MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)

自分の声が耳の中で響き人の声を聞き取りにくい

 私は子供のころから鼻の通りが悪く、しょっちゅう鼻づまりを起こして耳鼻科に通院していました。

 大人になってからは、鼻よりも耳が詰まったような耳閉感を覚えるようになりました。年に3〜4回ほどですが、耳をふさがれたように詰まるのです。
 自分の声が耳の中で反響して話しにくく、耳に膜が張っているような感じで、人の声を聞き取りにくくなることもあります。一度この状態になると2〜3週間は続くので、非常に不便です。

 なぜ耳が詰まるのかは、よくわかりません。前兆もなく、突然起こるのです。原因も、きっかけもわからないので、防ぐことができませんでした。

 耳鼻科で検査したところ、聴力に問題はありませんでしたが、鼓膜が内側に引っ張られていることがわかりました。鼓膜の振動も少なく、耳管(耳とのどをつなぐ管)の通りが悪いそうですが、確実な治療法はないといわれました。

 耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。また、鼻をつまんでつばを飲み込んだり、鼻をつまんだまま鼻をかむようにして空気を耳へ流したりする方法も教わりました。
 これらを行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。

耳鼻科の治療よりずっとスッキリする

1ヵ月ほど前、松岡佳余子先生(記事耳の穴もみのやり方参照)の講習会に参加した際にも、少し前から耳閉感に悩まされていました。その講習会で紹介されたのが、「耳の穴もみ」だったのです。

 今思えば、そのとき耳が詰まっていたのは幸運でした。
 松岡先生が一人一人に施術をしながら実演してくれたので、私の番が来たとき、「実は今、こういう症状があるんです」と松岡先生に話しました。すると先生は、「ちょっと見せて」と耳の穴をのぞき、耳の穴に指を入れてもみ始めたのです。

 先生の力が強いのか、私の耳の穴が悪いのか、とにかく痛くてたまりません。特に、後頭部側にグーッと広げたときは、すごい痛みでした。
 ところが、先生が指を抜いたときには、耳閉感がすっかり消えていたのです。耳鼻科で空気を入れたときの通り方とは、全く違います。空気がスーッと通るようなスッキリ感がありました。

 それ以来、自分でも日に2〜3回、多いときには4〜5回、耳の穴もみをしています。1回に行う時間は短いので、何回行っても負担になりません。

 押し広げて痛いところは日によって多少違いますが、いつも痛いのは後頭部側から下にかけてです。そこをグーッとしばらく押すと、悪いものが抜けるように耳閉感が消え、スッキリします。

 耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。

 松岡先生は、耳の穴もみ以外にもさまざまな健康法を提唱されていて、それを惜しげもなく講習会で公開しています。
 私も、松岡先生に教えていただいたことを、自分の治療院で患者さんの症状に合わせて勧めることがよくあります。耳の穴もみも、耳閉感のある患者さんに勧めたところ、「えらいスッキリしたわ」と喜んでいらっしゃいました。

 お金もかからず、道具も使わず、誰にでもすぐにできる健康法ですから、勧められたほうも負担になりません。
 治療院での施術にセルフケアをプラスすると、治療の効果を上げることにもつながります。自分が納得できるよい健康法は、今後も患者さんにどんどん勧めていこうと思っています。

「耳が詰まらなくなった」と上田さん

鼓膜と耳管の細胞の生まれ変わりを促進(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師 松岡佳余子)

 飛行機やエレベーターに乗ったときに、耳が詰まったように感じることがあります。これは、鼓膜の内側と外側の気圧が急激に変化した際に起こるものです。つばを飲み込んだり、あくびをしたりすれば解消できます。

 上田さんのように、原因不明の耳閉感に悩む人は少なくありません。耳の穴には、さまざまな症状を改善するポイントが散在しています。原因がわからなくても、耳の穴の痛い部分をもみほぐすことで、症状の改善が期待できるのです。

 細胞は、日々生まれ変わります。耳の穴もみがそれを促進して、耳閉感の原因となっていた鼓膜と耳管の細胞を、若返らせる方向へ向かわせてくれたのかもしれません。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
最新記事
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)