MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)

解説者のプロフィール

内野勝行(うちの・かつゆき)
●金町脳神経内科・耳鼻咽喉科
東京都葛飾区金町6-4-3 金町メディカルモール401
03-5660-5211
http://knoc.jp/

金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長。
帝京大学医学部を卒業後、神経内科に入局し神経救急や変性疾患などを専門に扱う。2015年に金町脳神経内科・耳鼻咽喉科を開業し、東京都葛飾区認知症対策委員を務める傍ら、外来と訪問で月100人以上の認知症患者を診察している。薬物治療のみではなく栄養指導や介護環境整備、家族のサポートなど積極的認知症治療を行っている。テレビや講演などでも活躍中。

頭の圧迫を取れば不眠やめまいも解消できる

 おでこに両手の指を当て、おでこの皮膚を引っ張るように、上下に動かしてください。骨の上で、皮膚が数センチ滑るように動くはずです。

 では、頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。
 おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。

「頭皮の緊張なんて、意識したことがありませんでした」というかたが、ほとんどだと思います。
 しかし、頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。

 私の専門は神経内科です。クリニックを訪れる患者さんの多くは、慢性頭痛を抱えています。
 患者さんの頭部を触ると、9割以上のかたの頭皮が、カチカチにこっています。
 頭皮の緊張という言葉を使いましたが、正しくは、「頭の筋膜の緊張」です。

 頭の筋膜とは、頭を、すっぽりと包み込んでいる白い膜のようなものです(下の図を参照)。
 頭の筋膜は、頭の筋肉や首の筋肉とつながっています。

 筋膜は、筋肉と違い、自ら伸び縮みできず、つながった筋肉に引っ張られます。
 頭の筋肉や、首の筋肉を酷使していると、筋肉が硬くなり縮みます。

 頭や首の筋肉が縮むと、頭の筋膜も影響を受けて、前後左右にピンと引っ張られ、緊張します。
 これはまるで、小さいヘルメットを被っているようなものです。
 頭が圧迫され、頭の血流が悪くなるので、頭痛が起こるわけです。

 また、脳も圧迫されるので、脳神経や脳の血流にも影響します。
 脳が圧迫されると「自律神経」の働きにも問題が生じます。

 自律神経は、内臓や血管の働き、呼吸や消化、発汗やホルモン分泌など、私たちが普段意識しない体の働きをコントロールしてくれている神経で、全身に張り巡らされています。

 この自律神経の司令塔が、脳にあります。ですから、脳が圧迫されると、自律神経もうまく働かなくなってしまうのです。

「寝つけない」「熟睡できない」といった不眠症を起こしやすくなったり、「イライラしやすい」「やる気が出ない」など、心が不安定になったりします。
 そのほかに、めまいや耳鳴り、冷え性や体のほてりなどにも、自律神経の乱れが潜んでいます。

耳の上の筋肉をほぐすと脳の圧迫が取れやすい

 ただ、安心してください。頭の筋膜を即座にゆるめ、脳の圧迫を取る簡単な方法があります。
 ポイントは、頭の筋膜とつながる頭や首の筋肉をほぐしてあげることです。そうすれば頭の筋膜もゆるみます。

 特にほぐしたいのが、耳の上にある「側頭筋」という筋肉です。
 側頭筋は、何かを見たり食べたりするときに使うので、酷使しやすく、硬くなりやすいのです。「側頭筋に頭のストレスが現れる」といっても、過言ではありません。

 下記で紹介する「耳の上ほぐし」は、側頭筋をほぐし、脳を圧迫から解放する効果があります。
 頭の筋膜をゆるめれば、自律神経を介して、脳だけでなく体や心の不調改善にも、効果があるはずです。

■頭の筋肉をほぐせば脳を圧迫から解放できる!

頭や首の筋肉が緊張すると、筋膜が引っ張られ、頭が締め付けられ脳も圧迫される

頭や首の筋肉をほぐせば、筋膜もゆるみ頭が圧迫から解放される

「耳の上ほぐし」を就寝前に行えば眠りやすくなる

「耳の上ほぐし」は、ヘルメットのように頭を圧迫している”筋膜の緊張”を、手間をかけずにゆるめる、とても簡単な方法です(下記①)。

 耳の上ほぐしは、私もシャワーを浴びながらよく行っています。
 耳の上をほぐすことで、もっとも酷使しやすい頭の筋肉である「側頭筋」をゆるめます。

 また、パソコンやスマホの長時間使用で、硬くなりやすい「後頭部〜首の筋肉」をほぐして、頭の筋膜をゆるめる方法も紹介します。

 頭の圧迫が緩和されれば、自律神経のうちリラックスモードを担当している「副交感神経」のスイッチが入ります。
 頭の筋膜をゆるめることで、全身を休息状態に導けるということです。ですから、就寝前に耳の上ほぐしを行えば、寝つきがよくなる、ぐっすり眠れるといった、安眠効果を期待できます。

 副交感神経が活性化すると、血管が広がるので、頭や脳の血流がよくなり頭痛が改善されます。
 血流がよくなれば、筋肉の使い過ぎでたまった疲労物質も排出されやすいので、頭の筋肉がこりにくくなるという、好循環が生まれます。

頭の筋膜をゆるめる方法①「耳の上ほぐし」のやり方

ほぐす部位
頭の中でも耳の上に広がる側頭筋は特にこりやすい。ほぐすと、歯ぎしり改善にもつながる

❶手で「グー」をつくり、薬指と小指の第二関節を、耳の上に押し当てる

❷耳の上に、薬指と小指の第二関節をグッと押し当て、グリグリと上下に細かく動かす。心の中で10秒数え終わるまで行う。頭が疲れたときにやると、筋膜の緊張をリセットできる

頭痛薬を飲まなくなった!めまいや肩こりも軽減

 私は、患者さんにも耳の上ほぐしを勧めており、試してくれたかたには成果が認められています。

 70代男性のAさんは頸椎症で、慢性頭痛、頭重感じ、左腕がしびれて、手を上げられないことに悩んでいました。
 20年以上も整体に通っていたのですが、改善する兆しはなく、ずっと頭痛薬を飲んでいたと言います。

 Aさんには、耳の上ほぐしを勧めつつ、適度に体を動かすようにお伝えしました。
 すると、徐々にですが、長年苦しめられてきた頸椎症の症状が軽減していきました。
 今では、腕が上がるようになり、「頭痛薬をほとんど飲まなくなりました」と喜んでいます。

 美容師をしている50代女性のBさんは、職業柄、つらい肩こりに悩んでいました。
 さらに、更年期を迎えてからは、肩こりに加えて、めまいにも襲われるようになりました。
 耳鼻科で精密検査を受けても、めまいの原因はわかりません。

 Bさんのめまいは、首のこりが原因となっている、「頸性めまい」と呼ばれるものです。
 このタイプのめまいには、特に「首の生え際ほぐし」(下記②)が有効です。

 Bさんは、頭の圧迫が取れていくにつれて、「めまいだけでなく、長年の肩こりも軽くなった」と喜ばれていました。
 何をしてもよくならない症状には、頭の筋膜の緊張を疑ってみてください。

 不調の根本から解消する耳の上ほぐしをお役立ていただき、「これがあればだいじょうぶ」という安心感を、持っていただきたいと思います。

頭の筋膜をゆるめる方法②「首の生え際ほぐし」のやり方

ほぐす部位
パソコンやスマホなど、前かがみの姿勢が続くと、後頭部から首にかけての筋肉がこりやすい

首の生え際のところにテニスボールを置き、そのまま横になるだけ。ストレッチポールで代用してもいい

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt