【きくち体操】なぜ「足指」で効果があるのか 始める前に足指チェック!

【きくち体操】なぜ「足指」で効果があるのか 始める前に足指チェック!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】


きくち体操の解説はこちら

自分の足の指をチェックしよう

まずチェック項目で、自分の足の指がどんな状態か、チェックしてみましょう。
はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。よく見ることは、そこに意識をもっていくので重要なことです。



□指は1本1本離れていますか? 
指はまっすぐ伸びていますか?
指同士がくっついたり、重なったりしていたら、指の力が弱っています。足の指が曲がったり外反母趾ができたりしているのも、指の力が弱っていて体を支えられず、正しく歩けていません。

□タコや魚の目はありませんか?
歩くときは、足の指全部で地面を蹴って前に進みます。足の指が弱っていると、地面を蹴って歩くことができなくなり、足の裏にかかる重心がずれる影響で、タコや魚の目ができたりします。靴だけが原因ではありません。

□指の1本1本を意識できますか?
立った状態で自分の足の指を見て、親指から小指まで、足の指1本1本を意識できますか? 誰かに自分の足の指をさわってもらったとき、どの指か、正確に答えられますか? 
意識できなかったり、指の感覚がぼんやりしていたりする場合、脳と指のつながりが悪くなっています。

□足の指で「グー」と「パー」ができますか?
足の指1本1本にしっかり力を入れて「グー」ができますか?「パー」をするとき、すべての指は均等に開きますか?
右足も左足も同じようにできますか?できない人は、脳とつながっていないか、指をしっかり使って歩いていません。

足の指が弱れば全身に悪影響が及ぶ

足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。
「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。

「きくち体操」の教室では、「体のしくみ」を知ってもらうために、骨格や筋肉の解剖図を使って説明しています。
体のどこをどう動かすと、どういいのかを理解してもらうためです。
体のしくみを理解して体操をするのと、漠然と動かすのとでは、効果は雲泥の差があります。

では、足の指はどこから始まっているかご存じですか?

足の指が分かれる指のつけ根のところと思っていませんか?

足の指でグーを作ってみてください。
甲側にポコポコとした出っ張りができます。
ここが足の指の第1関節で、足の指の始まりです。

足の裏側では、指のつけ根の下に広がるゾーンに第1関節があります。
ここから指を使うように動かすことで、指の衰えを防ぐことができます。

足の指は、脚へとつながる筋肉の起点であるだけでなく、全身の筋肉へとつながっています。
ですから、足の指を育てれば、全身が刺激され、体が本来のしなやかさを取り戻してくれます。
逆に、足の指が弱れば、脚力が衰えるだけでなく、全身に悪影響が及ぶのです。

「きくち体操」では、体を部分ではなく、頭のてっぺんからつま先まですべてつながっているととらえています。
足の指も、体全体のつながりの中で見ていきます。

足の指の甲側は、足の指1本1本の筋肉が、甲の筋肉になり、それが集まって足首のところで幅広い腱でしっかり束ねられています。
この構造のおかげで、足の指に力が入り、踏みしめて歩いたり、ふんばれたりできるのです。

足の指の裏側は、指1本1本の筋肉が足の裏になり、かかとからアキレス腱につながって、ふくらはぎ、ひざ、太もも、お尻、腰、おなかにつながっていきます。

指の1本1本を意識して動かすことで体は変わる

足の指をじっくり見ながら、手でさわり、丁寧に足の指を動かすことは、足の指だけの体操ではありません。

それとつながる、ひざ、太もも、お尻、腰などすべての筋肉を強くし、そして脳を目覚めさせる体操でもあるのです。

足の指を動かすとき、「今、この指を使っている」「この指をしっかりさせよう」と足の指1本1本に意識を向けていけば、それはすべて脳につながります。
これまで使えていなかった筋肉が目覚め、指の力、足の裏の力を育てることができるのです。

足の指に力がつくと、地面をしっかり蹴って歩けるようになり、重心も正しくなり、姿勢がよくなって体のゆがみが取れ、腰痛、膝痛、股関節痛、肩こりも解消します。
足の裏の魚の目やタコも改善していきます。

しっかり歩く脚力がつくので動けるようになり、全身の血流がよくなって内臓の働きも活発になります。
足の指を動かすたびに脳は活性化し、頭はすっきり、気分も明るくなります。

足の指の1本1本がそれぞれの脳とつながっている

きくち体操のやり方

解説者のプロフィール

菊池和子(きくち・かずこ)
1934年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。体育教師を経て「きくち体操」を創始。「動くことは、なぜ心と体によいのか」という素朴な疑問から出発し、「体をどう動かすと、体のどこにどういいのか」体のしくみを50年以上にわたり研究・実践し、確立した「健康に直結する動かし方」の集大成。脳とのつながりに着目し、体を脳で感じ取る体操は、性別・年齢を問わず多くの支持を得ている。著書は『はじめての「きくち体操」』(講談社)、『足の裏を刺激して一生歩ける体になる!きくち体操』(宝島社)など多数。

健康雑誌『ゆほびか』 2018年9月号で「きくち体操」を特集しています!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

以前は、足の指や裏の感覚があいまいでした。けれど、今では歩く、立つなどしたとき、すべての指をはっきり感じられます。足の感覚が戻った頃、左の親指のつけ根の角度が小さくなり、外反母趾が改善したことを実感しました。また、小指の陥入爪も改善しました。【体験談】Y・T(仮名・会社員・50歳)


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


「きくち体操」が効果 脳腫瘍による左半身麻痺から回復できた!

「きくち体操」が効果 脳腫瘍による左半身麻痺から回復できた!

足首や足の指が回復するのは、100人中、2人か3人とリハビリの先生から説明されても、私はめげませんでした。その2~3人の中に、自分が入ればいいと思ったのです。私が希望を失わずいられたのは、「きくち体操」があったからです。【体験談】鈴木知子(仮名・主婦・74歳)


190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

外反母趾の相談をするために整体に行きました。そこで「足の親指(母趾)を回すと外反母趾が改善する」と教えてもらいました。さらに、私が血圧の話をしたところ「それなら、足首も回すといいですよ」といわれたのです。【体験談】田坂理恵子(仮名・主婦・66歳)


【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

足の皮膚にトラブルで多いのは、なんといっても水虫(白癬)と、タコ・ウオノメです。水虫は白癬菌という菌による感染症ですから治療が必要です。一方、タコ・ウオノメは日常的には困りませんが、靴に当たって痛い場合にはやはり治療が必要になります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)