【耳鳴りの治し方】難聴、めまいにも効果 リンパの流れをよくするセルフケアはこれ

【耳鳴りの治し方】難聴、めまいにも効果 リンパの流れをよくするセルフケアはこれ

私の治療院には、突発性難聴に悩む患者さんが、たくさん訪れます。突発性難聴というのは原因不明の病気で、ある日突然に明らかな原因もなく、通常、片側の耳が聴こえなくなる病気です。【解説】藤井德治(一掌堂治療院院長)


患者の首のV字筋が目立って浮き出ていた

 私の治療院には、突発性難聴に悩む患者さんが、たくさん訪れます。

 突発性難聴というのは原因不明の病気で、ある日突然に明らかな原因もなく、通常、片側の耳が聴こえなくなる病気です。また、耳鳴りや耳づまり(耳閉感)、めまいなどの症状も起こります。
 日本では、年間約3万5000人がこの突発性難聴を発症し、約70%の人は、そのまま改善することなく、難聴者になるとされているのです。

 ところで、突発性難聴は耳だけの問題と思われるかもしれません。しかし、実は「首」と深い関係があります。私がそのことに気づいたのは、患者さんを治療しているときでした。

 首には、胸鎖乳突筋という筋肉があります。これは、肩を動かさずに、頭だけ右にひねって右を見たときに浮かび上がる、左耳の後ろから鎖骨の内側をつなぐ筋肉です。つまり、首の前から左右の耳の下までを、V字型に走っている筋肉といえます。

 患者さんに横向きに寝てもらうと、突発性難聴の人は、例外なく胸鎖乳突筋(首のV字筋)が目立って浮き出ているのです。そして、その胸鎖乳突筋をさわってみると、筋肉がひどく緊張して、かたくなっています。

 そこで、私は、ある突発性難聴の患者さんの首のV字筋を、鍼やマッサージでほぐしてみました。すると、その場で症状の改善が見られたのです。

 さらに、10回ほど治療を行ったところ、なんと突発性難聴が完治しました。
 それ以来、ほかの患者さんにも、首のV字筋のコリをほぐす施術を行うようになったというわけです。そうしたところ、症状が驚くほど改善する人が続出しました。

内耳への血流やリンパの流れを改善

 なぜ、首の筋肉をほぐすと、突発性難聴が改善するのでしょうか。

 首のV字筋は、首の左右両側、耳の後ろにある骨から、左右の鎖骨と胸骨が接するところを結んでいます。首のV字筋のコリが強くなると、首がV字型に締めつけられる形となり、その下を走っている血管の血流が著しく悪くなります。すると、首から上に血液が流れにくくなり、代謝も損なわれます。首のV字筋は、その末端が耳の奥にある内耳まで伸びているので、コリがひどくなれば、耳の血流も悪化するのです。

 私たちの体には、体内の老廃物や毒素、余分な水分を運び出すリンパ液が流れていますが、首のV字筋のコリは、リンパ液も流れにくくします。リンパ液が耳にたまると、耳鳴りや難聴が起こります。

 また、目にも房水などの体液が循環しています。やはり、房水が流れにくくなると、眼圧が高くなって緑内障になります。頭で血液の循環が悪くなれば片頭痛が起こります。

 さらに、首のV字筋のコリは、ホルモンの分泌やその働きにも悪影響を及ぼします。
 このように、頭部のさまざまな症状は、みんな首の筋肉のコリが関係していると考えられるのです。

 ちなみに、突発性難聴は、まだ原因不明で、難病とされています。ただし、内耳の循環障害によって起こるという説もあるので、首のV字筋のコリを鍼やマッサージでほぐし、内耳への血液やリンパの流れをよくすれば、突発性難聴が改善するはずです。
 そこで、私は独自に「首のV字筋マッサージ」を開発しました。そして、突発性難聴などの治療に、12年ほど前から活用しているのです。

耳鳴り、緑内障、不眠症、うつ病、更年期障害、不妊症、高脂血症、冷え症、足のむくみ、円形脱毛症、抜け毛の症状が改善

 すると、突発性難聴以外の症状にも、すばらしい効果を発揮することがわかりました。激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に起こる発作をくり返すメニエール病にも有効です。

 さらに、耳鳴り、緑内障、不眠症、うつ病、更年期障害、不妊症、高脂血症、冷え症、足のむくみ、円形脱毛症、抜け毛などのさまざまな症状が、次々と改善するようになったのです。

 これは、首のV字筋マッサージによって首のコリがほぐれたために、滞っていた血液、リンパ、ホルモンの流れがよくなったからでしょう。そうなれば、神経伝達物質のバランスが整い、自然治癒力が回復し、種々の症状が改善すると考えられます。

 治療院では、鍼とマッサージで首のV字筋の刺激を行いますが、家庭でも同様の効果を得るために、自分の手でマッサージをする方法があります。

❶ 首のV字筋の始点となる耳の後ろの出っ張りの骨を見つけ、その後ろ辺りに親指の腹を置きます。そのまま、約3秒かけて鼻から息を吸い、約2秒息を止めます。

❷ 次に、約10秒かけて口から静かに息を吐きながら、ゆっくり親指で首のV字筋を軽く押します。

❸首のV字筋の後ろ側に沿って指を下に少しずつずらしながら、鎖骨まで5〜6ヵ所押します。

 これを1〜3セット行ったら、反対側の首のV字筋も同様に押していきます。
 この首のV字筋マッサージは、1日に何回やってもかまいませんが、1日1回、夜寝る前には必ず行いましょう。ちなみに、おふろ上がりなど、筋肉が緩んでいるときにやるのが効果的です。

 突発性難聴は、発症してから時間がたつと、完治が難しくなります。できるだけ早く、病院での診療や治療を受けるべきです。そんなときに、このマッサージを併用すると、治りが早くなることがあります。

 耳の違和感や閉塞感があったら、まず、このマッサージをやってください。発症を回避できるかもしれません。
 突発性難聴だけでなく、先述したさまざまな症状に悩む人も、ぜひ試してください。

 なお、悪い姿勢やストレスは、首のV字筋のコリの原因となるので、注意が必要です。日ごろ、同じ姿勢をとらないようにしてください。ストレスは、その都度、発散するように心がけましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)