MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)

立っていられないほどクラクラした

 5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。頭がフワーッとするのです。そんなことが、週に1回くらいありました。

 頻繁に起こるようになったのは、今年の2月くらいからです。毎日のようにフワーッとして、何かにつかまらないと立っていられないほど、クラクラすることもありました。

 3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165㎜Hg、最小血圧も105㎜Hgもあったのです(基準値は最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧は90㎜Hg未満)。

 私のふだんの最大血圧は120㎜Hg前後、最小血圧も70㎜Hg前後です。血圧が上がるような心当たりもありません。初めてのことで驚きましたが、しばらく様子を見て、もっと上がったら病院に行こうと思いました。

 病院に行かなかった理由は、もう一つあります。その8日後に、松岡佳余子先生(記事耳の穴もみのやり方参照)のセミナーが予定されていたのです。
 血圧が上がってすぐ、松岡先生にメールをしたところ、セミナー当日に高血圧に効果のある「耳の穴もみ」を教えてくださるというお返事でした。ですから、病院に行かなくても大丈夫かなと思ったのです(後日、松岡先生から「セルフケアも大事ですが、急に血圧が上がったときは薬を飲んでください。無理をせず、薬は常備しておいてください」といわれました)。

 セミナーでは、松岡先生が私の耳の穴に指を入れて広げてくださいました。耳全体がこって、かたくなっていたようで、とても痛かったのですが、続けるうちに痛みはなくなりました。

夫は耳の聞こえがよくなった

 せっかくいい方法を教わったのに、その日と翌日はとても忙しく、自分で耳の穴もみをするのを忘れてしまいました。

 すると、3日めの夕方、体が急につらくなったのです。血圧を測ったところ、最大血圧が185㎜Hgもあり、最小血圧も105㎜Hgに上がっていました。

 ビックリして、今度はすぐに病院に行きました。薬を飲み、耳の穴をもみました。心臓に関係するポイントが、耳の穴の下のほうにあると教わったので、重点的にもみました(記事耳の穴もみのやり方参照)。ほかにも、耳をつかんで回したり、外側に引っ張って広げたりしました。

 そのおかげか、翌日には最大血圧が150㎜Hg台まで下がり、2日後には、最大血圧が120㎜Hgくらい、最小血圧は70㎜Hgくらいになったのです。

 すっかり基準値になったので、この時点で薬はやめ、耳の穴もみだけを続けています。それ以降、血圧はずっと基準値で安定しています。

 めまいも落ち着いてきました。以前のように週に1回くらい、軽くフワッとするくらいです。クラクラすることはありません。

 血圧が185㎜Hgまで上がったときには、脳卒中の不安が頭をよぎり、めまいが起こるたびに心配になりました。今は「またか」という感じで、落ち着いて耳の穴をもんでいます。

 耳の穴もみのほかにも、耳を回したり、引っ張ったりしても5分とかかりません。毎日、朝昼晩、そしてテレビを見ながら行うのが日課になりました。

「最近ちょっと耳が遠くなったようだ」といっていた夫にも、耳の穴もみを教えました。あまりまじめに行っていませんが「少し聞こえがよくなったかな」といっていたので、効いているのでしょう。
 口には出しませんが、「ちゃんとやれば、もっと聞こえるのに」と心の中では思っています。

耳の穴もみは毎日の日課

迷走神経を刺激して 血圧が下がる(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師 松岡佳余子)

 耳には、血管を広げて血圧を下げる迷走神経が通っています。そのため、耳の穴をもむだけで、気持ちが落ち着き、血圧も下がってきます。

 精神的なことが原因で血圧が上がりやすいかたは、精神安定剤がわりに耳の穴をもんで、「これで大丈夫」と思うだけでも血圧が安定してきます。それでも血圧が下がらない場合は、医療機関を受診してください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00
手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)
更新: 2019-02-14 18:00:00
担当医師の話によれば、めまいや頭痛といったメニエール病の症状も、甲状腺の機能異常と無縁ではないだろうということでした。たぶん、梅干しを食べ始めて半年くらい経ったころには、長年にわたって苦しめられてきためまいが、全く起こらなくなっていたと思います。吐き気や頭痛に襲われることも減りました。【体験談】堤聖子(自営業・64歳)
更新: 2018-12-20 18:00:00
病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)
更新: 2018-12-14 18:00:00
オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)
更新: 2018-12-03 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt