MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
私の血糖値をどんどん下げたツボ「太ももの1点押し」の効果

私の血糖値をどんどん下げたツボ「太ももの1点押し」の効果

なんとか数値を下げなければと必死だったので、太ももの1点押しに加えて、食事にも配慮するようにしました。すると血糖値がどんどん下がり始め、ついに正常値になったのです。もっとも治療薬を飲んだうえでの数値ですが、以前は薬を飲んでいるのにどんどん上がっていたのですから大きな進歩だと思います。【体験談】田宮伸治(会社員・45歳)

264ミリの血糖値が 102ミリに急降下!

 糖尿病になった30代半ばの私は、身長が167㎝で、体重が75㎏ありました。やや肥満気味でかなり酒を飲むので、その影響も大きかったと思います。 
 健康診断で、血糖値が高いと指摘されて再検査を受け、治療薬を飲み始めました。

 しかし、いくら薬を飲んでも血糖値は下がりませんでした。それどころか、昨年4月に受けた健康診断では、血糖値が264㎎/㎗で、ヘモグロビンA1cはついに9%を超えました。治療薬を飲んでこの数値なので、困り果ててしまいました。

 そんな私を救ってくれたのが、佐々木整体治療院院長の佐々木繁光先生でした。先生にお世話になったのは、1年ほど前、ギックリ腰になったことがきっかけです。友人の勧めで先生の治療院に通うようにしたところ、ギックリ腰だけでなく、首の痛みも楽になったのです。

 先生の治療院では、首や腰といった部位別の治療はもちろん、糖尿病の治療も行っているとのことでした。私自身、糖尿病で悩んでいたので、相談してみました。そこで先生から勧められたのが、「太ももの1点押し」という方法です。

 私は早速、入浴中や寝る前などに行いました。1回にかける時間は、3分くらいでしょうか。なんとか数値を下げなければと必死だったので、太ももの1点押しに加えて、食事にも配慮するようにしました。

 すると、血糖値がどんどん下がり始め、昨年の9月には、血糖値が102㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが6.1%と、ついに正常値になったのです。

 もっとも、治療薬を飲んだうえでの数値ですが、以前は、薬を飲んでいるのにどんどん上がっていたのですから、大きな進歩だと思います。病院の担当医も、急に、しかも大幅に数値が改善したので、大変驚いていました。

疲れにくくなりのどの渇きも解消!

 血糖値が高かったときは、常に疲れやすく、のどの渇きを感じることがよくありました。夜は、熟睡できずに、何度もトイレに立っていました。

 それが、佐々木先生のところでケアをしてもらうようになって以来、朝まで熟睡できるようになり、夜、トイレに立つことはほとんどなくなりました。

 そして、太ももの1点押しの効果で血糖値が低くなるにつれて、疲れにくくなり、のどの渇きを覚えることもありません。

 こういっては失礼ですが、佐々木先生のところで全身のケアを始めたとき、まさかここまで効果が上がるとは思ってもみませんでした。先生に出会わなければ、きっと私はまだ、血糖値もヘモグロビンA1cも下がらず悩んでいたに違いありません。佐々木先生には、心から感謝しています。

 最新のヘモグロビンA1cの数値は、6.2%です。担当医からは、これから薬を減らしていくといわれています。次の目標からは、薬なしで基準値をクリアすること。これからも太ももの1点押しを続けていけば、そう遠くない日に達成できると思っています。

インスリン分泌が悪い人股関節がかたい人に好適(佐々木整体治療院院長 佐々木繁光)

 太ももの1点押しで刺激するツボは、糖尿穴と呼ばれています。3年ほど前、糖尿病の患者さん10人を対象にツボ押しの前後で血糖値を測定したところ、全員の数値が下がったことを確認できました。

 糖尿病のうち、このツボ刺激が効くのは、膵臓からのインスリンの分泌が悪い人と、左の股関節がかたくなっている人です。肝臓が原因の場合は、この方法では効果がありません。糖尿穴を押しても血糖値が下がらなければ、肝臓の機能が低下している可能性があります。

 糖尿穴への刺激は、四十肩、ひざ痛や腰痛、座骨神経痛などの改善にも効果を発揮します。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-26 18:00:00
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:54:05
おならが止まらない、お腹にガスがたまるガス腹、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガス(おなら)も臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:53:47
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-03-25 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt