足の指とつながる脳も刺激しています。「この指を動かそう」と体に意識を向けることで、脳はどんどん活性化します。

体を意識して動かす「きくち体操」は、体と脳をつなげる体操でもあります。

体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。

きくち体操は「体と脳をつなげる」体操なので、筋肉に意識を向けて感じ取りながらゆっくり動かすのがポイント

両脚切断の危機を脱出した例も

「きくち体操」の教室にはいろいろな生徒さんがお見えになります。

きれいになりたい、最期まで自分の足で歩きたい、体の不調をなんとかしたいと動機はさまざまです。

最初は体が硬くて痛い、きついなどと言う生徒さんでも、動かない筋肉に意識を向けて動かしていくうちに、徐々に体が動くようになります。

体を動かすことで体が変わると本人が感じ取れたときから、体はよみがえってきます。

「きくち体操」に真剣に取り組まれたかたは、体や心のさまざまな変化を実感されています。

ひざ痛や腰痛が治った、五十肩が治り腕を上げられるようになった、更年期障害から解放された、骨量が増え骨粗鬆症が改善した、ウエストが締まりおなかがひっこんだ。
高めの血圧や血糖値が安定した、不眠が解消した、夜中のトイレの回数が減った……。 

なかには、私も驚くような変化を遂げられたかたもいます。

Jさん(男性・75歳)は、50歳のとき糖尿病と診断されました。
それから10年、糖尿病は深刻な状態になりました。検査値は、治療困難領域とされる数値を大幅に上回っていました。
「このままでは足を切断する可能性もあるし、目が見えなくなるかもしれません」と医師に告げられ、Jさんは大慌てでジム通いを始めました。
3カ月で10㎏ほどやせましたが、ジム帰りのビールがやめられません。

とうとう医師に「なんの努力もしないなら、来なくていい」とさじを投げられてしまいました。
Jさんは心機一転、ジム通いをやめ、奥さんに勧められ「きくち体操」の教室に入ると、毎日じっくり体操に取り組みました。

入会して2年、85㎏あった体重が62㎏に、ウエストは23㎝も細くなりました。
さらに2年後、検査値は正常範囲におさまりました。

「失明寸前の状態から自力で正常値に戻るのは、30~50万に1人と言われました」とJさん。
今も教室に通っておられます。

また、脳梗塞になって倒れた生徒さんは、足の指を動かし続けて、ちゃんと回復しています。

このような例は信じられない、奇跡のようだと思うかたがいるかもしれません。
しかし、体を絶対によくしようという強い思いを持ち、心を込めて体を動かせば、誰にでも体をよくする力が備わっているのです。

その力を引き出すお手伝いをするのが「きくち体操」なのです。

健康は足の指から始まる

「きくち体操」では、つま先から頭まで、全身をくまなく動かしますが、今回は基本中の基本である「足の指を育てる体操」をご紹介しましょう。

足の指は体の起点です。足の裏から足首、ふくらはぎ、ひざ、ももを経由して骨盤、背骨へとつながっています。

足の指が弱ると、それにつながる脚の筋肉と、筋肉がつないでいる骨や関節も弱くなり、足元がおぼつかなくなるといった事態が起こります。
すべては足の指から始まるのです。

今、足に不調を感じていてもあきらめることはありません。
「きくち体操」を続ければ体は変わります。体はよくしようと思いをかけて動かせば、やっただけ必ず応えてくれます。

「きくち体操」では、体をまるごと1つの「命」ととらえています。
足の指でしっかりグーとパーをする、足首をゆっくり回すなど、体を動かすときには、自分の命だと思ってするのです。

毎日体を動かし、体に向き合っていると、体や命に感謝する気持ちも湧いてきます。
自分の命に感謝するようになると、家族や友だち、周囲の人にも感謝の気持ちが湧いてきて、やさしく接するようになります。

「きくち体操」の生徒さんの感想には、「家族から、笑顔が増えたと言われます」「子どもを怒らなくなりました」という声もしばしば聞きます。

「きくち体操」は、体を動かすことを通して、体に感謝し、命に感謝し、心と体を育てる体操なのです。

次の記事ではきくち体操のやり方をご紹介しましょう。

【次の記事】きくち体操のやり方

健康雑誌『ゆほびか』 2018年9月号で「きくち体操」を特集しています!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

職場で使用しているスリッパを使って10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。【体験談】小原栄子(会社員・59歳)


【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)


毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

酢キャベツを食べ始めると、期待どおり、少しずつ体重が落ちていきました。体重が落ちたおかげか、10年来の悩みだった、両ひざの痛みが軽くなりました。右ひざは、ほとんど痛みません。たまに左ひざが痛みますが、それでも以前に比べたら、だいぶ楽になりました。【体験談】内藤ナツイ(主婦・67歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)