MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ガチガチの重度肩こりが解消 簡単なのにヒップアップまで叶えた楽エクサはコレ!

ガチガチの重度肩こりが解消 簡単なのにヒップアップまで叶えた楽エクサはコレ!

朝、目覚めたとき、疲れが取れているどころか、首や肩のコリが悪化していることもありました。エクササイズを行うのは、テレビを見ているときや、お風呂に入っているときです。毎日続けるうちに、あんなにひどかった肩こりが気にならなくなり、頭痛も起こらなくなりました。【体験談】岡田美夏(カメラマン・47歳)

1回めのレッスンで肩こりと前傾姿勢が改善

 カメラマンという仕事柄、私はいつも重い機材を背負って移動しています。そのため、長年ひどい肩こりに悩まされていました。

 背中は鉄板が入ったようにかたく、特に肩甲骨の辺りはコチコチで、肩を回すのも一苦労でした。無理に動かすと、「痛たたたっ」と声がもれました。首や肩のコリがひどいときは、頭痛も起こることがあり、困っていたのです。

 就寝中も、体が固まって動かないのでしょう。朝、目覚めたとき、疲れが取れているどころか、首や肩のコリが悪化していることもありました。

 そんな私に友人が、YUKARI先生(足の指回しのやり方参照)の教室を紹介してくれたのです。「体を鍛えるのではなく、緩める方法を教えてくれるわよ」という友人の言葉に、非常に魅力を感じました。

 そこで早速、インターネットでYUKARI先生のブログを見てみました。そこに出ていた先生の写真は、とても若々しく、私より年上にはとても見えません。特に、背中やウエストのラインの美しさに感動しました。

 しかも、「がんばらないエクササイズ」で美しいボディが得られるとのこと。しんどいことが苦手な私は、「これならできるかも」と思い、YUKARI先生のプライベートレッスンを受けることにしました。2016年8月のことです。

 そこでのエクササイズの基本が、「足の指回し」です。足の小指(第5趾)から親指(母趾)まで、1本ずつ大きく回すのです。足の指を回しながら、「この指は体のどこの筋肉につながっている」とか「この指を回すと体のどこが緩む」といったことを、先生は丁寧に教えてくれました。

 驚いたのは、1回めのレッスンで、肩こりがスッキリしたことです。かたまっていた肩甲骨も緩み、肩が楽に回せるようになりました。

 また、自分では気づきませんでしたが、姿勢もだいぶ変わりました。
 先生はレッスンの前後で写真を撮ってくれるのですが、レッスン前の私は、かなり前かがみの姿勢でした。それが、レッスン後の写真を見ると、体がかかとの上にまっすぐ乗っていて、前傾姿勢が直っていたのです。

太ももがスッキリ!背中の脂肪も取れた!

 足の指を回すという簡単なことで、体調も体形もその場で改善するなんて、信じられない思いでした。

 それ以来、私はなるべく毎日、自宅で足の指回しを実行しています。足の指と手の指を組んで、足首を回すエクササイズもプラスしました。

 これらのエクササイズを行うのは、テレビを見ているときや、お風呂に入っているときです。やっているうちに、体のコリがスーッと抜けていく感じがします。足の指回しをすると、熟睡できるので、朝の目覚めもよくなりました。毎日続けるうちに、あんなにひどかった肩こりが気にならなくなり、頭痛も起こらなくなりました。

 さらにうれしいことに、体形も整ってきました。
 私はお尻の形が扁平で、横に広がっていました。骨盤の外側に脂肪がついている感じで、とても気になりました。仕事中はジーンズをはくことが多いので、お尻が目立つのです。

 それが、足の指回しを続けていたら、しだいにお尻が引き締まり、上がってきました。ジーンズをかっこよくはけるようになって、うれしい限りです。

 また、周りの人たちから、「足が細くなったんじゃない?」といわれることが増えました。確かに、太ももの前に張り出していた肉が、スッキリ取れた気がします。洗いたてのジーンズが、前に比べてスッと入るようになりました。

 立ち方も、自然と変わってきたようです。内ももやお尻に、ギュッと力を入れて立つことができるようになりました。足の指でしっかり地面をつかまないと、こういう立ち方はできないでしょう。毎日、足の指を回すことで、足の感覚が研ぎ澄まされた結果だと思います。

 そういえば、気になっていた背中の脂肪も取れたようです。ブラジャーの上にこんもり乗っていた肉が取れたので、Tシャツ1枚のときも背中が気になりません。

 食事制限や特別な運動は、全くしていません。体重に変化はありませんが、姿勢がよくなって、ボディラインにメリハリがつき、体調も改善しました。足の指回しの効果には、驚くばかりです。

「ぐっすり眠れる」と岡田さん

太ももの裏側を使うとお尻がふっくら上がる(品格ボディアドバイザー YUKARI)

 岡田さんは、重い機材を担ぐために前のめりになり、太ももの前の筋肉を使って立つクセがついていました。太ももの前の筋肉ばかり使うと、お尻につながる筋肉が横に引っ張られて扁平なお尻になります。

 足の指回しで、足裏全体を使えるようになって姿勢が改善し、太ももの裏側の筋肉も使えるようになりました。そのため、お尻の筋肉が横に引っ張られなくなって、ふっくらと上がってきたのです。

 また、足首を回すと、連動して股関節も動きます。お尻の奥の小さな筋肉群は、股関節とつながっています。熱心に足首を回したことで、これらの筋肉も鍛えられ、ヒップアップしたのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt