MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【水虫予防】お風呂上りの足の拭き方が重要!保湿ケアとマッサージ方法

【水虫予防】お風呂上りの足の拭き方が重要!保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)

お風呂上がりの足拭きで、白癬菌 カンジダの感染を防げる

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。

バスマットで足裏だけ拭いて終わり、
なんて簡単なことですませていませんか。

せっかく足をきれいに洗っても、
足拭きがおざなりでは、病気を呼び込むことにもなりかねません。

水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、
皮膚が乾燥しやすくなります。

また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、
湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。

お風呂から上がったら、軟らかいタオルで指と指の間、
爪の周りなども1本1本ていねいに拭き取りましょう。

皮膚や爪を傷つけないように、
こすらず、タオルに水分を吸収させるように、
押さえながら拭き取ります。

よく乾いた清潔なタオルで拭くのはもちろんですが、
バスマットもこまめに洗濯し、よく陽に干して乾燥させます。

正しい足の保湿方法

ワセリンなどで爪まで保湿するとよい

お風呂上がりの足をそのままにしておくと乾燥しやすくなり、
トラブルの原因になります。

皮膚がしっとりしているうちに、
クリームなどをつけて保湿しましょう。

足のスキンケアは、保湿が中心です。

お風呂上がりだけでなく、
普段から保湿効果のあるクリームでしっかり保湿してください。
膚が乾燥しているとバリア機能が低下し、
かゆみや湿疹の原因になることがあります。

クリームをつけるとき、乾燥しやすいすねやかかとにはつけても、
指や足裏はおろそかになりがちです。

足裏から指先まで、
まんべんなくクリームをつけてください。

皮膚を傷めないように、皮膚の繊維(横じわ)に沿ってやさしくすり込むといいでしょう。

その際、見落とさないでほしいのが爪です。

特に空気が乾燥しているときは、爪も乾燥します。

爪の上や周囲にもクリームをすり込んでください。


保湿にはワセリンや尿素、ヒルドイド がオススメ

使うクリームは、手元にあるハンドクリームで十分ですが、
保湿効果を特に求めるときは、ワセリンや尿素入りクリームがいいでしょう。

ワセリンは石油から精製された油で、
医療機関でも皮膚疾患の保湿剤としてよく使われています。

皮膚の表面に油の膜を張って皮膚の乾燥を防ぐとともに、
外部の摩擦や刺激から皮膚を保護します。

乾燥によるかゆみ、ひび割れ、ささくれなどにも効果があります。

ワセリンは伸びがあまりよくないので、
少量を手に取ったら両手でこすってよく伸ばします。

皮膚が湿った状態のときにつけると、なじみやすくなります。

尿素は尿のなかから発見された物質で、
角質をつくるケラチンというたんぱく質を分解する働きがあります。

硬くなった角質や、かかとのザラザラなどを取り、
肌をなめらかにします。
さらに、水分と結合しやすい性質を持っているので、
肌を保湿してしっとりさせます。
つまり、保湿と角質除去の両方の作用があるのです。

そのほか、血行を促進する作用のあるビタミンE配合のクリーム、
ヒルドイド(ヘパリン類似物質)という保湿力の高い成分を含んだクリームなども
乾燥肌にはおすすめです。

最近では、爪専用のオイルやクリームも市販されています。

爪にトラブルのある人は、
そういったものでお手入れするのもいいでしょう。

足のマッサージで保湿効果を高める

クリームで保湿する際には、ただクリームを塗るのではなく、
足をマッサージしながら塗るといいでしょう。

クリームとマッサージの相乗効果で、
皮膚のうるおいがさらに増します。

足のマッサージは、フットケアの一環としてよく行われます。

指圧やリンパマッサージ、
リフレクソロジー(足の裏を刺激する反射療法)、
アロマセラピーなどと組み合わせて行われることもあります。

自宅で行う場合は、
ふくらはぎから足首、かかと、足裏、つま先まで、
クリームをつけながらまんべんなくマッサージしてください。

基本は、手のひらや指の腹で軽く圧をかけながら、
皮膚をなでたりさすったりします。

足裏は、少し強めに押してもいいでしょう。

指は、つけ根から指先のほうに円を描きながらマッサージします。

皮膚にこうした軽い刺激を加えると、
血液やリンパ液の流れがよくなり、体内で不要になった老廃物の排出が促されます。

また、筋肉や腱(骨と筋肉をつなぐ組織)などの緊張がほぐれて、
疲れやこりが改善します。

筋肉がほぐれて血行がよくなれば、体が温まり、
自律神経(血管や内臓の働きを意思とは関わりなく調整している神経システム)
のバランスも整います。

また、リラクセーション効果も得られるので、
ストレスの解消にもなります。

こうして足のケアをしたあとは、靴下を履いてください。

冷えや乾燥を防ぎ、保湿クリームが皮膚に浸透するのを助けます。

足マッサージのやり方

次の記事では足のセルフケアのポイント(4)「正しい爪の切り方」についてご紹介しましょう。

【好評】
『巻き爪、陥入爪、外反母趾の特効セルフケア (フットケア外来の医師がすすめる「足のトラブル」の治し方) 』高山かおる(著)

解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。
1995年、山形大学医学部卒。
日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。
難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。
フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。
専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt