MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。【解説】清水一郎(おひさまクリニックセンター北院長)

文字どおりの「医者の不養生」

 20代後半に結婚したころ、私は身長が172㎝、体重66㎏の中肉中背タイプでした。
 その後、忙しさに追われて運動らしい運動もせず、飽食の日々を送っているうちに、どんどん太ってきたのです。「医者の不養生」という言葉がありますが、私の場合、文字どおりそれが当てはまります。

 そして、54歳になったとき、体重はとうとう98㎏になっていました。極端な高血圧であるだけでなく、脂質異常症と脂肪肝もあり、治療薬を飲まなければなりませんでした。

 その後は、さすがに食事制限に取り組み、体重を93㎏まで落としました。この時点では、これでなんとかやっていけると軽く考えていたのです。 

 転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。

フルマラソン参加を宣言してやる気を高めた

 そのころ、私は単身赴任をして独り暮らしを始めました。それをきっかけにして、積極的に生活改善に取り組もうと決意しました。

 栄養のバランスなどを考えて自分で食事を作るようにしたほか、ウォーキングとジョギングを始めたのです。なにしろ、そのころの私は、横断歩道や踏切をちょっと小走りで渡るだけで、心臓が飛び出しそうなほどの動悸に襲われていました。

 ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。私は、このようにして自分を追い込むことにしたのです。

 ウォーキングは、1.5㎞の距離を、週に3~4回歩くことから始めました。1ヵ月もすると、両ひざや筋肉に強い痛みが出ました。しかし、筋肉が痛むということは、筋肉が壊れて再生し、強くなっている証拠です。痛みが和らぐまでしばらく休むようにしたところ、以前より歩けるようになりました。その後は、とんとん拍子に距離が延びていったのです。

 その後、ウォーキングからジョギングへと移行し、その距離も3㎞、5㎞と延びていったのです。ジョギングを始めて3ヵ月ほど経つと、10㎞走れるようになりました。
 そして、ついにフルマラソンに挑戦。6時間かけて完走できたのです!

生活を改善すれば糖尿病は「消せる」!

 運動を始める前の、2012年10月、体重は93.6㎏、BMIは32.0(肥満度を示す指数。25以上は肥満)、腹囲は111㎝という体形でした。また、食前血糖値は220㎎/㎗、ヘモグロビンA1cは7.3%と、正常値を大幅に上回っていたのです。

 最初のころは、ジョギングのために家を出るときに「走り終えたら、ごほうびに焼き肉を食べよう」と考えていました。しかし、走り続けているうちに、そんな気持ちにはならなくなりました。みそ汁とご飯だけで十分に満足でき、野菜がおいしく感じられてたくさん食べるようになりました。

 こうした生活を送っているうちに、私はどんどんやせていったのです。そして、1年後の2013年11月には、体重72.7㎏、BMI24.8、腹囲89.5㎝になったのです。体重は約21㎏も落ちました!

 また、血糖値は99㎎/㎗、ヘモグロビンA1cは5.4%となり、完全に正常値の範囲に下がりました。見た目も中身も、すっかり理想的になり、そればかりか、高血圧が解消し、脂質異常症や肝機能の数値なども改善したのです。

右の写真は、2012年10月前までの清水先生。体重は93.6㎏、腹囲は111㎝あった。そして、2013年11月には、体重は72.7㎏、腹囲は89.5㎝まで減少し、こんなにスリムに大変身!

糖尿病は「完治」はしないが、「消す」ことのできる病気

 振り返れば、ジョギングをダイエットや糖尿病改善のために始めていたら、ここまで続かなかったでしょう。私の場合、「フルマラソンを走る」という究極の目標があったからこそ、がんばれたのだと思います。 

 糖尿病の治療において、食事と運動、両面での生活改善がどんなに大切か、そして、それを実現することがどんなに難しいか、私は身をもって知ることになりました。
 かつて、不健康な体にもかかわらず、患者さんに健康の大事さを説いていたことを思い出すと、恥じ入るばかりです。これからは、胸を張って患者さんに寄り添う医療を実現していきたいと考えています。

 糖尿病は「完治」はしませんが、「消す」ことのできる病気です。まず自分の生活をしっかり見つめ直し、改善点を見つけたら、あとは積極的に取り組めばいいのです。その際、私のように目標を立て、そこに向けてがんばると、成果も上げやすいでしょう。私の体験が、皆さんのヒントになるなら、これほど幸せなことはありません。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)
更新: 2018-09-17 18:00:00
糖尿病に対して、運動療法は食事療法と並んで重要な治療手段として推奨されています。でも、なぜ運動によって血糖値が下がるのかは、従来よくわかっていませんでした。そして、運動しているときには、筋肉細胞中の「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めたのです。【解説】藤井宣晴(首都大学東京大学院教授)
更新: 2018-09-11 20:00:00
年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)
更新: 2018-05-25 15:12:30
かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長) 
更新: 2018-03-10 16:30:00
運動療法と食事療法は、糖尿病治療における両輪ともいえる治療法です。日本の糖尿病治療のガイドラインでは、まず食事と運動の指導を行い、その上で、必要に応じて薬を用いることが推奨されています。では、運動することは、なぜそれほどまでに重要なのでしょうか。【解説】平野勉(昭和大学医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)
更新: 2018-09-13 16:05:49
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt