医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


解説者のプロフィール

YUKARI(ゆかり)
●足の指まわし協会
http://ashinoyubimawashi.com/

品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表。
1962年生まれ。2007年、法律事務の仕事をしながら、ピラティスとヨガのインストラクター活動を開始。2010年、独自で考案した「品格ボディエクササイズ」が人気テレビ番組『魔女たちの22時』で注目される。2011年に独立し、指導に専念。個人レッスンを中心に、グループレッスンや「足の指まわし伝道師講座」を定期的に開催している。2017年10月『すごい足指まわし』(永岡書店)を出版。検索は「品格ボディ」「足の指まわし協会」。

筋肉を緩めたら太ももが細くなった!

「足の指まわし伝道師」。現在、私の自己紹介は、こんな不思議な肩書きから始まります。美しく健康な体づくりをお手伝いすることが、私の仕事。そのうえで、最も重要視しているのが、足の指を回すことなのです。

 私はこれまで、2万人ものかたがたの足の指を見てきました。そして、「私たちの美と健康は、足の指が握っている」という結論に達したのです。

 なぜ、足の指なのでしょう。
 私は、20代前半で結婚・出産してから、スポーツとは無縁になりました。気づけば背中や太もも、二の腕に脂肪がたっぷりついていました。

 37歳から運動と食事制限を始めましたが、太ももはがっちりしたまま。二の腕と背中の脂肪も取れません。そんなとき、ヨガやピラティス、解剖学を学んだことで、「体を緩める大切さ」に気づきました。

 それを機に、筋肉を「鍛える」ことから「緩める」ことへ方向転換しました。筋肉を緩めるためのエクササイズを考案・実践したところ、太ももが細くなり、背中や二の腕のぜい肉も取れたのです。

 がんばって運動をすると、使いやすい筋肉を使うので、やせたい部分の筋肉がよけいかたくなって、がっちりします。ですから私は、「がんばります!」という生徒さんには、「キレイになるためには、がんばり過ぎないことが大事ですよ」とお話ししています。

尿もれが治った!不眠が解消した!

 とはいえ、皆さんなかなか力が抜けません。そこで、体を緩める基本動作として、「足の指回し」を最初に行うのです。

 本来、私たちの体は、はだしで立ったとき、かかとに78%の重心がかかり、足裏の重心を移動しながら、歩くようにできています。

 ところが、多くの人はつま先寄りに重心を置いて、かかとをうまく使えていません。加えて、足の指も靴の中で縮こまっているため、足裏でバランスを取れない人が多いのです。

 足裏を使えないと、太ももの前面と外側の筋肉が「がんばって」バランスを取り、がっちりしてきます。太ももの前面と外側を使うクセがつくと、お尻の筋肉が弱って垂れてきます。

 筋肉のバランスがくずれ、姿勢が悪くなると、「使わない」お尻や背中、二の腕に脂肪がつくのです。一般に、「垂れ尻」「背脂」「振り袖」と呼ばれるぜい肉は、加齢のせいだけではなく、姿勢の悪さも一因なのです。

 足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチ(上部が半円形になった構造)を使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。

 足裏のバランスを整えるのに最も効果的なのが、足の親指(母趾)を回すことです。すべての指を回すのが理想ですが、親指だけでも十分な効果が得られます。

 足の親指の関節には、多くの筋肉がつながっています。足の親指を回すことで多くの筋肉が緩み、足裏を使いこなせるようになります。そして、全身のバランスを取り戻すことができるのです。

 足の指回しで体形が変わり、体調が改善した例を、いくつかご紹介しましょう。
 Tさん(38歳女性)は、足の指回しで15㎏もやせ、ウエストと太ももは10㎝も細くなりました。冷え症とむくみも改善し、睡眠の質も上がったそうです。

