イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


解説者のプロフィール

山本わか(やまもと・わか)
田園調布長田整形外科頭皮セラピスト。
長年、自身が頭痛に悩まされていたが、長田夏哉先生の指導を受け、診療に関わるうちに、自身の手が持つ癒しの力に気づく。頭皮の奥深さに魅了され、頭皮セラピストとしての道を歩み始める。現在は頭痛も消失。指ヨガインストラクター、ロコモケアメイトとしても日々患者さんと向き合い、患者さんが本来持っている、自らの「生きる力」に気づけるようサポートしている。




自分でケアできる頭皮セラピーとして「頭のもみほぐし」のやり方と、頭のどの部位がやわらかい、硬いとどのような症状が出やすいか、また頭のどの部分をもむとどういった症状が改善するかを示した「頭のもみほぐし治療地図」をご紹介します。ぜひ自分で脳疲労を解消し、体を根本から健康になるために生活に役立ててください。

「頭のもみほぐし」とは

慢性疲労・頭の緊張

【 性格・傾向 】
・他人に常に気を遣う・リラックスする時間が少ない

頭頂部のもみほぐしのやり方

❶髪をかき分けて、頭皮の隆起した部分に中指の腹をしっかり当てる
❷中指を中心に残りの4本の指を熊手のように開き、髪をかき分けて指の腹を頭皮にしっかり当てる

❸息を吸いながら、隆起した部分を頭の正中線に寄せるイメージで、5本の指でしっかり押す
❹ゆっくり息を吐きながら指を緩める

イライラしやすい

【 性格・傾向 】
・自分の考えに固執しがち・頑固・頭脳労働が多い・理屈っぽい・思考優位

前頭部のもみほぐしのやり方

❶写真のように両ひじをつけ、人さし指、中指、薬指の3本の指を均等に開いて、両まゆ毛の上に当てる
❷息を吸いながら、両まゆ毛を髪の生え際に向かって持ち上げる。持ち上げたら、そのままゆっくり深呼吸を3回行う
❸ゆっくり息を吐きながら指を緩める

肩こり・歯の食いしばり・呼吸が浅い・バネ指など手に関わる疾患

【 性格・傾向 】
・多忙・焦りやすい・情報に振り回されがち

側頭部のもみほぐしのやり方

❶5本の指を熊手のように開き、耳が手のひらの中心にくるように覆い、指先で髪をかき分け、しっかり頭皮をとらえる
❷側頭筋を持ち上げるイメージで、息を吸いながら、親指以外の4本の指で頭皮を上に持ち上げる

❸息を吐きながら、ゆっくり指を緩める
❹カクカクする顎関節のところに人さし指、中指、薬指の3本の指をあて、息を吐きながら、後ろに向かってクルクルと指先を3回転させる。10回×3セット行う

うつ・不眠・倦怠感・無気力・ネガティブ思考

【 性格・傾向 】
・クヨクヨ思い悩みがち・決断力の鈍り・優柔不断・人生に張り合いがない・他人の意見に左右されやすい

ブヨブヨ後頭下筋のもみほぐしのやり方

【耳回し】両耳を根元からつかんで大きく前後に3回ずつ回す
【耳の後ろ押し】❶両手の親指を耳の後ろの生え際の辺りにあるくぼみ(風池)に置き、残りの4本の指を熊手のように開いて耳をすっぽり覆う

❷首を少し後ろに倒し、息を吐きながら、頭の重みを利用して風池を5秒くらい押す
❸息を吸いながら、頭を戻す

頭痛・首こり・睡眠不足・スマホ中毒・猫背

【 性格・傾向 】
・責任感が強い・完璧主義者・PC/スマホの見すぎ

カチカチ後頭下筋のもみほぐしのやり方

❶自然な呼吸で頭を大きくゆっくり回す。左右3回ずつ行う
❷鼻から息を吸いながら、頭をゆっくり後ろに倒す。倒しきった状態で、ゆっくり深呼吸を3回行う。息を吐きながら頭をゆっくり元に戻す

❸息を吐きながら、頭をゆっくり右に倒す
❹倒しきったらその位置から斜め後ろに頭を倒し、そのままの状態で左の肩を下げて胸鎖乳突筋をストレッチする。深呼吸を3回行う。左側も同様に行う

胃腸の不調・便秘・食欲不振・不眠

【 性格・傾向 】
・怒り・不満の蓄積・不安感

頭頂部のもみほぐしのやり方

頭のてっぺんより少し後ろにあるくぼみ(百会)に5本の指をそろえて当てる。頭の中にパンパンにたまった怒りを押し出すイメージで、息を吐きながら、百会を垂直に10秒くらい押す

腰痛・眼精疲労

【 性格・傾向 】
・パソコン作業が多い・会社のための残業が苦にならない・物事はキリがよいところまでやらないと気が済まない

後頭部のもみほぐしのやり方

❶両手の5本の指で、後頭部の頭皮を細かくつまみほぐす。場所を変えながら、後頭部全体をほぐしていく
❷後頭部の、目の真裏にあたる場所に人さし指と中指をそろえてあて、息を吐きながら押しほぐす

横から見た写真。目の真後ろの後頭部を押す

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


イライラ 肩こり 頭痛

関連する投稿


低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)


ガチガチの重度肩こりが解消 簡単なのにヒップアップまで叶えた楽エクサはコレ!

ガチガチの重度肩こりが解消 簡単なのにヒップアップまで叶えた楽エクサはコレ!

朝、目覚めたとき、疲れが取れているどころか、首や肩のコリが悪化していることもありました。エクササイズを行うのは、テレビを見ているときや、お風呂に入っているときです。毎日続けるうちに、あんなにひどかった肩こりが気にならなくなり、頭痛も起こらなくなりました。【体験談】岡田美夏(カメラマン・47歳)


頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭皮セラピーを受けるのは月に1回程度なので、受けてしばらくするとまた疲れがたまり、寝つきが悪くなることがありました。そこで、自分でもケアできる「頭のもみほぐし」を教えてもらい、毎日寝る前にするようにしました。首筋の張りや肩こりがだいぶ楽になりますし、疲れがたまりにくくなります。【体験談】彦坂淑子(仮名・主婦・82歳)


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)