MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【水虫の種類】かゆくない水虫もある! 市販薬「スイッチOTC」は効果ある?

【水虫の種類】かゆくない水虫もある! 市販薬「スイッチOTC」は効果ある?

水虫は、白癬という真菌(カビ)が足の角質層に寄生して起こる皮膚の感染症です。ひと言で水虫といっても、ジュクジュクするもの、ガサガサになるもの、皮がむけるもの、かゆいもの、かゆくないものと、いろいろです。その症状に応じて、3つのタイプに分かれます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)

水虫(足白癬)とは

かゆくないタイプもあり感染に注意

水虫は、白癬という真菌(カビ)が足の角質層に寄生して起こる皮膚の感染症です。
爪に寄生すると、爪白癬(爪水虫)になります。

白癬菌は、髪の毛や爪、皮膚の角質などにあるケラチンというたんぱく質を栄養源にして増殖するカビで、体のどこにでも寄生します。足以外の体部に寄生するものをタムシ、特に股に寄生するものをインキンタムシ、頭部に寄生するものをシラクモといいます。

ひと言で水虫といっても、ジュクジュクするもの、ガサガサになるもの、皮がむけるもの、かゆいもの、かゆくないものと、いろいろです。

その症状に応じて、3つのタイプに分かれます。

(1)趾間型

足の指と指の間にできる趾間型

足指の間に感染するもので、足の第3指と第4指の間によくできます。
赤く腫れて水疱ができ、皮がむけたり、ジュクジュクしてふやけたりします。
また、指の間がむずがゆくなります。

(2)小水疱型

水疱を伴う小水疱型。強烈なかゆみがある

足指の間や指の腹、足裏、足裏の縁などにできる水疱を伴う水虫です。
水疱が集まって赤くなることもあり、強烈なかゆみがあります。

(3)角質増殖型

足裏が乾燥して厚い角質に覆われ、かかとが硬くガサガサになる角質増殖型

足裏が乾燥して厚い角質に覆われたり、かかとが硬くガサガサになったりします。
皮がむけたり、ひび割れて痛みを伴ったりすることがありますが、かゆみはありません。

対策は「白癬菌をうつされないこと」

水虫は一般にかゆいと思われていますが、角質増殖型のようにかゆみのないものもあります。
かゆみを伴うものでも、かゆいのは菌に反応して炎症反応が働いているときだけで、菌に慣れて慢性的な水虫になると、かゆみはなくなります。

したがって、水虫に気付かなかったり、治ったと思って知らずに人にうつしてしまったりすることがあります。

白癬菌は、温度20℃以上、湿度60%以上の高温多湿の環境を好みます。
また、汗や汚れが残っているアルカリ性の皮膚も、白癬菌が繁殖しやすい環境です。
伝染力は弱く、成長も遅い菌ですが、丈夫で、人の体から離れても6ヵ月以上生き延びるといわれています。

ですから、いったん皮膚に寄生するとなかなか離れません。
水虫が治りにくいのは、そのためです。

また、白癬菌は皮膚からはがれ落ちた角質のなかでも生きていますから、素足で踏んだりすると菌が付着します。
公共施設のスリッパ、温泉やスポーツジムの床、バスマット、じゅうたん、たたみなど、どこででも感染の可能性があります。

よく、ブーツを履いていると水虫になると思っている女性がいますが、ブーツを履いているだけでは水虫になりません。

水虫は白癬菌による感染症ですから、うつされないことが大事です。
また、菌が付着しても洗えば落ちますから、毎日足を洗って清潔にしていれば、水虫を防げます。

水虫の予防と対処法

水虫は、うつさない、うつされないことが大事です。


対処のポイント
・不特定多数の人が集まって靴を脱いだり素足になったりするところでは、素足にならないこと。
・そういうところに行ったら、その日のうちに足をきれいに洗うようにする


水虫になったら、薬物治療を行います。
1度水虫になると治らないと思っている人もいますが、今は薬で根治できるようになりました。

抗真菌薬の外用薬とは

・白癬菌を殺菌し、増殖を防ぎます。
・薬のタイプは症状に合わせたクリームタイプ、軟膏タイプ、液体タイプ、パウダースプレータイプなどがあります
・ひび割れやジュクジュクした水虫なら、液体タイプよりクリームや軟膏のほうが使いやすいようです。

外用薬の塗布について

皮膚に浸透しやすいお風呂上がりをおすすめします。
きれいに洗ってよく水分を拭き取り、患部を中心に広めに塗布します。
塗布したあと、手に薬剤が残っていたら、石けんで手をしっかり洗ってください。

水虫の治療は、根気が必要です。
症状が治まっても、白癬菌の一部が生きていることもあります。
角質層が完全に入れ替わるまでの1〜2ヵ月以上は薬を続けてください。

角質増殖型や爪白癬(爪水虫)は、さらに長い期間の治療が必要です。

市販の水虫薬は効く?

スイッチOTC医薬品で治る

最近では、医療機関で出す薬と同じ成分の薬(スイッチOTC医薬品)が市販されるようになりました。
そういう薬なら、確かに水虫には効果があります。

しかし、その症状は本当に水虫でしょうか。
水虫に似た症状の病気は、ほかにもあります。

似た症状の異汗性湿疹(汗疱)に注意

例えば、異汗性湿疹(汗疱)という手のひらや足の裏に水ぶくれのできる皮膚の病気があります。かゆみを伴い、水虫に似ています。
軽ければハンドクリームで治りますが、ひどくなるとステロイド軟膏などの治療が必要です。

こうした病気にスイッチOTC医薬品を使うと、効かないどころか、かぶれなどの副作用を起こしてしまいます。

ですから市販薬を使う場合は、確かに水虫であるという診断を受けてからにしてください。

水ぶくれができて、水虫に症状が似ている異汗性湿疹(汗疱)

解説者のプロフィール

高山かおる(たかやま・かおる)
済生会川口総合病院皮膚科主任部長、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。
1995年、山形大学医学部卒。
日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。
難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。
フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。
専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

【好評】
『巻き爪、陥入爪、外反母趾の特効セルフケア (フットケア外来の医師がすすめる「足のトラブル」の治し方) 』高山かおる(著)

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)