MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【アトピー】首や顔のかゆみが治まる「蒸しタオル療法」星状神経節に当てるだけ

【アトピー】首や顔のかゆみが治まる「蒸しタオル療法」星状神経節に当てるだけ

アトピーの人は、交感神経が優位になりがちです。その証拠に、下あごにあるリンパ節を指で押すと多くの人が強い痛みを感じます。これは、健康状態を確かめる指標として診察時に行っている検査法です。そこで私は、交感神経の過緊張が緩和されれば、アトピーの症状は改善するだろうと考えました。【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)

特徴はイライラしやすい、 疲れやすい、甘いものが欲しくなる

 アトピー性皮膚炎の人に対し、私はさまざまな生活改善の指導やアドバイスを行っています。その一つが、首を温めることです。首を温めると、自律神経(体の諸機能を調整する神経)のうち、活動時に働く交感神経の過緊張がおさえられるからです。

 アトピーの人は、日常的に、交感神経が優位になりがちです。その証拠に、下あごの骨の内側にある顎下リンパ節を指で押すと、多くの人が強い痛みを感じます。
 これは、健康状態を確かめる一つの指標として、私が診察時に行っている検査法です。自分で顎下リンパ節を押さえるときは、あごをひいて、親指の腹で、あごの骨に向かって内側から押します。すると、アトピーの人は健康な人に比べて、より強い痛みを感じるのです。皮膚の状態が悪い人ほど痛みは激しく、軽く押さえただけでも「飛び上がるほど痛い」といいます。

 顎下リンパ節は、顔に最も近い場所にあるリンパ節です。体に侵入した菌は、リンパによって処理されますが、口や鼻からは多くのウイルスや菌が入ってくるため、顎下リンパ節は大忙しです。指で軽く押さえただけで痛むということは、リンパがかなり疲弊している証拠です。

 そして、顎下リンパ節を押して痛みのある人には、共通して次のことが当てはまります。
①昼間眠くなる。
② 朝、寝起きが悪い。
③ 夜、寝つきが悪い。
④イライラしやすい。
⑤ 肩こりがある。
⑥ 疲れやすい。
⑦ 甘いものが欲しくなる。
⑧ よくあくびが出る。
 これらは、交感神経が緊張しているときに起こる現象です。

 そこで私は、交感神経の過緊張が緩和されれば、アトピーは改善するだろうと考えました。その考えに基づき、約20年前、星状神経節にレーザー光を照射する治療法を、アトピー患者さんに初めて行ったのです。
 星状神経節とは、首の長さを3等分した下から3分の1で、中心から左右に1〜2cm外側にある、交感神経の中継所といわれている場所です。ここにレーザー光を当てると、交感神経の緊張が緩むことは、医療界ではよく知られています。

 16〜47歳の男女45人にこの治療を試みたところ、約7割に明確な効果が認められました。睡眠状態が改善し、アトピー特有の皮膚の赤み、皮膚のかゆみなどが改善したのです。その後、781例のアトピー患者さんに同様の治療を行い、同じく好結果が出ています。最近ではアトピー性皮膚炎のほか、難治性の多くの皮膚疾患でも同様の方法を試み、好成績を得ています。

蒸しタオル療法のやり方

首の後ろから前面まで全体を温める

 しかし、このレーザー治療だと、病院でしか治療を受けられません。そこで、これと同じような効果が期待でき、家庭で簡単にできるように考案したのが、タオルで首を温める「蒸しタオル療法」です。

 そのやり方は、とても簡単です。まず、タオル(30cm×70cm大)1枚を用意します。それを水に浸して強くしぼり、ラップに包んで、電子レンジに1分ほどかけます。
 温かくなったタオルを取り出し、ラップを外して、縦に1回、横に1回折ります。それを、首全体をおおうようにして、約5分間、首を温めてください。
 蒸しタオルの温度は、40度ぐらいを目安にするといいでしょう。レーザー光の場合、頸椎(首の骨)がじゃまをしないよう首の前面から当てますが、蒸しタオルで温める場合は、首の後ろから前面まで、全体をおおうようにします。使い捨てカイロをタオルに包んで、首を温めてもいいでしょう。ヤケドにはくれぐれも注意してください。

 首を温めるととても気持ちがよく、交感神経の過緊張がおさえられて、副交感神経が優位になります。すると、イライラしていた感情が穏やかになり、夜もよく眠れるようになります。生活全般のバランスが整い、顔や首の、かゆみや赤みも、しだいにおさまっていくでしょう。

甘いものが欲しくなったら果物、砂糖は極力控える

 なお、睡眠や食事など、ふだんの生活習慣を改めることも重要です。
 まず、夜型中心の生活スタイルの人は、それを改めて、朝8時から昼12時までは必ず起きているように心がけましょう。昼食後に眠くなったら、2〜3時間なら寝てもかまいません。

 食べ物は、1日3食のリズムを守ってください。甘いものが欲しくなったら果物、のどが渇いたら水かお茶、おなかがすいたらおにぎりやうどんなどをとるといいでしょう。砂糖の入った飲み物や食品は、控えてください。
 健康状態がよくなれば、甘いものに対する欲求が減少し、顎下リンパ節を押しても、あまり痛まないようになっているはずです。毎日、蒸しタオル療法を行い、症状の回復にぜひお役立てください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
2年前の夏が終わる頃、突然アトピーが再発したのです。塩発酵キャベツのほか、発酵食品を頻繁に食べるようにしたら、いつの間にか、薬を飲まなくてもアトピーの症状が出なくなりました。皮膚には内臓の状態が出ると聞いているので、体の中から状態が改善されてきたのだと思います。【体験談】田口恭子(セラピスト・48歳)
更新: 2019-01-03 18:00:00
アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)
更新: 2018-06-20 12:25:59
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt