MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
たった10日の耳の穴もみで聞こえが良くなった!耳鳴りも改善傾向

たった10日の耳の穴もみで聞こえが良くなった!耳鳴りも改善傾向

夫が病気になり、その影響で声が出なくなってから、毎日とても不自由になりました。夫のかすれた声が、聞き取れないのです。こうして耳の穴もみを始めて、3日めの朝。驚くことが起こりました。それまで全く聞こえなかった体温計の「ピピッ」という音が聞こえたのです。【体験談】杉山幸子(無職・80歳)

パーッと視界が明るくなった!

 私はもともと、耳の聞こえがあまりよくありませんでした。友人と並んで歩いていると、話しかけられても、よく聞き取れないことが頻繁にありました。 でも、全く聞こえないわけではありませんし、電話も受話器を耳に押しつければ問題なく聞こえるので、耳の聞こえについて、あまり深刻に考えていなかったのです。

 ところが、夫が病気になり、その影響で声が出なくなってから、毎日とても不自由になりました。夫のかすれた声が、聞き取れないのです。夫の口もとに耳を寄せてもはっきり聞こえず、「なに? なに?」と何度も聞き返していました。
 聞き返すたびに、出ない声をふりしぼってくれる夫に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。ここに至って、真剣に「耳の聞こえをよくしたい」と思いました。

 そこで10日ほど前、夫が通院している鍼灸院の松岡佳余子先生(記事耳の穴もみのやり方参照)に相談したのです。そのとき紹介されたのが、「耳の穴もみ」でした。

 松岡先生が施術してくださる前に、2mほど離れた壁に貼られた紙の文字を見ました。例えば、「寒」という字は、「宀」はわかるものの、その下はぼやけて、黒い塊にしか見えません。

 そのあと、先生が私の耳の穴に指を入れて、ギュッギュッともんでくださいました。それはそれは痛くて、耳がちぎれるかと思いました。

ところが、耳の穴をもみ終わったあと、明らかに目の調子が変わりました。視界がパーッと明るくなったのです。そして、施術前に見た壁の文字がハッキリ見えました。

 私はもともと近視で、おそらく視力は0.6くらいだと思います。それに老眼もあるので、遠くの物も近くの物も、目を細めないとよく見えません。それが、耳の穴もみを行ったあとは、目を細めなくてもハッキリ見えて、ほんとうに驚きました。

 すばらしい効果に感激して、「これはきっと、耳の聞こえにも効く」と確信しました。自宅でも、暇を見つけては耳の穴に小指を入れてクルクル回して刺激したのです。

「ピピッ」という体温計の音が聞こえた!

て、3日めの朝。驚くことが起こりました。それまで全く聞こえなかった体温計の「ピピッ」という音が聞こえたのです。
 私は毎朝体温を測っていますが、検温終了音が聞こえたことは一度もありませんでした。それが聞こえたので、うれしくてたまりません。「これは続けよう」と思いました。

 ただ、残念なことに、目の見え方は戻ってしまいました。松岡先生にそのように話したところ、「こうするのよ」とまた施術してくださいました。するとまた、壁の文字がハッキリ見えたのです。

 どうやら私の場合、もみ方が弱かったようです。夫の話を聞き取れるようになるには、もう少し強くやったほうがいいようです。今は、以前より強めに耳の穴を押し広げています。

 しっかり押し広げるようになってから、耳の穴の斜め前が、特に痛いことに気づきました。松岡先生のお話では、痛いところは念入りに押すということでしたので、そこは重点的に刺激しています。

 おかげさまで最近は、耳の聞こえがよくなってきました。夫の口もとまで耳を寄せなくても、体を近づけるくらいで話を聞き取れます。

 また以前は、車の後部座席に座っていると、運転席や助手席の人に話しかけられても、声が聞こえませんでした。前を向いたまま話しかけられると、もう全くといっていいほど聞こえなかったのです。

 それが先日、運転席の人が前を向いたまま、話されたときに、「私に話しかけている」ということがわかる程度に、声を聞き取れたのです。

 難聴だけでなく、耳全体の調子がよくなっている気がします。実をいうと以前から、ジージーという耳鳴りが一日中続いていました。それが最近、薄れてきたのです。以前より音が小さくなってきました。

 耳の穴もみを始めてから、まだ10日しか経っていないのに、信じられないほどの効果です。お金も手間もかからないので、これからも続けようと思っています。

後部座席から人の話を聞き取れる!

加齢も遺伝も関係なく聴力が回復した好例(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師 松岡佳余子)

 最初に杉山さんのお話を伺ったとき、80歳という年齢と、身内にも耳の遠いかたがいらっしゃるということだったので、難聴の改善はあまり期待していませんでした。

 ところが、短期間で、体温計のかすかな音を聞き取れるまでに聴力が回復したとのこと。耳の穴もみが、加齢や遺伝に関係なく効果を発揮したことに、私自身、実は大変驚いたのです。

 加齢による難聴は、最初に耳鳴りが始まり、その後、徐々に聞こえが悪くなることが多いようです。耳鳴りが出た段階で、耳の穴もみを始めると、難聴の予防にもなるでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)