MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
痛みや変形のある足トラブルってどんな種類がある?自分の足のチェック方法

痛みや変形のある足トラブルってどんな種類がある?自分の足のチェック方法

足のトラブルのなかには、セルフケアだけで改善するものもあれば、専門医の治療を受けなければ治らないものもあります。また、症状は同じように見えても、まったく違う病気だったり、なかには全身性の病気による足病変が隠れていたりすることもあります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)

足のトラブルはさまざま「あなたの足は大丈夫?」

「足」と聞いて、皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか。

太もものつけ根から下が全部足だという人もいれば、
足首からつま先にかけてを足だと思う人もいるでしょう。

日本語の「足」は、あいまいですが、英語は明快です。
「Foot」は足首からつま先までの「足部」を指し、
「Leg」は足全体、つまり「脚」を指します。

「足のトラブル」とは、
足首からつま先までのトラブルのことです。

とはいえ、「足のトラブル」とはいっても、
その影響は足(Foot)だけにとどまりません。

やがては、ひざや股関節、腰にまで広がっていきます。

まさに、足のトラブルは脚全体のトラブルなのです。

足トラブルは大きく3種類

さて、足のトラブルは、
大きく次の3つに分類することができます。

(1)骨の変形によるもの(骨の異常)
(2)爪に起こる病変(爪の異常)
(3)皮膚に起こる病変(皮膚の異常)


これらの足病変(足のトラブル)は互いに関連し合っており、
多くは複合的に症状が現れます。

骨の変形から爪や皮膚のトラブルが起こったり、
逆に爪や皮膚のトラブルから、骨の変形がわかったりします。
また、爪と皮膚にまたがって起こるトラブルもあります。

ですから、表面に現れたトラブルを取り除くだけでなく、
その病変を起こしている大元の原因にまでさかのぼらないと、
足病変は根治できません。

足のトラブルのなかには、
セルフケアだけで改善するものもあれば、
専門医の治療を受けなければ治らないものもあります。

また、症状は同じように見えても、
まったく違う病気だったり、
なかには全身性の病気による足病変が隠れていたりすることもあります。

そうした複雑な足のトラブルに適切に対処するためには、
足のトラブルがどのようなものなのか、
まずはその原因や症状を正しく把握する必要があります。

普段、自分の足をしげしげと見る人はあまりいないでしょう。

また他人の足と比較することも少ないので、
医師から指摘されるまで
自分が開張足(足の横アーチが潰れて足の骨が広がった状態)や
扁平足であることに気付かない人もいます。

ですから、まず自分の足に関心を持つことが大事です。

自分の足を毎日見て触ることが一番の治療

皆さんは、普段どれくらい自分の足を見たり、
触ったりしていますか。

「足」と聞くと、どこか汚い、不潔というイメージがあるのか、
自分の足でさえ、あまり触りたがらない人がいるようです。

足が痛くなって初めて、
自分の足に目が向いたという人も少なくありません。

しかし、足の異常は普段から足を見ていなければ気がつきません。

足の感覚は加齢と共に鈍くなっていくので、
意識して足に関心を持たなければ、足の病変を見逃してしまいます。

お風呂に入ったとき、
あるいはお風呂上がりに、足をよく見て触ってください。

その際、次のようなことをチェックしましょう。

「足の状態」チェック項目



・触って、どこか痛いところはないか
・皮膚が硬くなっているところはないか
・爪の状態はどうか。色はピンク色か。爪が厚くなっていないか
・爪を押して痛くないか
・指と指の間が開くか
・皮膚は乾燥していないか
・かかとがガサガサしていないか
・足にむくみはないか
・足の色は健康的か



毎日、自分の足を見ていると、
ちょっとした変化にも気付くようになります。

実は、それがとても大切です。

早めに自分の足の異常に気がつけば、早めに対処できます。

それが、足のトラブルを防ぐ、一番の治療になるのです。

解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。
1995年、山形大学医学部卒。
日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。
難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。
フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。
専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt