医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

「コーヒーには体に悪いカフェインが含まれているからあまり飲まないほうがいいのでは」という印象をお持ちのかたがいらっしゃるかもしれません。最近の研究では、カフェインには自律神経の働きを促進する効果があると判明しています。ですから脂肪の燃焼を高める効果が得られダイエットにつながるのです。【解説】里見英子(白山病院副院長)


解説者のプロフィール

里見英子(さとみ・えいこ)
●里見英子クリニック
大阪市東淀川区豊新5-15-4
06-6328-3103
http://www.satomi-eiko.com/

里見英子クリニック院長。
兵庫医科大学卒業後、白山病院副院長を経て、2014年8月に里見英子クリニック開業。内科、美容内科、アンチエイジングを担当。テレビや雑誌などにも出演し、美容法、健康法をわかりやすく伝えている。

コーヒーの香りでα波がふえる!

寒さが厳しさを増すこの時期。
ぜひ、温かいコーヒーを毎日飲むようにしましょう。

特に、美しくやせたいと願う女性にはもってこいの飲み物です。
なぜかというと、コーヒーにはダイエット効果があるうえ、むくみや便秘の解消などにも役立つからなのです。

ただし、中には「コーヒーには、体に悪いカフェインが含まれているからあまり飲まないほうがいいのでは」という印象をお持ちのかたがいらっしゃるかもしれません。
確かに、10数年前まではコーヒーが健康によくないという研究や論文が多く見られました。

ですが今では、その流れは大きく変わっているのです。
カフェインはコーヒーの主要な成分の一つで、覚醒作用があることがよく知られていて眠け覚ましのために活用されています。

その一方で、カフェインは脳をリラックスさせる効果を発揮することがわかっているのです。
このことはラット(実験用の大型ネズミ)を用いた実験でも明らかになっています。

私は、コーヒーのリラックス効果をうまく活用すれば、ダイエットに役立てることができると思います。
例えば、短い期間で太ってしまった人の場合、ストレスが引き金になっているケースが多いものです。

仕事の重圧や失恋のショック、やせなければいけないプレッシャーなど、そういったものが引き金となり、精神的なバランスがくずれた結果、極端な間食や大食いをくり返してしまうのです。
そこで、コーヒーを飲んで精神的な安定が得られれば、ごく自然なカロリー摂取ができるようになるでしょう。

さらに、コーヒーの香りをかぐと、脳がリラックスしたときに出るα波が非常に多く現れることもわかっています。
おやつの時間にゆったりとした気分でコーヒーを味わうことは、精神的な安定をもたらし過食を防ぐので、ダイエット効果につながると考えられるのです。

コーヒーを飲めば脳がリラックスする

腎臓の血流量をふやし尿の出をよくする

私が、ダイエットのためにコーヒーをお勧めする理由は、それだけではありません。
体の諸機能の働きをつかさどる自律神経のバランスがくずれると、食欲の抑制や脂肪の消費をうまくコントロールすることができなくなってしまい肥満を招きます。

最近の研究では、カフェインには自律神経の働きを促進する効果があると判明しています。
ですから、コーヒーを飲めば脂肪の燃焼を高める効果が得られ、ダイエットにつながるのです。

また、カフェインには強い利尿作用もあります。
血管拡張作用によって腎臓を通過する血流量をふやし、尿の量を多くするのです。

この点で、女性が気になるむくみの解消にも役立つでしょう。
さて、女性の悩みといえばとても多いのが便秘です。

便秘を引き起こす原因はさまざまですが、ふだんの水分摂取量が少ないことも一因です。
コーヒーなどでじゅうぶんに水分をとることは、便秘解消のカギとなります。

最近では、便秘の解消に役立つオリゴ糖が入ったコーヒーなども市販されていますので、こうしたものを利用するのもいいでしょう。
これほどまでにさまざまな効能を持ったコーヒーですが、大量に飲めばいいというものではありません。

1日に3杯程度が、ちょうどいいのではないでしょうか。
コーヒーを味わいながら、ホッとするひとときを日常の中に持つこと。

それが、心身に安静をもたらしてくれ、健康につながるのだと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

これまで私は、甘酒の摂取をお勧めしてきました。今回、甘酒の効果をさらに高める機能的な食べ方として、新たにお勧めするのが、甘酒と寒天を併せてとる、「甘酒寒天」です。テングサという海藻を主原料とする寒天は、甘酒以上に食物繊維が豊富な食品です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


ポッコリ下腹の原因は「子宮」だった! 1分でお腹をぺたんこにするポーズはコレ

ポッコリ下腹の原因は「子宮」だった! 1分でお腹をぺたんこにするポーズはコレ

骨盤のゆがみを最も簡単に解消できるのが「下腹ぺたんこポーズ」です。骨盤と肩甲骨を締めた姿勢で腹式呼吸をしながら圧をかけることで、たった1ポーズで、骨盤と肩甲骨のゆがみと開きを改善する「姿勢矯正」、インナーマッスルを鍛えて体の軸を取る「体幹トレーニング」ができます。【解説】波多野賢也(美容整体サロン・アクアヴェーラ代表)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)