医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)


血糖値は500mg/dl、A1cは13%もあった!

 私は42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。自覚症状は特にありませんでしたが、当時の血糖値は、高いときで500㎎/㎗ほど。ヘモグロビンA1cは12~13%もあったのです。

 すぐに専門医を紹介され、インスリンをはじめとする、薬の投与が始まりました。
 それ以来、薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。医師に症状を訴えると薬を替えられ、そのたびに違った病気を発症するのです。

 たいてい夕方になると、低血糖を起こし、ひどいめまいや、重い頭痛、吐き気に悩まされます。めまいは、メニエール病と診断され、耳鳴りも常にありました。また、ホルモンの異常を起こし、バセドウ病(甲状腺の病気)も発症。10㎏ほど、やせてしまったのです。

 そんな折に『壮快』で、気血免疫療法会の鍼灸師・鳴海理恵先生の「爪もみ」健康法の記事を読み、興味を持ちました(やり方は下の図解を参照)。

 現代医学への不信感に加え、仕事を辞めたのを機に、自分で不調を治そうと決意。2年前、薬をいっさいやめ、気血免疫療法会の治療院に通いながら、爪もみを始めることにしました。

冷え症と耳鳴りが解消!HbA1cは8%に降下!

 私はウォーキングを日課にしているのですが、そのときに、歩きながら、爪もみをします。右手に10分、左手に10分、計20分かけて、どの指もまんべんなくもむようにしています。

 最初は、指の間からベタベタとした汗が驚くほど出てきて、体が解毒されているように感じました。もともと、ひどい冷え症でしたが、爪もみをしていたところ、手足に冷えを感じなくなってきたのです。

 気血免疫療法の治療を受けつつ爪もみを続けていたところ、耳鳴りが解消しました。さらに気づいたときには、血糖値が250㎎/㎗くらい、ヘモグロビンA1cは8%まで下がっていたのです。これには、病院の主治医も非常に驚いていました。

 今は病院に行くのをやめてしまったのでA1cは測っていませんが、血糖値は150㎎/㎗くらいで落ち着いています。これは薬を飲んでいた当時と同じ程度の値です。A1cも下がっているかもしれません。

 薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。

 私は食いしん坊なので、通院中は、食事制限がなにより苦痛でした。今は、好きな物を好きなように食べていても、不調は全くありません。友人からも、よく「パワフルじゃない! 元気そうね」と、いわれます。

 私にとって、爪もみは「爪もみ様様」(笑)。もはや、体調管理に欠かせないものです。

爪もみのやり方

自律神経バランスが整い免疫機能が向上した(VE&BI治療院院長・気血免疫療法会理事 鳴海理恵)

 爪もみは、自律神経のバランスを整えることで、全身の症状改善に役立つ健康法です。
 中村さんは糖尿病の発症以降も、薬の副作用により免疫機能が低下した状態でした。爪もみの実践で、体に本来備わる免疫機能が向上。血糖値降下につながったと考えられます。

 ただ、薬を自己判断でやめると低血糖などのリスクを伴うので医師などに相談しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


爪もみの効果 頭痛 吐き気

関連する投稿


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)


グルグルめまいを即改善!手首の特効ツボ「内関」の押し方・探し方

グルグルめまいを即改善!手首の特効ツボ「内関」の押し方・探し方

皆さんは、ふとしたときに起こるめまいや、さまざまな理由で起こる吐き気、乗り物酔いで困ったことはありませんか。そんな場合にお勧めしたいセルフケア法があります。それは、手首にある「内関」というツボを指圧する方法です。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


最新の投稿


重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

甘酒を寒天で固めてみたら大正解でした。甘酒だけよりも、圧倒的にお通じがよくなり、便の量や状態もいいのです。翌日から変化を実感し、1週間も経つと、腸が悪かったことを忘れるほど、快調になりました。トイレは数分でスッキリ。おならが頻繁に出ることも、頻尿もなくなりました。【体験談】上山直子(仮名・ウェブデザイナー・29歳)


【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

デコボコのついた舌を、漢方では「歯痕舌」といいます。この舌のむくみは、胃腸の水はけが悪く、水びたしになっている状態が舌に現れたもので、食べすぎや飲みすぎで胃腸が疲れている状態です。舌苔は、舌の粘膜を保護するという役目もありますから、ほどほどには必要です。【解説】平地治美(和光治療院・漢方薬局薬剤師・鍼灸師)


眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

あおむけになってひざを立て、自分のおなかを指で押してみてください。おなかが固くて、痛みを感じる場所がないでしょうか。痛みを感じるかたは、おなかの筋肉の緊張が不眠の主因かもしれません。そのような場合に、お勧めしたいセルフケア法があります。それが「わき腹ほぐし」です。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

久しぶりにくびれができたボディラインを見たときは正直、感動しました。以来、「ここ最近、食べすぎてるな」とか、「体重増えたかな」と思うと、キュウリのすりおろしを食べて、体重コントロールに役立てています。普段の食生活にプラスするだけなので本当に簡単です。【体験談】まちゃまちゃ(タレント)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)