MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足の痛みを招く原因は「横アーチ」の崩れ!足を守る3つのアーチとは

足の痛みを招く原因は「横アーチ」の崩れ!足を守る3つのアーチとは

足を守る3つのアーチの中で「横アーチ」は最も負荷がかかりやすく、崩れやすい構造になっています。その構造が崩れた開張足の状態が続くと、外反母趾になりやすく、そこからタコやウオノメ、巻き爪、陥入爪、肥厚爪など、足のトラブルが派生します。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)

足には常に大きな負荷がかかっている

足は小さい臓器です。

大人の女性の足なら、大きさはおおよそ20数センチ、男性の大きい足でも30センチを超える人はあまりいないでしょう。
私たちは、この小さい足で全体重を支えています。
しかも、歩いたり走ったりして、足には常に大きな負荷がかかっています。

足が簡単に壊れないのは、足がたくさんの骨で構成され、ほかに類を見ない絶妙な構造を持っているからです。
レオナルド・ダ・ヴィンチは、「足は人間工学上の最高傑作であり、かつ最高の芸術作品だ」と述べているそうです。

人間の体には全部で200個ほどの骨があるといわれていますが、そのうちの約4分の1は足の骨です。
足先の、指を構成する趾骨が14個。
土踏まずの前方にあるMP関節(足指のつけ根の関節)を構成する中足骨が5個。
かかとを構成する足根骨が7個。
さらに、腱の中にある小さな種子骨が2個。
これらを足すと、片方の足には合計28個、両足合わせて56個もの骨があるのです。

趾骨、中足骨、足根骨の3つの骨群は、バランスよく足の機能を分担しています。
足根骨は硬く密着しており、かかとにある踵骨という太くて大きい骨を中心に、体重を支えています。
中足骨と趾骨は柔軟に動いて、中足骨で衝撃を和らげ、趾骨で前に進む推進力を生み出しています。

これらの骨を支えたり、結合したりしているのが、骨の周りについている腱や靭帯、筋肉などの軟部組織です。
腱は骨と筋肉をつなげる結合組織で、靭帯は骨と骨を結合して関節をつくる結合組織です。
これらの軟部組織は、足の骨をつなげて関節を形成し、足の機能を助け、強い衝撃や荷重にも耐えられる丈夫な足の構造を築いています。

足のしくみ

3つのアーチが足を衝撃から守っている

足を構成している骨は、かかと、足の第1指(親指)のつけ根、第5指(小指)のつけ根の3ヵ所を基点に、アーチ状に配列されています。
そしてこのアーチのしくみこそ、足の優れた機能を担うものなのです。

足のアーチは3つあります。
かかとから足の第1指のつけ根を結ぶ「内側の縦アーチ」、かかとから第5指のつけ根を結ぶ「外側の縦アーチ」、第1指から第5指までの5本の指を横に結ぶ「前方の横アーチ」です。

この3つのアーチで形成された3角形の弓状のアーチがあることで、体重は、かかと、足の第1指のつけ根、第5指のつけ根の3点に分散され支えられています。
長時間、バランスよく体重を支えることができるのは、この3つのアーチのおかげです。

また、足のアーチはしなやかで弾力があり、強い力に耐える強さを持っています。
地面に足が着地したとき、足には強い衝撃がかかりますが、足のアーチがバネのようにしなることで地面からの衝撃を吸収します。
足だけでなく、足関節やひざ関節、腰などへの負担も軽減します。クッションのように、アーチが足を守っているのです。

また、このアーチがバネのように働くことで、歩行をスムーズにしています。
私たちが歩くとき、重心はかかとから足の外側に移り、第5指のほうに移動していきます。
そして、足の第5指から第2指(人さし指)の4本で地面をつかむように踏み締め、第1指で蹴って前に進みます。

こうした一連の動きのなかで、全身のバランスを維持したり、体重移動をスムーズにしたり、足の第1指が強く蹴り出せたりするのは、足にアーチがあるからです。

この足のアーチの働きを助けているのが、趾骨と中足骨をつなぐMP関節です。この関節があるからこそ、足は屈曲し、前に進むことができます。

常時二足歩行ができるのは「アーチ」のおかげ

足のアーチは、生まれたばかりの赤ちゃんでは、まだ完成していません。
ハイハイしたり、つかまり立ちをしたり、歩いたりしているうちに、だんだんとアーチが形成されていきます。

興味深いことに、猿やチンパンジーの足にはアーチがないそうです。
猿やチンパンジーは二本足で立つことはありますが、人間のように常時、二足歩行はできません。

その違いは、足のアーチの有無にあると、慶応義塾大学月ヶ瀬リハビリテーションセンターの橋本健史先生(整形外科)は指摘されています。

足のアーチは、二足歩行を必要とする人間の進化の過程でできたものなのです。

最も負荷がかかり崩れやすい「前方の横アーチ」

このように、人間がバランスよく立ったり、スムーズに歩いたりするために、足のアーチはなくてはならないものです。ですから、足のアーチが崩れてしまうと、足の機能は著しく損なわれてしまいます。

3つのアーチのなかで、一番崩れやすいのが前方の横アーチです。
横アーチが崩れると足がベタッと開く開張足になり、歩くときに指で地面をしっかりとらえたり、足の第1指で地面を蹴ったりできなくなってしまいます。
足の指が使えなくなることで、さらにアーチは崩れ、足の機能はますます低下していきます。

かかとから足の第1指のつけ根を結ぶ内側の縦アーチは、土踏まずを形成するアーチです。
これが崩れた状態が、扁平足です。
扁平足の足は疲れやすく、地面からの衝撃を受けやすくなります。

かかとから足の第5指のつけ根を結ぶ外側の縦アーチが崩れると、歩くときの体重移動がスムーズに行えなくなります。足の外側に負担がかかって、O脚や内反小趾(第5指のつけ根の骨が外側に突き出た状態)の原因になります。

どのアーチも大事ですが、とりわけ重要なのが前方の横アーチです。
横アーチは最も負荷がかかりやすく、崩れやすい構造になっています。
その構造が崩れた開張足の状態が続くと、外反母趾(足の第1指のつけ根の骨が外側に突き出た状態)になりやすく、そこからタコやウオノメ、巻き爪(爪が横方向に巻いている状態)、陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)、肥厚爪(爪が上に重なって厚くなる状態)など、足のトラブルが派生します。
多くの足のトラブルの原因に、この横アーチの崩れがあるのです。

解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。1995年、山形大学医学部卒。日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

【好評】
『巻き爪、陥入爪、外反母趾の特効セルフケア (フットケア外来の医師がすすめる「足のトラブル」の治し方) 』高山かおる(著)

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt