医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


解説者のプロフィール

天野惠子(あまの・けいこ)
●静風荘病院
埼玉県新座市堀ノ内1-9-28
048-477-7300(代表)
http://www.seifuso.or.jp/

静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師。医学博士。
東京大学医学部卒業。東京水産大学(現・東京海洋大学)保健管理センター教授・所長、千葉県衛生研究所長、千葉県立東金病院副院長を歴任後、静風荘病院特別顧問。
女性専門外来を日本で最初に立ち上げた性差医療研究・実践の第一人者で「NPO法人性差医療ネットワーク」や「性差医療・医学研究会」(現・「日本性差医学・医療学会」)の創設をリード。

男性と女性では適正な血圧の値も違う

私は長年にわたって、性差医療の研究や臨床に携わってきました。
男性と女性では、体の構造や機能に違いがあります。

かかりやすい病気も違いますし、治療法も異なるべきです。
しかしながら、日本の従来の医療・保健指導は、ほとんどが男性における治験・健診のデータをもとに、なされてきました。

例えば、高血圧の治療ガイドライン(指針)には、至適血圧は120mmHgと書いてあります。
しかし、これは若い男性にとっての数値であり、閉経前の女性の血圧は110mmHgを下回るくらいが適正です。

120mmHgもあったら、その年齢の女性としては高いといえます。
そうした現状に対し、「これではいけない」と思った私は、日本で初めて、女性専用の外来を立ち上げました。

男性と女性の健康に大きな違いをもたらしているのは、性ホルモンです。
女性の場合は、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが、体をあらゆる病気から守っています。

しかし、40歳を超えるころから、卵巣機能の衰えとともに、女性ホルモンが急激に減少していきます。
そして、エストロゲンの分泌がゼロになり、排卵がなくなって閉経を迎えるころになると、女性ホルモンの欠落によってさまざまな症状が現れます。

これがいわゆる更年期症状です。
ちなみに、男性の場合、男性ホルモンのアンドロゲンは、70歳くらいまで減少することはありません。

そのため、男性は女性のような更年期症状に悩むことが少ないのです。
女性ホルモンの低下や欠落は、内臓をコントロールする自律神経にも影響します。

卵巣機能が衰えると、ホルモン分泌をつかさどる、脳の視床下部が命令しても、女性ホルモンは出なくなります。
視床下部の性ホルモン中枢が異常をとらえると同時に、隣の自律神経中枢も混乱するのです。

女性ホルモンは、そのほかの脳機能もコントロールしています。
そのため、更年期には、心身にさまざまな症状が生じます。

のぼせ、ほてり、発汗、冷え、動悸 、不眠、憂うつ感、イライラ、思考力の低下、めまい、耳鳴りなど、個人差はあるものの、多岐にわたる症状を抱えることになるのです。

更年期の女性の高血圧は、男性の高血圧と異なる

女性の更年期には、血圧の変動も大きくなります。
女性の血圧は、エストロゲンの血管拡張作用によって、男性よりも低めに保たれています。

ところが、更年期になると、エストロゲンの欠落とともに血管が拡張しにくくなり、加えて自律神経も乱れるため、血圧が上がりやすくなるのです。
でも、この場合、原因となる病気があって血圧が上がっているわけではありません。

女性の体のサイクルを考えれば、血圧が上がっても、すぐに降圧剤を飲む必要はないのです。
更年期の女性患者さんに多いのが、血圧が突然200mmHg近くまで急上昇するケースです。

慌てて私のところに電話をしてきた患者さんには、「腹式呼吸をして、30分ほど休んでみて。
それでも下がらなかったら、また電話をください」といいます。

それで再度電話をかけてきた患者さんは、1人もいません。
しかし、その患者さんが、女性の血圧変動を知らない医師にかかったら、どうなるでしょう。

降圧剤を処方され、血圧が下がりすぎてふらふらになったり、血行不良による体調不良を抱え込んだりすることになります。
このように、更年期の女性の血圧上昇は、男性の高血圧とは異なるので、すぐに薬で治療するのは間違いです。

更年期高血圧の治療の流れ

では、どのような治療が適しているのでしょうか。
更年期高血圧の治療は、腎臓の病気などがないか調べたうえで、血圧の変動をコントロールすることがメインとなります。

生活指導やホルモン補充療法、漢方薬などを順次適用していきます。
降圧剤による薬物療法は、最終手段です。

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。
更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。

実際、患者さんの悩みを聞いてあげるだけで、高血圧の症状が緩和されることが多いのです。
そして、生活の中の問題点を見つけながら、減塩、減量、運動、節酒、禁煙などの生活指導をしていきます。

これで改善しなければ、エストロゲンの欠落を補うために、ホルモン補充療法をお勧めします。
また、漢方薬が功を奏することもあります。

更年期には、生命エネルギーである「気」の逆流が起こりやすくなります。
気逆がもたらす症状は、冷え、のぼせ、動悸などのほか、急な血圧の上昇もあります。

気逆を改善する加味逍遥散などの漢方薬で気を落ち着かせると、血圧が下がるのです。

降圧剤による治療は最終手段

こうした一連の治療を行っても血圧が下がらなければ、最後に薬物療法を行います。

以上のように、更年期女性の高血圧は、体の変化をよく見きわめたうえで治療をすべきです。
すぐに薬物療法を開始する必要はありません。

これから寒くなりますが、体を温めることも、更年期症状の緩和に重要です。
このことも念頭に置いて、ぜひ健やかにお過ごしください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)


血圧が下がった!高血圧の私を元気にした「キュウリ健康法」の効果

血圧が下がった!高血圧の私を元気にした「キュウリ健康法」の効果

先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)


【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

私が「朝カレー」に注目したのは、子供たちの引きこもりの相談がきっかけでした。偏食が多く、生活も不規則その上、体が冷えていて低体温が多かったのです。カレーは血流を促して体温を上げ、新陳代謝を活発にします。朝食べたら、朝から元気になり早寝早起きの習慣がつきます。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)