【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

40歳になったころ、目を開けているのがつらくなり、テレビを見ていると、目がとても疲れるようになりました。眼科で診てもらいました。そこで検査を受けたところ、緑内障が発見されたのです。眼圧はずっと15〜16mmHgくらいを行ったり来たりしていました。【体験談】松島佳代子(仮名●広島県●59歳●パートタイマー)


眼圧が上がり続け失明の不安を抱いた!

 40歳になったころ、目を開けているのがつらくなり、テレビを見ていると、目がとても疲れるようになりました。そのころ、メガネを買い替えたばかりだったので、メガネが合わないのかと思い、眼科で診てもらいました。そこで検査を受けたところ、緑内障が発見されたのです。

 幸い、まだ初期だということで、眼圧(眼球内の圧力)もそんなに高くはありませんでした。当時の眼圧は忘れましたが、目薬をさすようになって、眼圧はずっと15〜16mmHgくらいを行ったり来たりしていました(基準値は10〜21mmHg)。
 私は、両目とも眼圧が高いといわれましたが、緑内障と診断されたのは左目だけで、少し視野欠損(見えないところ)があるそうです。しかし、右目も眼圧は高いので、目薬は両目にさしています。

 このようにして、最初のうちは目薬で眼圧をコントロールできていたのですが、年々少しずつ上がって、両目とも20mmHgに近づいてきました。そのため、目薬の種類も増加。2013年からは、ついに3種類になり、眼科医からは、もうこれ以上ふやせないといわれてしまいました。

 このまま進行したら、手術になったり、失明したりするかもしれません。私は、眼科の治療だけでは不安になってきました。そんなころ、緑内障に鍼治療で成果を上げているという、内田輝和先生の記事を知り、2014年5月から、先生の治療院に通うようになりました。
 内田先生の話では、緑内障の人の多くは首の後ろがこっているそうです。私もこっているといわれ、指でこすることを勧められました。そのとき教えていただいたのが、「首こすり」です。

20ミリあった眼圧が15ミリに下がった!

 首こすりは、頭の後ろの出っ張った骨の下にあるツボを、人差し指と中指をそろえて左右にこするというものです。私は、指でこすることもありますが、たいていはローラー式の美顔器を使ってこすっています。

 首こすりをするのは、目薬をさすときです。目薬は、毎日、朝晩の2回さしますが、さしてから5分間はじっとしていなければなりません。
 その時間を利用して、美顔器であごや首の周辺をマッサージするのですが、そのときに、首の後ろも2〜3分、美顔器を左右にコロコロ転がしてこすります。最初のころは、首こすりをすると、目が見えやすくなったような気がしました。

 こうして鍼治療を受け、首こすりも始めて2〜3ヵ月たったころです。眼科医も驚くほど、眼圧が下がりました。いつも20mmHgあったのに、両目とも15mmHgになったのです。
 また、目がよく見えるようになりました。
 私は毎朝、会社に行ってすぐはき掃除をするのですが、今まで床に落ちている髪や小さいゴミにあまり気づきませんでした。ところが、そういう小さいゴミがよく目につくようになったのです。

 その後、少し眼圧が上がってしまい、右目が18mmHgで、緑内障である左目が15mmHgです。しかし、視野欠損も進行しておらず、日常生活で不便を感じることはありません。
 まだ、眼圧が高いことには変わりがないので、これ以上悪くならないように、自分でできることは何でも行いたいと思っています。もちろん、首こすりも続けていきます。

目や脳の血流が回復し目が見えやすくなる(倉敷芸術科学大学教授・ 内田輝和)

 緑内障の患者さんは、ほぼ全員といっていいほど、首の後ろがこっています。松島さんも、こってかたくなっていました。これは、首の後ろの動脈の流れが悪くなっている証拠です。
 首こすりをすると、首の後ろの動脈の流れが促進され、目や脳の血流も回復します。そのため、視界が明るくなり、目が見えやすくなります。松島さんは、ローラー式の美顔器で首こすりをしていますが、後頭部の骨の出っ張りにローラーを密着させてこするようにしてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


眼圧 緑内障

関連する投稿


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

足の指と指の間である「足の指のまた」に体の調律点があり、刺激すると諸症状が改善するとされています。足の指は5本あるので、指のまたは4ヵ所。その4ヵ所で、それぞれ対応する症状が異なります。痛みを感じる、などの部分が問題点です。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)


【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

近視の原因には、遺伝によるものと、環境が影響しているものとがあります。環境という点では、学童期の子どもは最も強い影響を受けるといっても過言ではないでしょう。そこで私たちは、合谷を中心とした鍼治療で、若年層の近視の視力がどれだけ回復するのかを調査しました。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )