MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)

解説者のプロフィール

岩谷恭子
●Kastaria(カスタリア)
東京都目黒区上目黒1-18-11 フラット中目黒301
03-3713-1555
http://www.kastaria.com/

個人サロン「カスタリア」代表。エステティシャン。大手サロン、中・小規模サロンなどを経て、2002年に独立。独自の理論に基づき、「筋ほぐし」メソッドを構築。手を「自由自在に動く道具」ととらえ、オールハンドのマッサージにこだわり、「予約が取れないエステのゴッドハンド」として話題になる。著書に「みるみる念願の小顔&美脚になれる!筋ほぐしマッサージ」(扶桑社)がある。

関節の可動域を広げ体内の巡りを改善

ふくらはぎがパンパンに張る、むくむ、重だるい……。
そんな症状に悩むかたにお勧めなのが、「筋ほぐし」です。

私は20年以上、エステティシャンとして経験を積み、技術を磨いてきました。
これは、その中で編み出した、独自のメソッドです。

その理論からご説明しましょう。
筋肉は、繊維の束です。

その束ねた両端が、骨にくっついて、つながっています。
骨と骨のつなぎめが関節です。

関節は、いくつもの筋肉がさまざまな方向に伸びる、いわば交差点のような部位です。
本来、筋肉と、骨や関節の間には、適度なすきまがあります。

しかし、長時間同じ姿勢を取り続けたり、運動をしたりすると、筋肉がギュッと収縮し、盛り上がったようになります。
これが戻らなくなると、筋肉と骨や関節がくっつく、つまり癒着が起こるのです。

そして、その状態が長く続くと、関節の可動域が狭くなり、血流が悪くなって、さまざまな不具合が引き起こされます。
これを予防・改善するのが筋ほぐしというわけです。

筋肉と骨のつなぎめをほぐし、すきまを作って、癒着を引きはがすと、筋肉繊維の束が緩んできます。
すると、血液やリンパ液の流れが促進され、体内で不要になった老廃物も流れやすくなります。

関節の可動域が広がり、大きく動けるようになると、さらに巡りがよくなるという好循環が生まれます。

むくみが取れて顔のラインまでスッキリ

私は、お顔のエステで来店されたお客様が、同時にひざ下のマッサージも希望される場合、必ず足のほうから先に、施術を始めます。
筋ほぐしをすることで、ふくらはぎの張りやむくみ、重だるさが取れ、足から血流がアップします。

すると、後から行う、お顔のエステの効果が出やすく、結果もよくなるのです。
一方で、お顔のエステを希望されないかたに対して、足を施術するだけで、お顔に変化が起こることもしばしばです。

顔色が明るくなり、肌のくすみやむくみが取れ、フェイスラインがスッキリする場合が多々あるのです。
足に対する直接的な効果では、先に述べたとおり、一時的なむくみやだるさの改善はもちろん、「はけなかったブーツがはけるようになった」、「しもやけが改善した」という声もあります。

当然、美脚にもつながります。
ふくらはぎの筋ほぐしのやり方は、下の図のとおりです。

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。
ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。

その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。
ひざ裏のリンパ節は、特にしっかりと、丁寧に行ってください。

次に行うのが、要となる「筋ほぐし」。
すねに沿って、骨の際を押すことで、骨と筋肉の癒着をはがします。

その際、オイルやクリームを使うと滑ってしまい、骨の手ごたえがつかみにくくなるため、何も塗らないほうがよいでしょう。
最後に、老廃物をリンパ節に流します。

リンパ管は、体の背中側と腹側で、8対2の割合で存在するので、ふくらはぎ側をさすり上げます。
ここは、オイルなどを塗ると、スムーズに手が滑りやすくなります。

体が温まり血行がよくなる、おふろ上がりに行うのがお勧めです。
毎日でなくても、特に足の疲れを感じるときに行うと、むくみや張り、だるさが取れて、足が軽くなるのがわかるはず。

ぜひお試しください。

ふくらはぎの筋ほぐしのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)