医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

「耳の穴もみ」を行うとその場で、視力の改善を実感する人も少なくありません。視力改善効果は一時的なもので、時間が経つと元に戻ってしまいます。しかし、毎日行うことで、上がった視力が定着することも期待できます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


解説者のプロフィール

松岡佳余子(まつおか・かよこ)
アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師。
1948年、和歌山県生まれ。電気鍼による治療「良導絡」の開発者・中谷義雄医師の内弟子として、鍼灸修行をスタート。中国各地(上海、北京、瀋陽、鞍山)の中医薬大学、中医学院にて研修を行う。鍼灸をさらに発展させた手指鍼で、高い効果を上げる。『巻けば即やせ! 手のひらバンドダイエット』(マキノ出版)など著書多数。現在は、最新療法の研究と後進の指導に当たっている。

●アジアンハンドセラピー協会
http://asian-hand.jp/

実年齢よりも10歳若く見られる

 皆さんはふだん、耳の穴に指を入れることがありますか? 「かゆいときにちょっと入れるくらい」という人が、ほとんどではないでしょうか。

 今回ご紹介するのは、「耳の穴もみ」といって、耳の穴に指を入れて押し広げる健康法です。その場ですぐ、耳の聞こえがよくなったり、視界が明るくなって視力が上がったりする人が少なくありません。

 また、顔のたるみを改善する効果も高く、その場で顔が小さく引き締まったり、ほうれい線が薄くなったりしたという声も多く聞かれます。毎日行うことで、長年悩まされていた耳鳴りが半減した人や、高血圧の薬が減ったという人もいます。

 私自身も毎朝、起床後に行っています。すぐに頭がスッキリし、目がパッチリ開くので、起き抜けの顔には見えません。いわゆる「目力」が出るのです。私は現在70歳ですが、耳の穴もみなどのセルフケアのおかげで、最近、実年齢よりも10歳くらい若く見られることが多くなりました。

 朝、顔がむくんだり、まぶたが重くなったりする人は、ぜひ試してください。口もとやほおも上がって若返ります。

不調を抱える人は耳の穴が小さい!

 なぜ、耳の穴を刺激するだけで、このような変化が現れるのでしょうか。
 耳の近くには、脳につながる動脈が通っています。動脈は細い血管に枝分かれし、ほおや口、鼻、目まで到達しています。また、耳の周りには多くのリンパ節があり、いずれも体の表面近くに分布しています。

 そのため、耳をもみほぐすと、頭部全体の血液とリンパの流れが改善し、さまざまな効果が得られるのです(図を参照)。

私も、施術の効果を持続させるセルフケアとして、また、病気予防の健康法として、耳への刺激を患者さんに勧めてきました。

 一般には、耳たぶや耳介(耳の穴の周囲の出っ張った部分)をもみほぐす方法が知られていますが、今回ご紹介する耳の穴もみのほうが、簡単にまんべんなく刺激することができるので、効率的です。

 耳の穴の表面にも、毛細血管が網目のように走っています。しかも耳の穴は、指を入れるだけで、周囲の皮膚を刺激することができます。耳の穴に指を入れて押し広げるだけで、耳全体をもみほぐすのと同様の効果が得られます。

 患者さんの耳を見たり触ったりしているうちに、私はあることに気づきました。不調やトラブルを抱えている人は、耳の穴が小さい傾向にあるのです。これは生まれつきではなく、血液やリンパの流れが滞り、耳の穴の内壁がむくんでいることの現れと考えられます。

 耳の穴をもむというのは、「耳の穴の内壁をマッサージして血液とリンパ液の流れを改善し、むくみを解消する」ということなのです。

 患者さんによっては皮膚がかたく、耳の穴が広がりにくい人もいます。かたくなっている部分は、血液やリンパが滞っているため、押すと痛みや違和感があります。毎日もみほぐすことで徐々にやわらかくなり、それに伴って不調も回復します。根気よく続けましょう。

耳は全身に対応する

 また、ご存じのように、耳にはたくさんのツボがあります。ツボを刺激すると、経絡という気(生命エネルギー)の通り道を通じて、離れた部位にも影響を与えます。

 フランス人の医師、ポール・ノジェが体系化した耳介療法は、耳に全身の縮図を投影したものです。東洋医学にも、耳は全身に対応するという考え方があります。耳に刺激を与え、離れた部位の機能回復を図る治療は、昔から行われていました。

 耳の穴の皮膚にも同じように、体の不調と対応する領域があります。図に示しました。これは、中国の古い文献と、私が患者さんに施術した際のデータを併せて作成した物です。基本的には、触ってみて痛いところを押し広げますが、図を参考にすると、不調の予防や予知にも役立つでしょう。

 やり方は、記事下の写真図解をご覧ください。

 注意点として、まず、耳を傷つけないように、爪を短く切ることと、もむ時間を1日1分以内にすること。耳の穴の皮膚は薄くて傷つけやすいのです。

 また、耳の穴もみを行う前に、目の見え方や体の柔軟性を確認してください。「壁のカレンダーの数字が見えるか」「前屈して手の指先が床につくか」「首を回したとき違和感はあるか」など、あとで体の変化がわかるものがよいでしょう。

耳の穴もみを行ったあと、見え方や柔軟性を確認します。セミナーでは、「視界が明るくなって文字がハッキリ見える」「体がやわらかくなった」「肩こりが消えた」といった声が続出します。
 また、顔の前後写真を撮ると、皆さん「目が大きくなった」「ほおのたるみが引き締まった」「ほうれい線が薄くなった」と喜ばれるのです。

異常な食欲が消えた!身長が伸びた!

 セミナー参加者の声を、いくつかご紹介しましょう。

 40代の女性Aさんは、耳の穴もみを始めたころから高血圧が改善し、降圧剤を飲まなくてもいい数値になりました。また、食欲のコントロールにも効果があり、突発的に起こる異常な食欲がなくなったといいます。

 その場で、視力の改善を実感する人も少なくありません。セミナー室には、視力測定器を備えていて、必ず最初に視力を測ります。そして、耳の穴もみのあとに、再度検眼するのです。

 60代の女性Bさんは、耳の穴もみを行う前の視力は0.7でしたが、実践後は0.9に向上。視界が明るくなって、視力表が見やすくなったとのこと。
40代の女性Cさんも、0.2だった視力が、0.3になり、0.4がもう少しで見えそうだったといいます。
40代の女性Dさんも、その場で1.0から1.2に視力アップして、驚いていました。

 視力改善効果は一時的なもので、時間が経つと元に戻ってしまいます。しかし、毎日行うことで、上がった視力が定着することも期待できます。

 首や肩の柔軟性も、その場で実感する人が多い症状です。普通の肩こりなら、耳の穴もみを1分行うだけで軽くなります。交通事故で鎖骨を折った女性が、耳の穴もみを行ったところ、格段に腕を回しやすくなったと報告してくれました。

 首や肩の筋肉のこわばりが緩むため、身長が伸びる人も少なくありません。姿勢がよくなるので、腰や股関節、ひざの痛みまで緩和する例もあります。

 耳は全身の縮図だと、日々実感しています。皆さんもぜひ、美と健康のために耳の穴もみを習慣にしてください。

耳の穴もみのやり方

【準備】
⃝爪を短く切っておく。クリームやオイルを塗ると滑りがよくなる。
⃝遠くのカレンダーの見え方、体のやわらかさなどを確認する。

❶耳の穴の前にあるかたい出っ張り(点線で囲んだ部分)の内側に、手の親指の腹を当て、奥まで入れる。これ以上入らないというところまで入れる。

❷耳の穴の周囲を押し広げながら、親指を360度移動させ、痛いところが見つかったら親指を止め、10秒程度押し続ける。

❸親指を耳の穴から出し、手の小指を入れる。これ以上入らないというところまで入れたら、周囲を押し広げながら、小指を360度移動させる。痛いところが見つかったら小指を止め、10秒程度押し続ける。

❹小指を耳の穴から出し、耳の根もとを親指と人差し指で強く握る。側頭部に耳を押しつけるように、ゆっくり、しっかり、後ろに10回、回す。

※片方ずつでも両耳いっぺんでも、どちらでもよい。
※①~④を1日1回行う。耳の穴の皮膚は薄いので、多くても1日2回までにする。
※遠くのカレンダーの見え方、体のやわらかさなどの変化を確認する。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


視力 ほうれい線

関連する投稿


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


【顔ヨガの効果】マキノ出版社員がやってみた!男だらけの講習会ルポ

【顔ヨガの効果】マキノ出版社員がやってみた!男だらけの講習会ルポ

多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)


【眼科医監修】目の不調が改善する「視界スッキリ薬膳レシピ」

【眼科医監修】目の不調が改善する「視界スッキリ薬膳レシピ」

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【監修】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


白内障を「番茶シップ」で改善 0.1の視力が1.0に向上した目を温める方法

白内障を「番茶シップ」で改善 0.1の視力が1.0に向上した目を温める方法

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。方法は簡単です。番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。また、少量入れる天然塩にも排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


朝3分「見るトレーニング」の効果 集中力・運動能力・成績がアップする!

朝3分「見るトレーニング」の効果 集中力・運動能力・成績がアップする!

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会代表理事)


最新の投稿


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

塩分ゼロなのに美味しい!高血圧や腎臓病でも安心!「無塩梅干し」の作り方

梅干しを家庭で漬けなくなった大きな理由は、なにより手間暇がかかること、そして減塩志向の高まりによるものと思われます。そこで紹介したいのが私の考案した「無塩梅干し」です。塩に漬ける工程がないので塩分量はゼロ。しかもたった1日で作れる、魔法のような梅干しなのです。【解説】小島みち子(料理研究家)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)