MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

首のスジを押し、体を温めて、首の後ろのコリを解消することで、さまざまな病気や病状が治ります。首のスジを押すことは、高血圧を改善するのにも威力を発揮します。私は、これまで患者さんに実際に試して、多くの人の血圧が下がった例を見てきました。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)

首のコリが解消して痛みやしびれが取れた

 首のスジを押し、体を温めて、首の後ろのコリを解消することで、さまざまな病気や病状が治ります。首のスジを押すことは、高血圧を改善するのにも威力を発揮します。私は、これまで患者さんに実際に試して、多くの人の血圧が下がった例を見てきました。

 65歳の男性のAさんは、血圧が高く降圧剤を勧められましたが、薬を飲まずに治したいと希望し、私のクリニックにやって来ました。
 血圧を調べてみると、最大血圧が170mmHg、最小血圧が110mmHgでした。触診すると、手足のみならず、体全体が驚くほど冷えていたのです。

 血圧が高く、体が冷えているのは、内臓や血管などをコントロールしている自律神経の中でも、体を緊張させる交感神経が優位になっていることを表しています。交感神経が優位になると、血管は収縮し、血流が悪化し、血圧が上昇します。
 そこで、首のスジを押すことを中心に、体のコリをほぐす施術を行いました。また、湯たんぽを使って日常的に体を温めるように指導しました。こうすることで、副交感神経を優位に導くためです。さらに、冷えを解消する漢方薬も処方しました。

 2週間後にAさんの血圧を測ると、最大血圧が110〜120mmHg、最小血圧が70〜80mmHgという基準値まで下がっていました。この時点で、体の冷えも改善していたのです。
 このように、降圧剤を飲まなくても、高血圧を改善することができました。

 50歳の男性のBさんの場合は、交通事故で右肩を負傷したのがきっかけで、血圧が上昇しました。最大血圧160mmHg、最小血圧100mmHgまで上がってしまいました。また、事故の負傷により、右腕も上がらなくなっていました。
 負傷すると、血圧が上がる場合がよくあります。ケガで痛みがあると、それから身を守るために、交感神経が緊張し、血圧が上がってしまうのです。

 このケースでも、治療法は同じです。体を温め、首のスジをほぐす治療を行いました。Bさんの場合は、初診時に私が首のスジを押しただけで、たちまち右腕が上がるようになりました。首のスジを押す刺激は、このように即効性もあるのです。

 さて、2週間後に血圧を測ったところ、Bさんは最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgまで降下。以降、血圧は上がらず、いい状態をキープしているそうです。
 首のスジを押し、体を温めることで、副交感神経が優位な状態になったからと考えられるでしょう。

 ちなみに、首の骨を構成する椎骨と椎骨の間からは、神経が出ています。その一つが、手や腕をコントロールしている神経です。
 Bさんの場合は、首のコリがひどくなって、それがこの神経を圧迫し、手のしびれや痛みが出て、腕が上がらなかったと考えられます。首のコリが解消して、神経が圧迫から解放され、痛みが解消したのです。

首のスジ押しのやり方

高血圧の薬もやめられる!

 ところで、皆さんは、高血圧をはじめ、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病になると、薬を一生飲み続けないといけないと思っていませんか。これは、全くの誤解です。

 そもそも、交感神経が優位になり、その状態が長引くことで、そうした病気が起こったのです。
 ですから、副交感神経の働きを優位な状態にすれば、病気は改善に向かいます。首のスジを押し、体を温めて、副交感神経を優位にしたら、医師と相談しながら、薬をやめることもできるのです。

 薬を飲み続けると、副作用が起こる場合もあります。その一つが、高血圧に処方される、降圧剤の一つの利尿剤です。
 利尿剤は腎臓に働いて、ナトリウムの排泄を促します。また、血液量をへらし血管への抵抗性を落として、血圧を下げます。すると、血圧が下がっても、血液の粘性が高まり、ドロドロになるのです。ドロドロの血液を流すために、交感神経が緊張します。
 その結果、高血圧の病態を悪化させることがあります。

 高血圧は、生活習慣病と呼ばれるように、ストレスや運動不足など、さまざまな生活習慣が大いに影響します。首のスジ押しと、体を温めることを取り入れ、生活を改善しましょう。

免疫力がアップ!ガス腹も解消!

そのほか、次のような例もあります。
 60歳の女性のCさんは、乳ガンの手術を受けたことがありました。仕事が激務のうえ、お母様の介護が大変になり、ものすごく忙しい毎日を過ごされていたそうです。そうした日々がたたったのか、身を潜めていたガンが再発。肝臓に転移していることが発覚したのです。

 すぐに仕事を辞めて治療に専念しましたが、今回は、手術ができず、抗ガン剤の治療になりました。
 すると、抗ガン剤の副作用に苦しめられました。体力が落ちて、ズキズキと激しい頭痛に襲われたそうです。抗ガン剤の影響で、体力が消耗しきっていました。さらに、首のコリは強烈で、体も冷えていたのです。

 Cさんの場合も、やはり首を温めることと、首のスジをほぐす治療を行いました。また、自宅でも、「首のスジ押し」と、体を温めることを実践してもらいました。
 すると、首のコリも冷えも解消し、睡眠時間がふえて、体調が回復。白血球中のリンパ球もふえ、免疫力が上がっているとわかりました。疲労感も取れてきて、お孫さんと楽しく遊べるほど、体力が戻ってきたそうです。さらに、頭重感もなくなり、頭がスッキリしてきたと喜んでいました。

 50歳の女性のDさんは、私が講師を務めた勉強会にたまたま参加されて、首のスジをほぐす治療を体験されました。首のスジを押した瞬間、Dさんは、「イタタタッ!」と叫び声を上げました。それほどに、首がこっていたのです。
 首のコリはすぐに取れましたが、次の瞬間、Dさんはトイレに駆け込みました。突然、おなかがグルグルと動きだしたそうです。Dさんは、ここ数年、おなかにガスがたまる、ガス腹に悩んでいたとのこと。それが、私から首のスジを押されたことで、急に便意を催しました。排便後は、おなかにたまっていたガスが抜けて、ウソのように胃腸がスッキリしたと喜んでいたのです。

 さらに、その日を境にして、頭の位置を急に変えると、目の前がグルグル回る「良性発作性頭位めまい症」がピタリと止まったとのこと。
 これらの効果は、首のスジを押したことで、副交感神経のバランスがよくなったことでもたらされたのでしょう。
 副交感神経のバランスがよくなれば、めまいが止まったり、胃腸の働きが整ったりと、いろいろな症状に大きな効果を発揮します。

解説者のプロフィール

班目健夫
1954年、山形県に生まれる。1980年、岩手医科大学医学部卒業後、同大学院進学、第一内科入局。
1984年、医学博士号取得。2004年より東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック講師。
2011年、青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所を開設。
西洋医学の専門領域は内科、肝臓学、消化器内科。西洋医学と東洋医学のいいところを取り入れた統合医療を実践している。

●青山・まだらめクリニック
https://www.dr-madarame.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)
更新: 2018-10-08 07:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt