MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
メニエール病は真面目タイプがなりやすい? 頑張りすぎた時の

メニエール病は真面目タイプがなりやすい? 頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

患者さんに増えているのが気が滞って不調になっているケース。どこで流れが悪くなっているかといえば「頭」です。体より頭(脳)を使うことが増えたからでしょう。体を動かさず、延々と考え事をしたり、スマートフォンやパソコンを長時間使うことが原因なのです。【解説】鳴海理恵(鍼灸・あん摩マッサージ指圧師、VE&BI治療院院長)

解説者のプロフィール

鳴海理恵(なるみ・りえ)
●気血免疫療法会VE&BI治療院
東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F
TEL 03-3953-1337
http://vebia.net/

一般社団法人気血免疫療法会理事。「爪もみ」療法などで知られる福田稔医師(故人)の長女であり、食事療法研究家としても活動。成城大学文芸学部英文学科卒業。アメリカのクシインスティテュートにてマクロビオティクスを修得。その後、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の資格を取得。体の自然治癒力を引き出す治療で効果を上げている。

頭にたまった熱が病気や不調につながる

 私の治療院では、東洋医学を取り入れた施術を、積極的に行っています。
 病気や不調を考えるとき、東洋医学で重視されるのが「気」「血」「水」の巡りです。

●気……全身を巡り組織の働きを活発にするエネルギー。血や水の循環を先導する。当院では気を「自律神経などの神経が体に及ぼす、見えない作用」としても捉えている
●血……組織の栄養になる
●水……体に潤いをもたらす。皮膚や粘膜として体を守る


 東洋医学では、気、血、水がじゅうぶんに、滞りなく全身を流れてこそ、健康を保てると考えます。
 気、血、水が足りなかったり、流れが悪くなったりするから、病気や不調になるというわけです。

 近年、患者さんに増えているのが気が滞って、不調になっているケース。どこで流れが悪くなっているかといえば、「頭」です。
 これは、体より頭(脳)を使うことが増えたからでしょう。体を動かさず、延々と考え事をしたり、スマートフォンやパソコンを長時間使ったりしていると、頭に気がのぼります。そのうち、頭は気でいっぱいになり、気が渋滞します。

 気は、血や水もいっしょに連れていきますから、頭には、血や水も滞ります。頭が、気、血、水でパンパンになっている状態です。
 頭に気が渋滞すると、そこには熱がこもりますから、頭がカッカしたり、ボーッとしたりします。
 頭に気や血がのぼるということは、他のところには、気や血が不足するということですから、手足やおなかは冷たくなります。

 これがいわゆる「頭熱足寒」です。一般に、「頭寒足熱」が健康であることはよく知られています。それとは正反対の状態が、今、非常に増えています。
 そして、頭熱足寒が原因で病気や不調になっているかたが、ほんとうに多いのです(下記)。

頭熱状態の人の特徴

頭熱を取るにはつむじをグリグリほぐす!

 頭にのぼった気をおろし、頭熱を取ることが、健康になる第一歩です。
 頭熱を取るのに、私がお勧めするのが「つむじほぐし」という方法です(やり方は下記)。

 その名のとおり、つむじを手でグリグリほぐすだけの簡単な方法です。これだけで頭の緊張をうまく取り、頭に渋滞している気を、下におろすことができます。

 つむじには、気を全身に巡らせるための、スイッチの役割があります。
 しかし、頭に気が滞ると、つむじがキュッと閉じてしまい、全身に気が行き渡りません。そこで、握りこぶしをつむじに当て、閉じた蛇口を開くイメージで、反時計回りにグリグリと回しほぐします。

 つむじが開いて、頭にのぼった気、血、水が下がり、再び全身を巡るようになるので、病気や不調が改善に向かいます。

 治療院の患者さんを見ても、つむじをほぐし、頭熱を取ることで、病気が改善した例がたくさんあります。

つむじは、全身に気を巡らせるスイッチのような場所。つむじを刺激すれば、頭にのぼった気が全身を巡り始める

【症例】メニエール病とパニック障害がみるみる改善した

 ある30代前半の女性は、パニック障害(※1)に悩んで来院されました。
 お話をうかがうと、突然発作が起こり苦しくなると、「電車やバスはおろか、自転車にも乗れない」といいます。

 さらに、耳鼻科ではメニエール病(※2)と診断されていて、めまいや耳鳴りにも苦しんでいました。
 彼女の体を触ってみると、頭はもちろん、首や背中までがガチガチに硬くなっています。

 彼女につむじほぐしをやってあげると、かなりの痛みを訴えました。それだけ、頭熱がたまっていたということです。

 施術と並んで、つむじほぐしを毎日こまめに続けていると、彼女の症状はみるみる改善。2〜3週間で、パニック症状が現れなくなり、電車やバス、自転車にも自由に乗れるようになるまで回復しました。

 当初は週に1回の施術が必要でしたが、その後は月に1回の施術でも問題なく過ごせるようになりました。
 今では、メニエール病によるめまいや耳鳴りに悩まされる頻度も、大幅に減っています。頭熱を取ることが、さまざまな不調を改善に向かわせる、わかりやすい例です。


※1 突然、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、生活に支障が出ている状態
※2 ぐるぐる回るような回転性の激しいめまいに、耳鳴り、難聴、耳の詰まりなどを伴う症状

【症例】頭熱を解消すると血圧が正常値にさがった

 別の40代の女性は、自然と4㎏の減量に成功。最大血圧が140〜170㎜Hg(最大血圧の正常値は140㎜Hg未満)と高めでしたが、正常値に落ち着くようになりました。

 このかたも、当初は頭から背中がガチガチにこっており、頭を触ると「熱ッ!」という言葉が出るくらい、カッカした状態でした。つむじほぐしで、頭熱を解消したことで、大きな効果が得られたのです。

 病気や不調の大もとをたどると、気・血・水の滞りに行き着くことが、少なくありません。
 今、悩んでいる症状の改善策としてはもちろん、毎日たまりがちな頭熱をリセットする方法として、「頭を使い過ぎた」と思ったら、つむじほぐしをこまめに行ってください。

「反時計回り」がポイント!「つむじほぐし」のやり方

中指、人さし指の第二関節など硬いところをつむじに当てる

手の関節など硬いところをつむじに当てたら、反時計回りに10周、つむじをほぐすように回す

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt