医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

緊張する場面で効果!ここ一番で聞きたい最大の癒し曲「心音」とは

緊張する場面で効果!ここ一番で聞きたい最大の癒し曲「心音」とは

「世界一の癒される音を作りたい」という思いから、母親の胎内で聴いていた心臓の鼓動する音=心音に着目し研究、企画開発をしています。赤ちゃんに心音を聴かせたかたのアンケートで約95%が「寝かしつけに効果があった」と回答。同時に「お母さん自身が落ち着いた」という回答が約84%もあったのです。【解説】河野靖美(心音調律士) 


解説者のプロフィール

河野靖美(かわの・やすみ)
心音調律士。
宮崎県出身。広島大学生物生産学部卒業後、教育系企業勤務時に胎児期の研究や心理学に触れる。2008年に宮崎県へ帰郷。2009年にリリースした「安心音」が同年、東京ビジネスサミットでグランプリ受賞。2012年に株式会社Heart Bestを設立。代表取締役。心音研究を元に企画・プロデュースをし、これまでに4000人近くの心音CDをオーダーメイドで制作。心音に関するイベントや講演を行っている。音源提供に『赤ちゃんが泣きやむ!すぐ眠る!「ママの心音」CDブック』(マキノ出版)『聞くだけで赤ちゃんがすくすく育つCDブック』(PHP研究所)などがある。2017年LED九州女性起業家応援プロジェクトファイナリスト。心音CDはテレビやラジオ、新聞などで度々紹介されている。

想像以上だった大人への癒し効果

私は「世界一の癒される音を作りたい」という思いから、母親の胎内で聴いていた心臓の鼓動する音=心音に着目し研究、企画開発をしています。
そして、これまで約10年の間に、4000人近くの心音を録音し、CDをオーダーメイドで制作しました。

当初、胎内で聴いていた音を再現することで赤ちゃんが癒されることを目的にしていたので、オーダーするのは、主に妊婦さんや、育児中のお母さんでした。

しかし現在は、会社員の男性がご自分のリラックスのため、さらには高齢のかたが生きた証として記念に作られるなど、さまざまなご依頼をいただいています。
にも注目いただき、NHKの「あさイチ」をはじめ、テレビや雑誌でも、たびたびご紹介させていただきました。

赤ちゃんに心音を聴かせたかたにアンケートをしたところ、約95%が「赤ちゃんの寝かしつけに効果があった」と回答しました。
赤ちゃんにとって、お母さんの心音はおなかの中でずっと聴いていた音ですから、この音を聴くと安らぐというのは、ある意味想定通りでした。

同時に、「お母さん自身が落ち着いた」という回答が約84%もありました。そのほか、色々なご意見もいただきました(下図参照)。

 実はこの結果には、心音が持つ、大人への癒しにつながる大きな秘密があります。

感受性のマヒを解放し心身を癒す心音

「癒し」とは、本来、外から与えられるものではなく、自分自身に備わっている働きのことです。
私たちは自分自身で、不安定な心と身体を調律する、つまり癒すことができるのです。

そのためにはまず、自分の内側へ向かう意識を解放し、今の状態を感じることが重要です。大まかに言えば、快と不快を感じることです。

ただ、現代はストレス社会です。
多忙な日々、仕事や人間関係での慢性的な緊張や不安があり、インターネットやメディアからの多大な情報を処理しなければなりません。
過剰なストレスに、感受性をマヒさせているかたも多いように思います。

すると、自分自身の快や不快という〝心と体の声〟をキャッチしにくくなります。
常に緊張状態で、交感神経(心拍数や血圧を上げるなど全身の活動力を高める神経)が働きっぱなしで、心拍は上がり、心身は消耗し、イライラします。興奮状態で、疲れているのに眠れなかったり、さまざまな不調が現れたりします。

そんなときに心音を聴くことで、マヒした心が解放され、不安定な自分の心が調律されることで、バランスのいい状態に戻すことができるのです。

心音の特質は、低音域中心なので耳で聴くだけでなく、全身の細胞から振動を受け取ることができます。
今回CDに収めた心音は、1分間の心拍数が51〜52回です。
安静時の心拍数は60~70回ですから、かなりゆったりとしたリズムです。

私たちは、五感で感じたものに自然と同調すると言います。
ですから、心地よさをもたらす1/fゆらぎが含まれた心音を聴いているうちに、自然とゆったりした状態に導かれていくはずです。 

また、心音は声と同じように、一人ひとりかなり響きが違います。
今回はこれまで録音した心音の中でも、最高に癒される妊娠中のかたの心音を、ご本人の許可を得て使わせていただいています。

CDには心音のみの音源と、心音に癒し効果の高い高千穂の自然音をミックスした音源、2種類の音源を収録しました。まれに「心音だけ聴くと怖い感じがする」というかたがいらっしゃいます。
自身の内面に響く音ですから、ストレスやトラウマにより、ふたをしていた感情が出てくるのかもしれません。

出てきた感情を受け止めることで、心がクリアになりますので、無理のない範囲で聴いてみてください。
まずは自然音とミックスした心音(トラック2)から聴き始め、慣れてきたら心音のみを聴くとよいでしょう。

現代の生活は交感神経が優位に傾きやすいので、心音でリラックスするためには、どのタイミングで聴いてもよいと思います。

人はリラックスしているときに一番エネルギーが満ち、最高のパフォーマンスができますので「よし! がんばるぞ!」と、ここ一番のときにもご活用ください。

ただ、車の運転中などは、リラックスし眠気を誘いますのでご注意ください。

無料視聴「癒しの心音CD」

「本来の自分」に戻してくれる!

そもそも、心音CDを作ったきっかけは、自分自身が極度のストレス状態を体験したことです。

私は、子ども2人を抱えて離婚しました。子どもたちにも精神的な不安を与えていたかもしれないし、私自身も人生最悪のネガティブな気持ちでした。

極度のストレスの中で、「人生の中で究極に安心な環境って、なんだろう?」と考えました。

その答えが、お母さんのおなかの中の環境だったのです。
栄養が与えられ、寒くも暑くもなく、羊水に浮かんでいつも守られている、人生で一番安心できていたとき。
そして、生きる力に満ちていたとき。
この環境で聴き続けていたのが、母の心音でした。

実際、心音を聴くことで、自分自身を調律し、本来の自分にしたがって生きることができるようになり、心も体も健康で幸せな人生になったのです。

健康雑誌『ゆほびか』 2018年9月号で「癒しの心音CD」を特集しています!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)


【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


ストレスは寝る前に解消! リラックスして眠りにつくための「呼吸」をマスター

ストレスは寝る前に解消! リラックスして眠りにつくための「呼吸」をマスター

不眠の原因はさまざまですが、最近多いのは「昼間のストレスを解消しきれず、なかなか寝つけない」というタイプです。そんなとき、脳の興奮を鎮め、心身をリラックスさせるのが、4・7・8呼吸です。入浴中や寝室に入る前、布団に入ってから行ってもけっこうです。【解説】本田宏(外科医・前栗橋病院院長補佐)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)