 Iさん(50歳女性)は、足の指回しで全身の疲労と脂肪がたちまち消失。足の指回しを始めて2年後、体重は7㎏減、ウエストは13㎝も細くなりました。

 Fさん(54歳女性)は、足の指回しを習慣にしたところ、ウエストが13㎝縮小、体重も5㎏減り、腰痛とひざ痛も消えて、尿もれまで治ったとのこと。

 Mさん(33歳女性)は、足の指回しを半年続けたところ、ウエストが8㎝、太ももは6㎝細くなり、四角かったお尻が丸くなりました(下の写真参照)。ご主人は、足の指回しで腰痛が改善したそうです。

 足の指を回すことは、精神の安定にもつながるようです。 
 ストレスを、食べることで発散する人は少なくありません。生徒さんからは、「足の指を回すとイライラが鎮まるので、暴飲暴食を避けられる」という声をよく聞きます。
「不眠が解消した」という人もいるので、筋肉が緩むことで、精神的にもリラックスできるのかもしれません。

 足の指回しのやり方は、下に図解しています。ぜひ、習慣にしてください。

肩や背中、腰回りがスッキリしたMさん

足の指回しのやり方

入浴中やお風呂上がりなど、体が温まっているときに行うと、効果的です。
行程は①から⑥までありますが、時間がないときは、②の親指(母趾)を回すだけでもけっこうです。ぜひ、毎日の習慣にしてください。


・床かイスに座り、楽な姿勢を取る。
・右手で右足の甲をつかみ、右足の小指(第5趾)を、根もとの関節から、左回り、右回りに3~4回ずつ大きく回す。
・同様に、薬指(第4趾)、中指(第3趾)、人差し指(第2趾)の順に回す。


・最後に親指を、左回り、右回りにそれぞれ10~15回ずつ大きく回す。
・時間がないときは親指を回すだけでもOK。
*左足も同様に行う。
*1日何回行ってもよい。

★時間があるときは、③~⑥も行う。


・右手で右足のくるぶしを持つ。
・左手の指と右足の指を組み、くるぶしの内部をほぐすように、右足首を左回り、右回りに5回ずつ回す。


指は組んだまま、右手の親指が右足の土踏まずに当たるように持ちかえ、ぞうきんをしぼるように、足の甲を左右に5回ずつひねる。


右手で右足の甲をつかみ、左手で右足のかかとを持って、かかとを左右に5回揺らす。


右足のかかとの上にあるシワを伸ばすように、左右の手の親指で引っ張りながら、30秒ほどマッサージする。
*左足も同様に行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ダイエット

関連する投稿


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


足の指を大きく回すエクササイズで両ひざの激痛が解消! 歪みがとれて水泳も上達

足の指を大きく回すエクササイズで両ひざの激痛が解消! 歪みがとれて水泳も上達

私は長年、ひざ痛に悩んできました。正座したり、しゃがんだりするたびに、両ひざが激しく痛むのです。足の指を回し、ひざのマッサージをしていたところ、ひざの痛みがだんだん和らいできました。そして、1年ほどで、ひざの痛みを全く感じなくなったのです。【体験談】緒方靖子(仮名・主婦・71歳)


握りこぶしを作って二の腕シェイプ!食事制限なしで痩せる「ダイエット呼吸」

握りこぶしを作って二の腕シェイプ!食事制限なしで痩せる「ダイエット呼吸」

2012年8月からこの呼吸法を行い、ダイエットに成功しました。開始前、体重76Kg、ウエスト99cmでした。それが、約3ヵ月で体重65・5Kg、ウエスト78cmになったのです。10Kg強やせ、ポッコリしていたおなかが21cmも縮まりました。顔も小さくスッキリしました。【解説】宮城悟(国際心相科学協会会長・気功師)


ガチガチの重度肩こりが解消 簡単なのにヒップアップまで叶えた楽エクサはコレ!

ガチガチの重度肩こりが解消 簡単なのにヒップアップまで叶えた楽エクサはコレ!

朝、目覚めたとき、疲れが取れているどころか、首や肩のコリが悪化していることもありました。エクササイズを行うのは、テレビを見ているときや、お風呂に入っているときです。毎日続けるうちに、あんなにひどかった肩こりが気にならなくなり、頭痛も起こらなくなりました。【体験談】岡田美夏(カメラマン・47歳)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)