MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
猫がゴロゴロと喉を鳴らす「音」の癒し効果 海外では医療現場で活用!

猫がゴロゴロと喉を鳴らす「音」の癒し効果 海外では医療現場で活用!

猫が喉の奥で発するゴロゴロ音を聴くと、血流促進、免疫力の増進、骨密度の回復が促されるのです。ゴロゴロ音によるセラピーは、特にさかんなのはフランスで、骨折の回復に用いる例が多いようです。アメリカでは、エイズ患者の延命に役立ったとの報告もあります。【解説】太田光明(東京農業大学動物介在療法学研究室教授)

解説者のプロフィール

太田光明(おおた・みつあき)

東京農業大学動物介在療法学研究室教授。
1950年、愛知県生まれ。
東京大学農学部を卒業。同大学院修士課程を修了。
財団法人競走馬理化学研究所、東京大学助手、大阪府立大学助教授、麻布大学獣医学部教授を経て、現職。
農学博士、獣医師。
専門は獣医生理学、人と動物の関係学。

欧米では医療現場でアニマルセラピーを活用

私の専門分野は「アニマルセラピー」です。
動物の特性が、人間の心身の健康に与える影響を、科学的に究明していくのが研究の目的です。

私は長年猫を飼っており、猫が人間にもたらす健康効果を確信しています。
しかし、猫に限ったことではありませんが、アニマルセラピーの効果は、今ひとつ定かではありません。
被験者数がとても少なく、信頼に足る科学的根拠がないからです。

ただ欧米の医療現場は、日本と異なり、エビデンスが乏しい治療法でも、有効性が少しでも期待できれば、積極的に治療に活用する傾向があります。
そのため、注目に値するアニマルセラピーの症例報告が、世界にはいくつもあるのです(※)。

※ ドイツではアニマルセラピーが公的な医療行為として認められており、アメリカやイギリスでも治療に取り入れる病院が増加。日本では、アニマルセラピーは厚生労働省に認められておらず、普及が妨げられている

その1つが、「猫のゴロゴロ音」です。
猫が喉の奥で発するゴロゴロ音を聴くと、血流促進、免疫力の増進、骨密度の回復が促されるのです。


猫のゴロゴロ音はイルカの鳴き声に似ている

ゴロゴロ音によるセラピーは、すでに広く臨床的に活用されています。
特にさかんなのはフランスで、骨折の回復に用いる例が多いようです。
アメリカでは、エイズ患者の延命に役立ったとの報告もあります。

実は、猫のゴロゴロ音は、イルカの「クリック音」という鳴き声によく似ています。
イルカのクリック音には、人間の脳を効果的に刺激し、脳性まひや自閉症、認知症を回復させる可能性があります。
症例報告も多く、私も実際に、脳性まひの症状を劇的に克服した患者さんにお会いしました。

ただ、患者さんがイルカの声を聞ける環境を作り、実験を積み重ねるのは容易ではありません。

そのため私は、イルカの声の代替として、猫のゴロゴロ音に関心を持ち、研究を進めているのです。

実際に猫がいなくても健康効果は得られると判明!

実際に猫に触れた場合と、猫の重さや手触りを再現したぬいぐるみに触れた場合、それぞれでの脳の血流を調べたことがあります。
その結果、いずれの場合にもほぼ同様に脳の血流がよくなるとわかりました。

脳血流の促進は、脳血管障害はもちろん、認知症や自律神経失調症など、さまざまな症状を改善します。

一方、猫を見るだけでは、脳の血流変化はさほどではありませんでした。

実際に目の前に猫がいなくても、「ここに猫がいる」とリアルにイメージすることが重要です。

ゴロゴロ音を日常的にCDで聴くのもお勧め

猫がゴロゴロ音を出すのは、ネズミに噛まれた傷を治すためとの説があります。

猫はいつもゴロゴロ言っているわけではなく、いざゴロゴロしても、音量が小さくて聞きとりにくい場合もあります。
ゴロゴロ音を日常的に耳にするには、CDなどを使うのがいいかもしれません。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00