足のセルフケアは「我流」はダメ!6つのポイントを専門医が指南

足のセルフケアは「我流」はダメ!6つのポイントを専門医が指南

外反母趾や巻き爪、タコ、ウオノメといった足のトラブルは、歩き方や姿勢、爪のケア、靴の選び方といった毎日の生活習慣の誤りが複合的に絡み合って起こるものです。ですから、生活習慣病の1つといってもいいでしょう。病院の治療だけに頼っていては、よくなりません。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。
1995年、山形大学医学部卒。
日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。
難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。
フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。
専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

足のセルフケアは「我流」はダメ!正しい知識を

外反母趾(足の第1指〈親指〉のつけ根の骨が外側に突き出た状態)や
巻き爪(爪が横に巻いている状態)、
タコ、ウオノメといった足のトラブルは、
多くの場合、歩き方や姿勢、爪のケア、靴の選び方といった毎日の生活習慣の誤りが
複合的に絡み合って起こるものです。

ですから、生活習慣病の1つといってもいいでしょう。

糖尿病や高血圧といった生活習慣病が投薬だけでは治らないように、
足病変も病院の治療だけに頼っていては、よくなりません。

治療で一時的によくなったとしても、
普段の歩き方や靴が変わらなければ、
足の同じところが圧迫されて、再発してしまいます。

私たちは、私たちが思っている以上に足を酷使しています。
歩いたり、靴を履いたりするのは、毎日のこと。
もし、歩き方が悪かったり、靴が合わなかったりしたら、
私たちは毎日、自分の足をいじめていることになります。

足をいたわってあげることが、
足病変を予防し、改善させる第一歩になるのです。

足病変から足を守る基本は、毎日のセルフケアです。

顔や手の手入れは毎日しても、
足の手入れはおろそかになりがちです。

しかし、多くの場合、足への無関心が足病変を引き起こし、
悪化させる原因なのです。

セルフケアの目的は、
足を清潔に保ち、正しいケアをして、歩き方や靴選びに気をつけることです。

「そんなこと、わかっています」という人がいるかもしれませんが、
そのやり方が間違っていたり、効果のないやり方だったりすることもあります。

セルフケアは、我流に陥りがちです。
足に対する正しい知識を持って、適切にケアすることが大事です。

そのポイントは、次の6つです。

足のセルフケア 6つのポイント



(1)きれいに足を洗うこと。歯ブラシを使って、爪の周りもきれいに洗浄します


(2)しっかり水分を拭き取ること。拭き残しに注意してください

(3)足を保湿すること。爪も十分に保湿してください

(4)爪を正しく切ること。四角に切るのがポイントです

(5)正しい歩き方や姿勢を身につけること。体幹部(胴体の中心)を使って、足の負担を減らすことが大事です

(6)自分に合った靴を選ぶこと。インソールやコンフォートシューズをもっと活用してください




いずれも、そんなに難しいことではありません。

私は治療と並行して、
患者さんに必ずこうしたセルフケアをするようにアドバイスしています。

セルフケアの習慣が身につけば、それだけで軽い足病変なら改善します。
悪化した足病変でも、進行を止めて改善に導くことができます。

逆に、毎日のセルフケアを怠っていると治療をしても治りにくく、治っても再発します。

足のセルフケアは、健やかな足を保ち、一生健康に歩くための基本です。

次の記事では、セルフケアのポイント(1)正しい足の洗い方についてご紹介しましょう。

足トラブルを予防する「正しい足の洗い方」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

以前は、足の指や裏の感覚があいまいでした。けれど、今では歩く、立つなどしたとき、すべての指をはっきり感じられます。足の感覚が戻った頃、左の親指のつけ根の角度が小さくなり、外反母趾が改善したことを実感しました。また、小指の陥入爪も改善しました。【体験談】Y・T(仮名・会社員・50歳)


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

外反母趾の相談をするために整体に行きました。そこで「足の親指(母趾)を回すと外反母趾が改善する」と教えてもらいました。さらに、私が血圧の話をしたところ「それなら、足首も回すといいですよ」といわれたのです。【体験談】田坂理恵子(仮名・主婦・66歳)


【ガサガサかかとの予防・対策】糖尿病になったらひび割れ・あかぎれに要注意

【ガサガサかかとの予防・対策】糖尿病になったらひび割れ・あかぎれに要注意

足は意外と乾燥しやすいところです。足裏が乾燥すると、かかとや指先を中心に角質層が異常に厚くなります。これを「角質肥厚(角化)」といいます。この角化が進むと足裏はさらに乾燥しやすくなり、ひび割れやあかぎれといった皮膚の亀裂を生じやすくなります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

足の皮膚にトラブルで多いのは、なんといっても水虫(白癬)と、タコ・ウオノメです。水虫は白癬菌という菌による感染症ですから治療が必要です。一方、タコ・ウオノメは日常的には困りませんが、靴に当たって痛い場合にはやはり治療が必要になります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)