医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


解説者のプロフィール

西本真司(にしもと・しんじ)
●西本クリニック
和歌山市七番丁16 和一ビル2F
073-428-1220
http://home.att.ne.jp/surf/nishimoto/

西本クリニック院長。
1961年、和歌山県生まれ。近畿大学医学部卒業。熊本大学医学部附属病院麻酔科、熊本赤十字病院麻酔科、山鹿市立病院をへて、1996年、西本第2クリニックを開業。2006年、西本クリニックと西本第2クリニックを統合し、西本クリニック院長に就任。自らの潰瘍性大腸炎の闘病経験を活かしたホリスティックな医療を実践する。著書に『潰瘍性大腸炎 医師も患者もこうして治った』(マキノ出版)などがある。

自分が病気を克服した体験を生かして治療

「潰瘍性大腸炎」という病気をご存じでしょうか。
これは、難病に指定されている、原因不明の炎症性腸疾患です。

私は29歳のとき、潰瘍性大腸炎と診断され、合計4回の入退院をくり返しました。
その間には、1日40回近くの下痢と血便に苦しみ、肛門周囲膿瘍という合併症を引き起こしたこともありました。

しかし、私は7年間の試行錯誤の末、この病気を克服しました。
「一生、飲み続けなければならない」とされている薬をやめ、以来16年間、症状が再発せずに過ごせているのです。

現在は、潰瘍性大腸炎の患者さんをはじめ、「難病を克服したい」と願う多くの患者さんたちに、自らの体験を生かした治療のサポートを行っています。
潰瘍性大腸炎に関しては、2013年の時点で、西洋薬から離脱でき、1年以上再発せずに過ごせている人が、100名を突破しました。

これによって、病気を治すポイントが、より明確に見えてきました。
私が考える病気を治すポイントとは、
①自律神経のバランスを整える
②セロトニンを活性化させる
③体脂肪をため込まない
、この三つです。

①自律神経は、活動時に優位になる交感神経と、休息時に優位になる副交感神経が、バランスを取りながら、全身の血管や内臓の働きを調整しています。
ところが、生活習慣、ストレス、薬の使用などによって、自律神経のバランスがくずれると、免疫力が低下し、病気を起こしやすくなります。

②セロトニンは、精神的な安定をもたらす脳内の神経伝達物質です。
不足すると、ストレスに弱くなり、自律神経のバランスが乱れます。

セロトニンは腸に多く存在するため、セロトニンの活性化は、腸の働きを整えることにもつながります。

③体脂肪の増加は動脈硬化を進行させ、血流障害を招き、あらゆる病気へとつながります。
クリニックでは、この三つの対応策となるさまざまな療法を、患者さんとともに実践しています。

なかでも、自律神経のバランスを整えることと、セロトニンを活性化させること、その二つに役立つのが「呼吸法」です。
呼吸は自律神経によって支配されていて、副交感神経が優位なときは深くてゆったりした呼吸、交感神経が優位なときは浅くて早い呼吸になります。

また、息を吐くときは副交感神経が優位になり、息を吸うときは交感神経が優位になります。

感謝することは免疫力を高める

潰瘍性大腸炎の患者さんの多くは、ストレスなどによって交感神経が優位に偏り、病気を引き起こしています。
ですから、吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。

さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。
では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。

「ありがとうね呼吸」は、あおむけに寝て、リラックスした状態で、「あ・り・が・と・う・ね」という言葉を発声しながら、息をゆっくり吐き出す呼吸法です。
1回5分程度で、それを1日に2~3回、手のすいたときに行います。

具体的なやり方は、下の写真を参照してください。
基本は腹式呼吸で行います。

息を吸うときにおなかを膨らませ、吐くときにへこませます。
息を大きく吸ったときには、内臓の血液がおなかから外に押し出され、吐くときに新しい血液が内臓にドッと吸い込まれるので、内臓の血行を促進し、機能を高める作用があります。

「ありがとうね」という言葉には「あいうえお」の音がすべて入っているので、発音するときに口を大きく動かせば、口の周囲の口輪筋も鍛えられます。
また、「ありがとうね」という感謝の言葉は、自分も周りの人も幸せになる言葉です。

感謝することは心を豊かにして、免疫力を高めることにも通じます。
感謝の気持ちを伝えたい人を思い浮かべながら、「ありがとうね呼吸」を行うのもよいでしょう。

幸せな気持ちに満ち溢れ、ストレスも軽減するはずです。

「ありがとうね呼吸」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


腸内環境を改善する「玉ねぎヨーグルト」の効果と作り方

腸内環境を改善する「玉ねぎヨーグルト」の効果と作り方

シンバイオティクスとは「人に有用な善玉菌を摂取するプロバイオティクス」と「善玉菌を生かすものを摂取するプレバイオティクス」をバランスよく摂取して腸内環境にアプローチするという方法です。ヨーグルトがプロバイオティクス、玉ねぎがプレバイオティクスに該当します。【解説】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

【カチカチの頭皮をほぐす効果】眼精疲労と溜まっていたストレスから解放

実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)


【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

【脳疲労の取り方】イライラ解消や性格改善「目の後ろ」を押す効果を医師が解説

人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)