不眠症や頭痛、うつ病の原因は【首のこり】 首のスジ・胸鎖乳突筋を押せば改善する

不眠症や頭痛、うつ病の原因は【首のこり】 首のスジ・胸鎖乳突筋を押せば改善する

来院される患者さんの病気は、糖尿病や高血圧、頭痛や腰痛、耳鳴り、不眠症、更年期障害、うつ病、関節リウマチ、慢性疲労症候群など多岐にわたります。こうした患者さんに対し、私はまず共通のシンプルな原則で治療します。それは、① 首のコリをほぐす、②体を温める、という2点です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


首の奥の筋肉はコリが解消しにくい!

 私のクリニックには、全国からさまざまな病気を抱えた人たちが訪れます。そのほとんどは、それまでに大学病院や専門病院など、複数の施設で治療を受けても、病気や症状が改善されなかった人たちです。

 糖尿病や高血圧などの生活習慣病、頭痛や腰痛などの痛み、耳鳴り、不眠症、更年期障害、うつ病、関節リウマチ、慢性疲労症候群、ガンなど、病気は多岐にわたります。こうした患者さんに対し、私はどんな病気でも、まず共通のシンプルな原則で治療します。それは、① 首を中心とした筋肉のコリをほぐす、②湯たんぽやカイロで体を温める、という2点です。

 「そんな簡単なことで難病が治るのか」と、思うかもしれません。しかし、患者さんを診察していると、病気や症状は人それぞれでも、必ず異常な筋肉のコリがあり、驚くほど体が冷えているのです。

 実際、この二つの原則に従って治療を始めると、原因不明の症状や、難治の病気が、不思議に改善に向かいます。では、なぜ病気がよくなるのでしょう。
 筋肉がこると、筋肉中の血管が圧迫されて血流が滞り、じゅうぶんな酸素や栄養が行き届かなくなります。筋肉で産生された代謝物や老廃物も、その場に蓄積されがちになります。こうした代謝産物が付近の末梢神経を刺激すれば、痛みや不快感が起こります。

 このように、筋肉のコリが多くの病気や症状を招く原因の一つとなるのです。
 筋肉のコリの中でも、特に首のコリが、最も病気を招きがちだと、私は考えています。

 首は、人体の急所です。首には、首の骨の頸椎があり、食べたものを胃へ送る食道、吸った空気を肺に送る気管があり、動脈と静脈、さらに神経が通っています。首の筋肉に異常なコリが生じると、血管や神経を圧迫し、その影響が現れるというわけです。
 厄介なことに、首のコリを解消するのは、極めて難しいことです。なぜなら、首や肩の筋肉は一層ではなく、何層にも重なっているからです。

 私たちの体で、表面近くにあるのが表層筋です。例えば、肩の表層にある僧帽筋が表層筋になります。そして、僧帽筋の奥に重なる深層筋があります。僧帽筋は見えますが、深層筋はどこにあるのかを意識するのも難しいのです。
 首や肩がこると、表層筋だけでなく、深層筋もこります。マッサージや指圧を受け、湿布薬を貼ると、表層筋のコリは比較的簡単に解消できますが、深層筋のコリはなかなか解消できません。

首の筋肉をほぐすと治療効果が上がった!

 首や肩の頑固なコリを解消するために、何かよい方法はないかと、私は長年研究を続けてきました。そして、ようやく方法が見つかりました。その鍵が拮抗筋です。こっている筋肉ではなく、その拮抗筋を刺激することで、コリを解消できるという考え方になります。

 ある動作をするとき、中心となる筋肉を主動筋といい、反対の働きをするのを拮抗筋と呼びます。主動筋が収縮し、拮抗筋が弛緩することで、関節をスムーズに曲げられるわけです。

 首の後ろに重なる筋肉群の拮抗筋は、胸鎖乳突筋と椎前筋群です。胸鎖乳突筋は、耳の下から胸骨と鎖骨まで、首を斜めに通る筋肉です。顔を横に向けたとき、首に浮き出るスジが胸鎖乳突筋になります。そして、胸鎖乳突筋と首の骨の頸椎の間にある深層筋が、椎前筋群です。首の後ろ側の筋肉がこっている人は、胸鎖乳突筋や椎前筋群を刺激すると強い痛みがあります。

 そこで、痛みをこらえ、胸鎖乳突筋と椎前筋群を1〜2分刺激することで、主動筋である首の後ろの筋肉が劇的に緩み、不思議なほど、首や周囲のコリが解消するのです。

 このことを発見した私は、患者さんの胸鎖乳突筋などをほぐす施術を治療に取り入れることにしました。すると、驚くほど治療効果が上がりました。
 ちなみに、当初私は、この方法は、首や首周辺のコリがもたらす病気や症状だけに効くものと思っていました。しかし、不思議なことに、体のさまざまな部分の病気や症状にも効くことがわかってきたのです。

 なぜそんなに効くのかというと、首を通る迷走神経を刺激できるからです。迷走神経は、脳の延髄から出て、首から胸を通り、おなかにまで達している長い神経です。これほど広い範囲をカバーしているということは、ほとんどすべての内臓を支配している神経といえます。

 実は、私たちの内臓や血管をコントロールしている自律神経のうち、副交感神経はこの迷走神経が大部分を占めます。そのため、迷走神経を刺激すると副交感神経が優位になるのです。
 つまり、胸鎖乳突筋や椎前筋群を刺激すれば、副交感神経を優位にでき、さまざまなよい影響をもたらすわけです。

副交感神経を優位にできる!

首を温めてから行うと効果が高まる!

 首のスジ押しは、想像以上の健康効果を秘めていました。そのやり方をお教えしましょう。

❶ 正面を向いた姿勢から、肩は動かさずに、できるだけ右を向きます。こうすると、左耳の下から鎖骨の内側まで続く胸鎖乳突筋が、太いスジになって浮かび上がります。

❷ 右手の親指を立てて、浮かび上がった首のスジと鎖骨が接するところに当てます。
 首のスジの後ろ側の縁から、親指の先を筋肉の下に潜り込ませるように押し込み、そこに指を留め置いたまま、指の腹全体で円を描くようにします。

❸ 徐々に上へ移動させ、耳の後ろまでをマッサージしましょう。反対側も同様に行います。最後に、顔を向けにくかった側に向け、もう一度行います。
 刺激する時間は、合計で1〜2分間です。コリがひどいときは、強い痛みを感じるかもしれませんが、このコリが改善すれば、痛みは軽減してきます。

 ただし、冷えがあると、筋肉のコリがなかなか解消できません。そこで、使い捨てカイロやドライヤーの温風、蒸しタオルなどで、首をよく温めてから、マッサージを行ってください。
 首のコリが解消すると、肩こりや頭痛はもちろん、疲労感や腰痛、耳鳴り、不眠、不定愁訴、高血圧などの生活習慣病、うつ病、そしてガンや慢性疲労症候群、線維筋痛症といった難病まで、症状が改善に向かいます。

班目健夫
 1954年、山形県に生まれる。1980年、岩手医科大学医学部卒業後、同大学院進学、第一内科入局。1984年、医学博士号取得。2004年より東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック講師。2011年、青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所を開設。西洋医学の専門領域は内科、肝臓学、消化器内科。西洋医学と東洋医学のいいところを取り入れた統合医療を実践している。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)