MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
握りこぶしを作って二の腕シェイプ!食事制限なしで痩せる「ダイエット呼吸」

握りこぶしを作って二の腕シェイプ!食事制限なしで痩せる「ダイエット呼吸」

2012年8月からこの呼吸法を行い、ダイエットに成功しました。開始前、体重76Kg、ウエスト99cmでした。それが、約3ヵ月で体重65・5Kg、ウエスト78cmになったのです。10Kg強やせ、ポッコリしていたおなかが21cmも縮まりました。顔も小さくスッキリしました。【解説】宮城悟(国際心相科学協会会長・気功師)

15kg痩せに成功!「ダイエット呼吸」の3つ特徴

私は1980年代に中国で気功を学び、以来、気功による健康法から始まり、運気学などの研究を積み重ねてきました。
今回ご紹介する「ダイエット呼吸」は、これまで私が得た気功の極意に基づき、独自に考案したものです。

気功には、ゆっくり腕を動かしながら、呼吸をするイメージがあると思います。
まさに、気功は呼吸が重要な要素なのです。
この呼吸法で、多くのかたが劇的にスリムになっています。
なかには、15㎏やせた人もいるのです。

ダイエット呼吸の特徴は、大きく分けて三つあります。

まず一つめが、「おなかをへこませたまま、呼吸をすること」です。

呼吸法には、胸式と腹式があります。
胸式は肺の上方に空気をためる方法で、外から見ると、胸がふくらんで見えます。
腹式は肺の下方に空気をためる方法で、外から見ると、おなかがふくらんで見えます。
さらに、腹式呼吸には2種類あります。

順腹式呼吸は、吸うときにおなかをふくらませ、吐くときにおなかをへこませます。
逆腹式呼吸は、吸うときにおなかをへこませ、吐くときにおなかをふくらませます。

ダイエット呼吸は腹式呼吸ですが、順腹式でも逆腹式でもありません。
吸うときも吐くときも、おなかをへこませたまま呼吸を行います。
こうすることで、強力に腹圧をかけられるので、おなかのシェイプアップが期待できるのです。

そして、二つめが、「息を吐き切ること」です。

さまざまな呼吸法の秘伝と呼ばれるものの一つに、息を吐き切ることが挙げられます。
心臓や胃腸などは、自律神経の働きによって機能していますが、自律神経は自らの意志ではコントロールできません。
それが、呼吸によって、自律神経に働きかけられるのです。

その呼吸とは、無意識にする浅く短い呼吸ではなく、深く長い呼吸です。
そして、苦しくなるまで息を吐き切ることが、腹筋を鍛えることにもなるのです。

最後が、「音を出しながら息を吐くこと」です。

これによって、息を吐き切れているかが、自分の耳で確認できるのです。
ダイエット呼吸では、鼻から吸って、口から吐きます。

では、2つのダイエット呼吸のやり方に入りましょう。

ダイエット呼吸のやり方



■呼吸の基本
◎鼻から吸って口から吐く
◎おなかをへこませた状態で、呼吸をする。
◎息を吐くときは、口をすぼめて音を出しながら吐く。
◎苦しくなるまで息を吐き切る。

腕振り呼吸

❶両足を肩幅に開いて立ち、両腕を体の側面で下ろし、両手で握りこぶしを作ります。

❷おなかをへこませたまま、両腕をゆっくり真上に持ち上げながら、息を吸います。

❸②の状態から両腕をゆっくり元に戻しながら、苦しくなるまで息を吐き切ります。
このとき、口をすぼめた状態で、音を出しましょう。

これを2回くり返します。

ねじり呼吸

❶左足を半歩前に出して立ち、両手で握りこぶしを作り、左腕を正面に突き出し、右腕を後方に向けます。

❷おなかをへこませたまま、息を吸ったら、①の状態から両腕を上体ごとゆっくり左にねじりながら、息を吐きます。このとき、口をすぼめた状態で、音を出しましょう。

❸これ以上ねじれないというところまでねじったら、そこで息を吐き切ります。
次に、右足を半歩前に出して立ち、右腕を正面に突き出し、左腕を後方に向け、同様のやり方で右にひねります。

これを左右、2回ずつ行いましょう。

こぶしを作って行うと二の腕が引き締まる

それぞれの呼吸法で、握りこぶしを作るのは、二の腕を引き締める効果があるからです。
また、食事制限は必要ありません。

しかし、実際は3日ほど続けると、食事をしてもすぐに満腹になるので、食事量がへってきます。
毎日続けると、自律神経が整うので、やせるだけでなく、体調もよくなるでしょう。

ちなみに、ダイエット効果を上げるために、ルールを二つ設けています。
それは、夜10時以降は食事をしないこと。
それと、夕食後、朝食まで12時間以上間を空けることです。

私自身、2012年8月からこの呼吸法を行い、ダイエットに成功しました。
開始前、体重76Kg、ウエスト99cmでした。
それが、約3ヵ月で体重65・5Kg、ウエスト78cmになったのです。
10Kg強やせ、ポッコリしていたおなかが21cmも縮まりました。
顔も小さくスッキリしました。

解説者のプロフィール

宮城悟(みやぎ・さとる)
国際心相科学協会会長・気功師。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt