MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足の指を大きく回すエクササイズで両ひざの激痛が解消! 歪みがとれて水泳も上達

足の指を大きく回すエクササイズで両ひざの激痛が解消! 歪みがとれて水泳も上達

私は長年、ひざ痛に悩んできました。正座したり、しゃがんだりするたびに、両ひざが激しく痛むのです。足の指を回し、ひざのマッサージをしていたところ、ひざの痛みがだんだん和らいできました。そして、1年ほどで、ひざの痛みを全く感じなくなったのです。【体験談】緒方靖子(仮名・主婦・71歳)

しゃがむたびにひざが痛み家事を中断

 私は長年、ひざ痛に悩んできました。正座したり、しゃがんだりするたびに、両ひざが激しく痛むのです。
 正座はなるべく避けていましたが、お通夜やお葬式、法事では、そんなことをいっていられません。痛みを我慢して正座をしていると、何かにつかまらなければ自力では立ち上がれませんでした。

 また、掃除や洗濯、庭の草取りなど、家事をするなかでも、しゃがむ場面があります。そのたびにひざが痛み、動きが止まります。

 趣味の写真を撮るときも、悲しい思いをしました。花などをきれいなアングルで撮ろうとして姿勢を低くしたとたん、ひざに激痛が走るのです。ウキウキした気分は、一瞬にして消えてしまいました。

 3年ほど前、YUKARI先生(足の指回しのやり方参照)の健康教室で、「足の指回し」を教わりました。足の指を回すことで、体のゆがみが取れるとのことだったので、「ひざ痛にも効果があるのでは」と思い、やってみることにしました。家事の合間や、ソファーに座ってテレビを見ているときなどに、努めて行うようにしたのです。

 やり方は簡単。足の小指(第5趾)から親指(母趾)まで、1本1本大きく回していきます。次に、足の指と手の指を組み、足首を回したり、足先を左右に動かしたりするだけです。
 私の場合、そのあとにひざのお皿の周りやひざの裏を、気持ちよく感じる程度にマッサージしました。

正座ができる!平泳ぎも速くなった!

 このように足の指を回し、ひざのマッサージをしていたところ、ひざの痛みがだんだん和らいできました。

 そして、1年ほどで、ひざの痛みを全く感じなくなったのです。今では正座も楽々できるようになり、ひざを曲げる場面でも臆することはありません。
 しゃがんでも痛みが出ないので、大好きな花を思いどおりに写真に撮ることができ、うれしい限りです。

 私のもう一つの趣味に、水泳があります。 
 足の指回しの一連のエクササイズで、足首をよく動かしていたおかげか、平泳ぎがすごく上達しました。

 平泳ぎは、足首がよく曲がらないと、うまく泳げません。足首がやわらかくなり、今まで以上に曲げられるようになったおかげで、平泳ぎが速くなったようです。
 水泳が大好きな私にとって、日ごとに進化していく体を感じながら泳げることが、楽しくてしかたありません。

 また、五十肩を患ったころから左腕が上がらなくなり、クロールが思うように泳げなくなりました。そこで、足の指回しとひざのマッサージに加え、鎖骨や腕のつけ根辺りを、心臓に向かってマッサージしたところ、肩がスムーズに動くようになりました。そして、腕が上がるようになり、きれいなフォームでクロールが泳げるようになりました。

 体形も変わりました。以前は、立ち姿を写真に撮ると、両ひざの間が離れているのが気になりました。でも最近は、O脚ぎみだった足が、まっすぐになってきたのです。

 不思議なのですが、体重は減っていないのに、少しスマートにもなったようです。膨らんでいたおなかのぜい肉が取れて、平らになりました。そのうえ、なぜか二の腕も引き締まってきました。足の形からおなか周り、腕まで変わったので、全体的に若返ったようです。

 足の指回しは、私のライフスタイルを支える、大切なエクササイズとなっています。

しゃがんでも痛くない!

足裏を使えるようになり全身の不調が改善した(品格ボディアドバイザー YUKARI)

 緒方さんは、足の中指(第3趾)が人差し指(第2趾)の上に重なり、足裏が不安定でした。バランスを取るために、体の各所に無駄な力が入り、ひざ痛や五十肩が起こり、足が小指側に傾いて、O脚になっていました。

 足の指回しで、足裏全体を使えるようになり、全身の不調が改善。ひざ下から足の指先まで、筋肉や組織も柔軟になった結果、水泳も上達したのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-02-25 18:00:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2018-12-11 18:00:00
足の指回しを始めてからは、ヒアルロン酸注射を1回も打つことなく、4ヵ月後には、すっかり痛みが消えたのです。痛みを気にせず、フラダンスに打ち込めるようになり、こんなにうれしいことはありません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢も、今では全く問題なくできるようになりました。【体験談】藤野智子(仮名・フラダンス講師・60歳)
更新: 2018-10-28 07:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt