イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


解説者のプロフィール

山本わか(やまもと・わか)
田園調布長田整形外科頭皮セラピスト。
長年、自身が頭痛に悩まされていたが、長田夏哉先生の指導を受け、診療に関わるうちに、自身の手が持つ癒しの力に気づく。頭皮の奥深さに魅了され、頭皮セラピストとしての道を歩み始める。現在は頭痛も消失。指ヨガインストラクター、ロコモケアメイトとしても日々患者さんと向き合い、患者さんが本来持っている、自らの「生きる力」に気づけるようサポートしている。




自分でケアできる頭皮セラピーとして「頭のもみほぐし」のやり方と、頭のどの部位がやわらかい、硬いとどのような症状が出やすいか、また頭のどの部分をもむとどういった症状が改善するかを示した「頭のもみほぐし治療地図」をご紹介します。ぜひ自分で脳疲労を解消し、体を根本から健康になるために生活に役立ててください。

「頭のもみほぐし」とは

慢性疲労・頭の緊張

【 性格・傾向 】
・他人に常に気を遣う・リラックスする時間が少ない

頭頂部のもみほぐしのやり方

❶髪をかき分けて、頭皮の隆起した部分に中指の腹をしっかり当てる
❷中指を中心に残りの4本の指を熊手のように開き、髪をかき分けて指の腹を頭皮にしっかり当てる

❸息を吸いながら、隆起した部分を頭の正中線に寄せるイメージで、5本の指でしっかり押す
❹ゆっくり息を吐きながら指を緩める

イライラしやすい

【 性格・傾向 】
・自分の考えに固執しがち・頑固・頭脳労働が多い・理屈っぽい・思考優位

前頭部のもみほぐしのやり方

❶写真のように両ひじをつけ、人さし指、中指、薬指の3本の指を均等に開いて、両まゆ毛の上に当てる
❷息を吸いながら、両まゆ毛を髪の生え際に向かって持ち上げる。持ち上げたら、そのままゆっくり深呼吸を3回行う
❸ゆっくり息を吐きながら指を緩める

肩こり・歯の食いしばり・呼吸が浅い・バネ指など手に関わる疾患

【 性格・傾向 】
・多忙・焦りやすい・情報に振り回されがち

側頭部のもみほぐしのやり方

❶5本の指を熊手のように開き、耳が手のひらの中心にくるように覆い、指先で髪をかき分け、しっかり頭皮をとらえる
❷側頭筋を持ち上げるイメージで、息を吸いながら、親指以外の4本の指で頭皮を上に持ち上げる

❸息を吐きながら、ゆっくり指を緩める
❹カクカクする顎関節のところに人さし指、中指、薬指の3本の指をあて、息を吐きながら、後ろに向かってクルクルと指先を3回転させる。10回×3セット行う

うつ・不眠・倦怠感・無気力・ネガティブ思考

【 性格・傾向 】
・クヨクヨ思い悩みがち・決断力の鈍り・優柔不断・人生に張り合いがない・他人の意見に左右されやすい

ブヨブヨ後頭下筋のもみほぐしのやり方

【耳回し】両耳を根元からつかんで大きく前後に3回ずつ回す
【耳の後ろ押し】❶両手の親指を耳の後ろの生え際の辺りにあるくぼみ(風池)に置き、残りの4本の指を熊手のように開いて耳をすっぽり覆う

❷首を少し後ろに倒し、息を吐きながら、頭の重みを利用して風池を5秒くらい押す
❸息を吸いながら、頭を戻す

頭痛・首こり・睡眠不足・スマホ中毒・猫背

【 性格・傾向 】
・責任感が強い・完璧主義者・PC/スマホの見すぎ

カチカチ後頭下筋のもみほぐしのやり方

❶自然な呼吸で頭を大きくゆっくり回す。左右3回ずつ行う
❷鼻から息を吸いながら、頭をゆっくり後ろに倒す。倒しきった状態で、ゆっくり深呼吸を3回行う。息を吐きながら頭をゆっくり元に戻す

❸息を吐きながら、頭をゆっくり右に倒す
❹倒しきったらその位置から斜め後ろに頭を倒し、そのままの状態で左の肩を下げて胸鎖乳突筋をストレッチする。深呼吸を3回行う。左側も同様に行う

胃腸の不調・便秘・食欲不振・不眠

【 性格・傾向 】
・怒り・不満の蓄積・不安感

頭頂部のもみほぐしのやり方

頭のてっぺんより少し後ろにあるくぼみ(百会)に5本の指をそろえて当てる。頭の中にパンパンにたまった怒りを押し出すイメージで、息を吐きながら、百会を垂直に10秒くらい押す

腰痛・眼精疲労

【 性格・傾向 】
・パソコン作業が多い・会社のための残業が苦にならない・物事はキリがよいところまでやらないと気が済まない

後頭部のもみほぐしのやり方

❶両手の5本の指で、後頭部の頭皮を細かくつまみほぐす。場所を変えながら、後頭部全体をほぐしていく
❷後頭部の、目の真裏にあたる場所に人さし指と中指をそろえてあて、息を吐きながら押しほぐす

横から見た写真。目の真後ろの後頭部を押す

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


イライラ 肩こり 頭痛

関連する投稿


【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)


【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


猫背矯正に始めた「足の指回し」 ひどい肩こりが解消し顔の輪郭までシャープに!

猫背矯正に始めた「足の指回し」 ひどい肩こりが解消し顔の輪郭までシャープに!

足の指回しを始めて半年が経ったころ、「そういえば最近、肩をもんでもらっていないな」と気づきました。あんなにつらかった肩こりが、まるでウソのように消えました。「やせた?」と聞かれることも多いのですが、姿勢がよくなり、余分なぜい肉が取れて体が引き締まったので、やせて見えるのでしょう。【体験談】岡本幸恵(仮名・主婦・45歳)


内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)