外反母趾・巻き爪を防ぐ足のセルフケア 6つのポイントを専門医が指南

外反母趾・巻き爪を防ぐ足のセルフケア 6つのポイントを専門医が指南

外反母趾や巻き爪、タコ、ウオノメといった足のトラブルは、歩き方や姿勢、爪のケア、靴の選び方といった毎日の生活習慣の誤りが複合的に絡み合って起こるものです。ですから、生活習慣病の1つといってもいいでしょう。病院の治療だけに頼っていては、よくなりません。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。
1995年、山形大学医学部卒。
日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。
難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。
フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。
専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

外反母趾(足の第1指〈親指〉のつけ根の骨が外側に突き出た状態)や
巻き爪(爪が横に巻いている状態)、
タコ、ウオノメといった足のトラブルは、
多くの場合、歩き方や姿勢、爪のケア、靴の選び方といった毎日の生活習慣の誤りが
複合的に絡み合って起こるものです。

ですから、生活習慣病の1つといってもいいでしょう。

糖尿病や高血圧といった生活習慣病が投薬だけでは治らないように、
足病変も病院の治療だけに頼っていては、よくなりません。

治療で一時的によくなったとしても、
普段の歩き方や靴が変わらなければ、
足の同じところが圧迫されて、再発してしまいます。

私たちは、私たちが思っている以上に足を酷使しています。
歩いたり、靴を履いたりするのは、毎日のこと。
もし、歩き方が悪かったり、靴が合わなかったりしたら、
私たちは毎日、自分の足をいじめていることになります。

足をいたわってあげることが、
足病変を予防し、改善させる第一歩になるのです。

足病変から足を守る基本は、毎日のセルフケアです。

顔や手の手入れは毎日しても、
足の手入れはおろそかになりがちです。

しかし、多くの場合、足への無関心が足病変を引き起こし、
悪化させる原因なのです。

セルフケアの目的は、
足を清潔に保ち、正しいケアをして、歩き方や靴選びに気をつけることです。

「そんなこと、わかっています」という人がいるかもしれませんが、
そのやり方が間違っていたり、効果のないやり方だったりすることもあります。

セルフケアは、我流に陥りがちです。
足に対する正しい知識を持って、適切にケアすることが大事です。

そのポイントは、次の6つです。

足のセルフケア 6つのポイント



(1)きれいに足を洗うこと。歯ブラシを使って、爪の周りもきれいに洗浄します


(2)しっかり水分を拭き取ること。拭き残しに注意してください

(3)足を保湿すること。爪も十分に保湿してください

(4)爪を正しく切ること。四角に切るのがポイントです

(5)正しい歩き方や姿勢を身につけること。体幹部(胴体の中心)を使って、足の負担を減らすことが大事です

(6)自分に合った靴を選ぶこと。インソールやコンフォートシューズをもっと活用してください




いずれも、そんなに難しいことではありません。

私は治療と並行して、
患者さんに必ずこうしたセルフケアをするようにアドバイスしています。

セルフケアの習慣が身につけば、それだけで軽い足病変なら改善します。
悪化した足病変でも、進行を止めて改善に導くことができます。

逆に、毎日のセルフケアを怠っていると治療をしても治りにくく、治っても再発します。

足のセルフケアは、健やかな足を保ち、一生健康に歩くための基本です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


開張足の改善には「正しい歩き方」を パンプスが足トラブルの原因になる理由

開張足の改善には「正しい歩き方」を パンプスが足トラブルの原因になる理由

靴の機能性よりファッション性が重視されるようになって、足の機能を損ねるようになってしまいました。足の形や大きさに合わない靴を履いたり、正しい履き方をしなかったりする人が増えています。そうすると、足が圧迫されたり、靴の中で指が遊んだりして、さまざまな弊害を生むのです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


かゆくないのに水虫?タイプは3種類 市販薬「スイッチOTC」使用時の注意点

かゆくないのに水虫?タイプは3種類 市販薬「スイッチOTC」使用時の注意点

水虫は、白癬という真菌(カビ)が足の角質層に寄生して起こる皮膚の感染症です。ひと言で水虫といっても、ジュクジュクするもの、ガサガサになるもの、皮がむけるもの、かゆいもの、かゆくないものと、いろいろです。その症状に応じて、3つのタイプに分かれます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )