MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足のセルフケアは「我流」はダメ!6つのポイントを専門医が指南

足のセルフケアは「我流」はダメ!6つのポイントを専門医が指南

外反母趾や巻き爪、タコ、ウオノメといった足のトラブルは、歩き方や姿勢、爪のケア、靴の選び方といった毎日の生活習慣の誤りが複合的に絡み合って起こるものです。ですから、生活習慣病の1つといってもいいでしょう。病院の治療だけに頼っていては、よくなりません。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)

解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。
1995年、山形大学医学部卒。
日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。
難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。
フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。
専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

足のセルフケアは「我流」はダメ!正しい知識を

外反母趾(足の第1指〈親指〉のつけ根の骨が外側に突き出た状態)や
巻き爪(爪が横に巻いている状態)、
タコ、ウオノメといった足のトラブルは、
多くの場合、歩き方や姿勢、爪のケア、靴の選び方といった毎日の生活習慣の誤りが
複合的に絡み合って起こるものです。

ですから、生活習慣病の1つといってもいいでしょう。

糖尿病や高血圧といった生活習慣病が投薬だけでは治らないように、
足病変も病院の治療だけに頼っていては、よくなりません。

治療で一時的によくなったとしても、
普段の歩き方や靴が変わらなければ、
足の同じところが圧迫されて、再発してしまいます。

私たちは、私たちが思っている以上に足を酷使しています。
歩いたり、靴を履いたりするのは、毎日のこと。
もし、歩き方が悪かったり、靴が合わなかったりしたら、
私たちは毎日、自分の足をいじめていることになります。

足をいたわってあげることが、
足病変を予防し、改善させる第一歩になるのです。

足病変から足を守る基本は、毎日のセルフケアです。

顔や手の手入れは毎日しても、
足の手入れはおろそかになりがちです。

しかし、多くの場合、足への無関心が足病変を引き起こし、
悪化させる原因なのです。

セルフケアの目的は、
足を清潔に保ち、正しいケアをして、歩き方や靴選びに気をつけることです。

「そんなこと、わかっています」という人がいるかもしれませんが、
そのやり方が間違っていたり、効果のないやり方だったりすることもあります。

セルフケアは、我流に陥りがちです。
足に対する正しい知識を持って、適切にケアすることが大事です。

そのポイントは、次の6つです。

足のセルフケア 6つのポイント


(1)きれいに足を洗うこと。歯ブラシを使って、爪の周りもきれいに洗浄します


(2)しっかり水分を拭き取ること。拭き残しに注意してください

(3)足を保湿すること。爪も十分に保湿してください

(4)爪を正しく切ること。四角に切るのがポイントです

(5)正しい歩き方や姿勢を身につけること。体幹部(胴体の中心)を使って、足の負担を減らすことが大事です

(6)自分に合った靴を選ぶこと。インソールやコンフォートシューズをもっと活用してください



いずれも、そんなに難しいことではありません。

私は治療と並行して、
患者さんに必ずこうしたセルフケアをするようにアドバイスしています。

セルフケアの習慣が身につけば、それだけで軽い足病変なら改善します。
悪化した足病変でも、進行を止めて改善に導くことができます。

逆に、毎日のセルフケアを怠っていると治療をしても治りにくく、治っても再発します。

足のセルフケアは、健やかな足を保ち、一生健康に歩くための基本です。

次の記事では、セルフケアのポイント(1)正しい足の洗い方についてご紹介しましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt