MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【生理前に胸が大きくなる】喜んではダメ! その正体は「むくみ」で解消法はコレ

【生理前に胸が大きくなる】喜んではダメ! その正体は「むくみ」で解消法はコレ

老廃物の回収と排泄の役割を担うのがリンパです。リンパの滞りを解消すれば、毎日排泄される老廃物が増えます。生理前にためこむ老廃物も減るので、生理前の症状が軽くなり、子宮の冷えも解消されるため、生理痛が軽くなります。【解説】駒形依子(こまがた医院院長・産婦人科医)

解説者のプロフィール

駒形依子(こまがた・よりこ)
●こまがた医院
山形県米沢市成島町3-2-127-12
0238-27-0303
https://www.komagatacl.com/

こまがた医院院長。産婦人科医。
東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院、東京女子医科大学産婦人科などを経て、2018年1月、山形県米沢市にこまがた医院を開業。「子宮が大好きすぎる産婦人科医」として、西洋医学・東洋医学の視点から、患者さん自身で行える子宮のケア方法を多く提案している。

生理痛や生理前の不調を一掃できる!

 生理前、あるいは生理中に乳房が張るという人は多いと思います。私も以前はそうで、生理前になると乳房が張って痛いのですが、1カップくらい大きくなるので「おっぱいが大きくなった」と喜んでいました。

 でも、医学部に入って女性の体について学ぶうちに、喜ぶことではないとわかりました。乳房が張って大きくなるのは、リンパ液の流れが悪いためのむくみだったのです。

 上半身には、首と鎖骨、わきの下に集中して大きなリンパ節があります。乳房の下やわきの下のラインは、ブラジャーで締めつけられているので、普段からリンパの流れが滞りやすいところです。生理前になるとさらにリンパの流れが悪くなるので、乳房がむくんでパンパンに張ってしまい、痛みも出るというわけです。

 これを解消するために私が始めたのが、「おっぱいはがし」です。
 やり方は、乳房の土台になっている大胸筋と乳房の境目、特に乳房の下方から外側を大胸筋からはがすようにほぐします。おっぱいはがしを行うと、リンパの流れがよくなり、滞りが取れるので、おっぱいのむくみも痛みも解消します。

 なぜ、生理前になるとリンパ液の流れが悪くなるのでしょうか? それは、女性の体が全身全霊をかけて妊娠のための準備をするからです。

 生理は、受精卵が着床しやすいように、子宮の内膜を毎月作り直す作業です。子宮内膜は、受精卵のためのフカフカの布団のようなものです。このフカフカの布団を準備するため、生理前になると、「プロゲステロン」というホルモンが分泌されます。これが受精卵のために子宮の環境を整えようとして、水分と栄養をため込みます。なるべく栄養をため込もうとする力が、体から老廃物を排出しようとする力を低下させるのです。老廃物の回収と排泄の役割を担うのがリンパです。これがリンパの流れが悪くなる理由なのです。

 栄養のほかにも老廃物までため込んだ結果、頭痛、肩こり、むくみ、食欲増加、悪寒、生理痛、便秘、イライラ、乳房の張りなどのPMS(月経前緊張症候群)が起こります。
 おっぱいはがしを行うと、乳房の張りと痛みの解消だけでなく、PMS全般の改善につながります。

 また、おっぱいはがしをすると、硬くなっていた大胸筋もゆるみ、血流もよくなります。その結果、おっぱいに栄養が運ばれて、ほわほわのやわらかいおっぱいになります。おっぱいがふんわりすると大きく見えるので、見た目もよくなります。

疲れやこり、痛み、冷え症も解消!

 子宮内膜は、受精卵がこなかった場合は不要になるのではがれて排出されます。このときの出血が生理です。その際に、全身にためこんだ余分な老廃物も排便や排尿などで一気に排出されます。

 排出する老廃物が多いということは、それだけ老廃物がたまりやすい、つまり、もともと血流やリンパの流れが悪いということ。体、子宮は冷えやすい状態にあり、冷えた子宮から内膜を排出するために、子宮は何度も強く収縮しなければなりません。収縮力や回数に負担がかかればかかるほど、生理痛はひどくなります。

 しかし、おっぱいはがしでリンパの滞りを解消すれば、毎日排泄される老廃物が増えます。生理前にためこむ老廃物も減るので、生理前の症状が軽くなり、子宮の冷えも解消されるため、生理痛が軽くなります。

 私自身もひどいときは寝込むほど生理痛がひどかったので、時間を見つけてはおっぱいはがしをやっていました。現在は、昔の生理痛が嘘だったように、何もありません。

 おっぱいはがしで上半身のリンパの流れがよくなると、全身の流れがよくなります。これは生理以外の日常の健康維持や不調の改善にもとても有効ということです。

 例えば、仕事で長時間座りっぱなしの人や立ちっぱなしの人は、少しリンパの流れが悪くなりやすいです。少し時間を見つけておっぱいはがしを行うだけで、疲労感やこり、痛みなどが楽になると思います。

 おっぱいはがしを行うと、上半身が熱くなってくると思います。これは血流がよくなっているからです。冷えの改善につながり、免疫力アップにもなるため、乳ガンやほかの病気の予防にもなります。

 毎日おっぱいに触れることで、張りやしこりなどの異常にも気がつきやすくなります。乳ガンの自己チェックとしてもぜひ実践してください。

生理前の不調が消えるおっぱいはがしのやり方

手を熊手のようにして、大胸筋から乳房をはがすようにほぐす。乳房の上部から下部まで、5回ほど繰り返しはがす。終わったら、反対側も同様に行う

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
最新記事
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)