医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)


血糖値は500mg/dl、A1cは13%もあった!

 私は42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。自覚症状は特にありませんでしたが、当時の血糖値は、高いときで500㎎/㎗ほど。ヘモグロビンA1cは12~13%もあったのです。

 すぐに専門医を紹介され、インスリンをはじめとする、薬の投与が始まりました。
 それ以来、薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。医師に症状を訴えると薬を替えられ、そのたびに違った病気を発症するのです。

 たいてい夕方になると、低血糖を起こし、ひどいめまいや、重い頭痛、吐き気に悩まされます。めまいは、メニエール病と診断され、耳鳴りも常にありました。また、ホルモンの異常を起こし、バセドウ病(甲状腺の病気)も発症。10㎏ほど、やせてしまったのです。

 そんな折に『壮快』で、気血免疫療法会の鍼灸師・鳴海理恵先生の「爪もみ」健康法の記事を読み、興味を持ちました(やり方は下の図解を参照)。

 現代医学への不信感に加え、仕事を辞めたのを機に、自分で不調を治そうと決意。2年前、薬をいっさいやめ、気血免疫療法会の治療院に通いながら、爪もみを始めることにしました。

冷え症と耳鳴りが解消!HbA1cは8%に降下!

 私はウォーキングを日課にしているのですが、そのときに、歩きながら、爪もみをします。右手に10分、左手に10分、計20分かけて、どの指もまんべんなくもむようにしています。

 最初は、指の間からベタベタとした汗が驚くほど出てきて、体が解毒されているように感じました。もともと、ひどい冷え症でしたが、爪もみをしていたところ、手足に冷えを感じなくなってきたのです。

 気血免疫療法の治療を受けつつ爪もみを続けていたところ、耳鳴りが解消しました。さらに気づいたときには、血糖値が250㎎/㎗くらい、ヘモグロビンA1cは8%まで下がっていたのです。これには、病院の主治医も非常に驚いていました。

 今は病院に行くのをやめてしまったのでA1cは測っていませんが、血糖値は150㎎/㎗くらいで落ち着いています。これは薬を飲んでいた当時と同じ程度の値です。A1cも下がっているかもしれません。

 薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。

 私は食いしん坊なので、通院中は、食事制限がなにより苦痛でした。今は、好きな物を好きなように食べていても、不調は全くありません。友人からも、よく「パワフルじゃない! 元気そうね」と、いわれます。

 私にとって、爪もみは「爪もみ様様」(笑)。もはや、体調管理に欠かせないものです。

爪もみのやり方

自律神経バランスが整い免疫機能が向上した(VE&BI治療院院長・気血免疫療法会理事 鳴海理恵)

 爪もみは、自律神経のバランスを整えることで、全身の症状改善に役立つ健康法です。
 中村さんは糖尿病の発症以降も、薬の副作用により免疫機能が低下した状態でした。爪もみの実践で、体に本来備わる免疫機能が向上。血糖値降下につながったと考えられます。

 ただ、薬を自己判断でやめると低血糖などのリスクを伴うので医師などに相談しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


爪もみの効果 頭痛 吐き気

関連する投稿


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

科学的に耳の裏刺激の効果を検証したいと考えた私は、手軽に耳の裏を刺激できる耳かけ式磁気グッズを開発し、耳の裏を刺激したときのデータを取ることにしました。検証したのは「VDT症候群」の改善効果です。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


ぐるぐるめまいと吐き気改善に効果「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気改善に効果「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


最新の投稿


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

梅干しを家庭で漬けなくなった大きな理由は、なにより手間暇がかかること、そして減塩志向の高まりによるものと思われます。そこで紹介したいのが私の考案した「無塩梅干し」です。塩に漬ける工程がないので塩分量はゼロ。しかもたった1日で作れる、魔法のような梅干しなのです。【解説】小島みち子(料理研究家)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)